平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

平成30年9月23日 システムの複雑化とCloudflare Onion Serviceの導入に伴い、編集用onionURLに関しては順次廃止します。今後は同和地区.comから直接編集を行っていただくことが可能です。

青森県

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

概況

青森県の被差別部落の統計[1]

調査年 地区数 戸数 人口
1869~70年 弘前藩領で9+α。南部藩領で少なくとも1 - 601(非人20)[2]
1907年 1 33 95[3]
1921年 1 37 186[4]
1922年 1 50 224[5]
1922~28年[6] - 全県にて63、うち弘前市40 357、うち弘前市240[7]
1967年 1+α - -[8]
1993年 2(かつて存在したことは明らかだが近年まだ確認されていない地区は9[9] - -[10]

本田豊は『部落史を歩く ルポ東北・北陸の被差別部落』で弘前市の被差別部落を取材しており、文中では「A町」と表記しているものの、「部落の中に、『追掛稲荷大明神』という名前の神社がある」[11]という記述から南大町(旧称・新楮町=しんこうじまち、蔑称「シンコ」「犬殺し」「エッタ」[12])であることがわかる。壬申戸籍によると、戸数49戸のうち41戸までが皮革業に携わっていた[13]。その後戸数は増加し、1982年の資料では100戸以上となっている[14]。また1980年9月22日付『解放新聞』の東北オルグ座談会によると、もともと120戸あったが都市計画で分散し、そのまま住んでいるのは40戸ほど、隣の市営住宅(弘前市南大町2丁目5の市営青葉アパート)に30戸入居したという。南大町の一部は旧称を楮町(こうじまち)と呼び、江戸時代の俗称は乞食町であった[15]。南大町やその近辺には太鼓店が集中している。

  • 渡辺太鼓店 - 弘前市楮町5-19
  • 塩谷太鼓店 - 弘前市南大町2丁目1-3
  • 木村太鼓店 - 弘前市南大町1丁目7-6

弘前にはこれとは別に亀甲町に穢多屋敷があり、1678年に石渡村に移転した[16]。石渡には非人小屋や牢獄もあった[17]。浜の町(別名・御蔵町)や和徳町桝形外にも穢多集落があった[18]

明治2(1869)年弘前藩領「穢多」人数[19][20]

村名 穢多人数 現在地
鰺ヶ沢 22 西津軽郡鰺ヶ沢町
上十川 8 黒石市上十川
鶴田 26 北津軽郡鶴田町
五所川原 5 五所川原市
青森 72 青森市
油川 15 青森市油川
飯詰 6 五所川原市飯詰
金木 11 五所川原市金木町
十三 6 五所川原市十三
小計 171
弘前藩領796村 177

弘前市以外では、八戸市、青森市、鶴田村(現・北津軽郡鶴田町)、五所河原村(現・五所川原市)などに1~2戸の少数部落が点在している[21]。青森の乞食頭半三らは堤川端(現・青森市堤町一丁目周辺)から安定寺(現・青森市新町二丁目)の杉畑に移転している(『青森市沿革史』)[22]。「明治2年郷村高戸数人口租税書」によると、鶴田村に26人、飯詰村(現・五所川原市)に6人、五所河原村に5人、金木村(現・五所川原市)に11人の穢多がおり、金木は江戸時代には穢多居住の北端であったとの説もある[23][24]。黒石では安永天明年間(1772年から1789年)に大板町の西端に乞食と穢多の寄合集落があり、これは文化文政期(1804年から1830年)に元町の西端南側に移転した[25]。ただし五所川原と黒石については、成沢栄寿は実際に探訪した上で「部落の存在を実際に確認できなかった」[26]と述べている。

『鯵ヶ沢町史』第1巻296頁(1984年)には、西津軽郡鰺ヶ沢町富根町浜に穢多村があったと記されている。

本田はまた「私の調査したかぎりでは秋田、青森、岩手の部落には白山神社はみられない。ほとんどが稲荷神社をまつっていた」とも記している[27]。これらの自治体における稲荷神社の所在地は以下の通りである。

