平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

長崎県

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

概況

長崎県の被差別部落の統計

調査年 地区数 戸数 人口
1907年 248 695 3990[1]
1921年 29 505 2519[2]
1935年 62 648 3189[3]
1942年 - - -[4]
1946年 - - 1065[5]
1958年 - - -[6]
1963年 7 357 地区全体1202、同和関係349[7]
1967年 - 地区全体-、同和関係- 地区全体-、同和関係-[8]
1971年 - 地区全体-、同和関係- 地区全体-、同和関係-[9]
1975年 1 地区全体409、同和関係43 地区全体1147、同和関係121[10]
1985年 3 地区全体793、同和関係116 地区全体2365、同和関係360[11]
1993年 3 地区全体885、同和関係112 地区全体2293、同和関係292[12]

長崎県で最大の被差別部落は長崎市浦上町(浦上山里の馬込郷。現・長崎市緑町、銭座町、上銭座町、目覚町)であり、明治初年には被差別部落の戸数が70戸にのぼった[13]。この浦上部落はカックイ原(株杭原。現・長崎市浜平町)とともに非人系であり[14]、1945年8月9日の原爆投下で一度は消滅したものの、戦後に復元し、1981年の報告では被差別部落の戸数が60戸と数えられている[15]

地区指定されていたものは、長崎市1地区、佐世保市2地区だった[16]。1981年当時の県下の同和地区数は約60だったが、その4分の3までは5戸以下、中には1~2戸の地区もあった[17]。県下で一番大きいのは長崎市の160戸であった[18]。長崎市には皮田町(現・長崎市鍛冶屋町5−87の大音寺、長崎市寺町1−1の皓台寺の境内[19])や毛皮屋町(現・新橋町[20])との地名もあり、当地の被差別部落の基盤となった[21](現在はそれぞれ幸町や諏訪町と呼ばれている)。

長崎市以外では島原市と佐世保市に被差別部落があり、前者には白山町に穢多池という字があるにもかかわらず同和地区指定を受けていない[22]。壱岐郡(現・壱岐市)にも被差別部落がある[23][24]。その他、上原善広『日本の路地を旅する』には対馬の未指定地区の探訪記が収められている。県内の約60ヶ所の被差別部落は、すべてキリシタン弾圧の手先として配置されたと見られている[25]。1867年には、キリシタンとそれを弾圧する被差別部落民の間に乱闘事件が発生している[26][27]。県内で被差別部落が存在しない唯一の地域は五島列島である[28]

長崎海軍伝習所の練習艦だった咸臨丸の乗組員について50人中30人を部落出身とする[29]

昭和以降も浦上の被差別部落の子らは旧キリシタンの子供たちを「ヤソ九郎十文字」と差別し、いじめていたと解同県連長崎支部長の梅本光男や副支部長の長門隆明が認めている[30]。キリシタン迫害の手先の巣窟がキリスト教国の原子爆弾によって壊滅に追い込まれたのは歴史の皮肉といえる。

なお爆弾三勇士には被差別部落出身説があるが[31][32]、作江伊之助は長崎県北松浦郡平戸町大字平戸田助浦の出身、北川丞は長崎県北松浦郡佐々村市瀬江里免の出身、江下武二は佐賀県神埼郡蓮池村字古賀の出身である。この中で『全国部落調査』に記載のある自治体は佐々村と平戸町だけであるが、後者に関しては田助浦の地名が見えない。また佐々村については部落名の記載がないため、北川丞が本当に被差別部落出身だったか否かは調査を要する。爆弾三勇士の一人が部落出身という噂について、北原泰作も「真偽をたしかめたいと思いながら遂にそれを果たしえなかった」[33]と述べている。

長崎市生まれの衆院議員の中野寛成(民主党)は母方が部落民であると自称しているが、母の出身地区は不明である。

文献

全國部落調査(1930年)

長崎縣 昭和五年四月現在

47頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
長崎市 浦上町 二二六 九八六 日傭 農商 長崎市 緑町、銭座町、上銭座町、目覚町 もとは皮屋町(北平。革屋町とも)にあったが、1648年に西坂へ移転[34]。西坂には処刑場があり、場所は現在の長崎市御船蔵町1-11の天理教肥長大教会を含めた背後の傾斜地。1698年、馬込へ移転[35]。1718年、キリシタン弾圧の任務を担って現在地へ移転[36]。1945年8月9日の原爆投下で全戸にあたる229戸が焼失しており、住民の890人中430人が爆死した。1964年に浦上町が緑町、銭座町、目覚町に改称。緑町の部落人口は1978年の資料で30世帯足らずと報告されている[37]。被爆体験を語る者と座談会に登場する者に以下の姓の者がいた[38]。岩戸、梅本、末松、高岡、津田、中戸、長門(3人)、中村(3人)、博多屋(はかたや。北松浦郡小値賀町が最多の稀姓)、橋本。同地に井上姓の者がいた[39]。同地出身で大阪府で暮らす岩本姓の者がいた[40]。同地には他に以下の姓の者がいた[41]。川路、小島、平山、松本。同地に宮崎姓の者がいた[42]。部落解放同盟の長崎支部に以下の姓の者がいた[43]。小林、原。部落解放同盟の長崎支部に阿南姓の者がいた[44]
佐卋保市 三五 一四八 佐世保市 矢岳町(下矢岳)
西彼杵郡 髙浜村 三九 農業 長崎市 高浜町
〃 矢上村 島丘 二〇 一二五 長崎市 田中町の一部 明治43年帝国陸軍測量の1/50000地形図では現在の市営宿町第3団地付近に「島岳」の表記がある。
〃 長与村 一五 西彼杵郡 長与町 旧・長与村は現・長与町と範囲が同じ。
〃 時津村 西彼杵郡 時津町 旧・時津村は現・時津町より範囲が狭い。
〃 村松村 長崎市 琴海村松町
〃 亀岳村 二三 西海市 西海市西彼町下岳郷に西海市立亀岳小学校、西海市西彼町喰場郷に亀岳郵便局がある。
〃 瀬川村 一〇 西海市 西海市西海町丹納郷に西海市立西海東小学校(旧称・西海町立瀬川小学校)がある。
〃 面髙村 西海市 西海町面高郷

48頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
西彼杵郡 七釜村 一九 農業 西海市 西海町七釜郷
〃 多以良村 一〇 西海市 多以良 西海市大瀬戸町多以良には内郷と外郷がある。どちらに被差別部落があるのかは要調査。
〃 瀬戸村 一〇 西海市 瀬戸 西海市大瀬戸町瀬戸には板浦郷、樫浦郷、下山郷、西濱郷、羽出川郷、東濱郷、福島郷がある。被差別部落の位置は要調査。
〃 松島村 西海市 松島 西海市大瀬戸町松島には内郷と外郷がある。被差別部落の位置は要調査。
〃 雪ノ浦村 六九 西海市 雪浦 西海市大瀬戸町雪浦には上郷、下郷、下釜郷、奥浦郷、河通郷、小松郷、幸物郷がある。被差別部落の位置は要調査。
〃 神浦村 一二 長崎市 長崎市の旧・外海町区域(池島町、神浦口福町、神浦上道徳町、神浦下道徳町、神浦江川町、神浦丸尾町、神浦北大中尾町、神浦上大中尾町、神浦下大中尾町、神浦扇山町、神浦夏井町、神浦向町、上大野町、下大野町、赤首町、西出津町、東出津町、新牧野町、上黒崎町、下黒崎町、永田町)にあたる。被差別部落の位置は要調査。
東彼杵郡 三浦村 一四 大村市 日泊町
〃 鈴田村 大村市 大里町
〃 大村 一〇 大村市 旧・東彼杵郡大村(大村町とは別の自治体)は現・大村市の玖島郷・久原郷・木場郷・徳泉川内郷・武部郷にあたる。被差別部落の位置は要調査。
〃 大村町 二八 大村市 旧・東彼杵郡大村町(大村とは別の自治体)は現・大村市の本町や八幡町などにあたる。被差別部落の位置は要調査。
〃 西大村 一一 三五 大村市 旧・東彼杵郡西大村は現・大村市の諏訪郷・池田郷・乾馬場郷・並松郷・杭出津郷・松山郷・森園郷・箕島郷。被差別部落の位置は要調査。森園郷(森園町)に隣接する協和町には処刑場跡「放虎原殉教地」があり、1624年、1630年、1658年に宣教師らと多数のキリシタンが斬首された。当地の部落民が処刑に関わっていた可能性は極めて高い。
〃 松原村 二七 大村市 松原
〃 彼杵村 一五 東彼杵郡 東彼杵町 旧・彼杵村は現・東彼杵町より範囲が狭い。
〃 川棚村 二一 東彼杵郡 川棚町 旧・川棚村は現・川棚町と範囲が同じ。
〃 下波佐見村 東彼杵郡 波佐見町 旧・下波佐見村は現・波佐見町より範囲が狭い。
〃 上波佐見村 東彼杵郡 波佐見町 旧・上波佐見村は現・波佐見町より範囲が狭い。
〃 早岐村 二二 一二四 佐世保市 早岐

49頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
北髙來郡 小野村 一七 農業 諫早市 小野町
〃 森山村 諫早市 森山町
〃 有㐂村 諫早市 有喜町 有喜町1に精肉店「村川ミート」あり。有喜町30に竹野精肉店あり。
〃 眞津山村 一六 諫早市 貝津町
〃 深海村 諫早市 諫早市高来町冨地戸449-1に深海郵便局あり。高来町冨地戸450-5に高藤精肉店あり。
南來郡 島原町 二三 一一八 島原市 南來郡は南髙來郡の誤記。部落名が空欄になっているが『近世九州被差別部落の成立と展開』所収の姫野順一「島原藩における被差別部落の歴史について」に先蒐(さきがけ)牢への言及があり、現在の島原市先魁町にあたる可能性がある。また島原市新山2丁目には今村刑場跡もあり、当地の部落民が隠れキリシタンの拷問や処刑に関係していた可能性は極めて高い。
〃 杉谷村 一二 七四 島原市 宇土町 同上。
〃 三會村 二〇 島原市 三会町 同上。
〃 多比良村 浜田 三五 一八八 雲仙市 国見町多比良甲 同上。明治43年帝国陸軍測量の1/50000地形図で浜田という地名の表記が見える地域には、現在、島原半島地域食肉センターや小田精肉店や墓地がある。浜田姓3件。2000年電話帳。
〃 千々石町 二五 雲仙市 千々石町 同上。
〃 小浜町 