  • 藤ヶ森稲荷神社 - 八戸市類家1-7
  • 沖館稲荷神社 - 青森市沖館5丁目5−5
  • 勝田稲荷神社 - 青森市勝田1丁目3−21
  • 稲荷神社 - 青森市合子沢字松森128番
  • 稲荷神社 - 青森市大字三内字丸山37番2
  • 稲荷神社 - 青森市荒川字品川121-1
  • 稲荷神社 - 北津軽郡鶴田町大字強巻字押上8番
  • 稲荷神社 - 北津軽郡鶴田町大字強巻字押上10
  • 稲荷神社 - 北津軽郡鶴田町大字木筒字下掛橋56番
  • 大巻稲荷神社 - 北津軽郡鶴田町大字大巻字川瀬58番
  • 稲荷神社 - 五所川原市大字中泉字松枝88番
  • 稲荷神社 - 五所川原市大字飯詰字狐野169番12号
  • 稲荷神社 - 五所川原市大字米田字八橋183番
  • 稲荷神社 - 五所川原市金木町嘉瀬字上端山崎

津軽地方のある市の被差別部落には津軽弁と異なる独特の方言があり、農村を「ニロク」、顔を「メンテ」、おならを「トンビ」、嘘をつくことを「てんこ」などという[28]。関西弁の「メンチ切る」(睨みつける)、「テンゴ」(悪ふざけ)などとの関連が考えられる。

「文久改正八戸御城下略図」に描かれた類家堤。堤の東に「穢多」、北に「獄舎」と書かれている。穢多の居住地は現在の八戸市柏崎2-10付近か。
明治27(1894)年5月23日印刷「八戸実地明細絵図」の一部。堤の西岸に本覚寺(八戸市十一日町57-1)や願栄寺(八戸市十一日町58-1)が書かれていることから、堤の範囲は八戸市柏崎の外にも及んでいたことがわかる。

八戸市類家堤(通称は勘太郎堤。旧・八戸市立柏崎小学校校庭を含む一帯。現・八戸市柏崎2-13-1周辺)における「カンタロウ部落」の存在を、はちのへ今昔 小中野特集1 小中野小学校百年史から 続が伝えている。勘太郎とは地元の方言で穢多の意味である[29]。1871年、廃藩置県直前の「八戸藩進達留」に、藩内の穢多8戸、人口54とある(『八戸市史』)[30]。八戸市類家には1990年代まで自由同和会が存在したともいわれる。

出典

  1. 『東日本の被差別部落』(明石書店)17頁
  2. 呉文聡「人員表」(『統計集誌』第8号所収、1882年刊。1870年調査)
  3. 留岡幸助「特種部落と其人口」(『人道』69号所収、1911年刊。1907年調査)
  4. 内務省社会局「全国部落統計表」(内務省社会局『部落改善の概況』所収、1922年刊。1921年調査)
  5. 帝国地方行政学会『地方行政年鑑』1922年(『近代部落史資料集成』第10巻6-7頁)
  6. 協調会への報告書
  7. 『部落問題・水平運動資料集成』第2巻392頁
  8. 野本武一
  9. 9地区の内訳は「郷村高戸数人口租税書」に記載された鰺ヶ沢、上十川、鶴田、五所川原、青森、油川、飯詰、金木、十三の各地区と思われる。
  10. 『東日本の被差別部落』17頁
  11. 本田豊『部落史を歩く ルポ東北・北陸の被差別部落』14頁
  12. 水木幸夫「ルポ津軽の被差別部落」(『東京部落解放研究』1985年第46号)
  13. 本田豊『部落史を歩く ルポ東北・北陸の被差別部落』17頁
  14. 本田豊『部落史を歩く ルポ東北・北陸の被差別部落』10頁
  15. 『部落の歴史 東日本篇』232頁
  16. 『部落の歴史 東日本篇』233頁
  17. 『部落の歴史 東日本篇』233頁
  18. 『部落の歴史 東日本篇』234頁
  19. 『東日本の部落史II 東北・甲信越編』214頁
  20. 出典:「郷村高戸数人口租税書」(弘前市立弘前図書館蔵)。ただし、数値不一致。
  21. 本田豊『部落史を歩く ルポ東北・北陸の被差別部落』16頁
  22. 『原田伴彦論集』第4巻202頁
  23. 『部落の歴史 東日本篇』196-197頁
  24. ただし『函館市史』通説編第2巻第4編「牛供給の許可」65-67頁には「安政三年の春より穢多ども此辺に住居する事とはなりぬ。是まで箱館に穢多といふものなし」と記されており、そのことは「箱館全図 万延元年」(1860年)でも確認できる。すなわち、江戸時代における穢多居住の北端は箱館と考えられる。
  25. 『部落の歴史 東日本篇』234頁
  26. 成沢栄寿『日本歴史と部落問題』511頁
  27. 本田豊『白山神社と被差別部落』81頁
  28. 本田豊『部落史を歩く ルポ東北・北陸の被差別部落』9頁
  29. 佐藤政五郎『南部のことば』131頁。
  30. 『原田伴彦論集』第4巻203頁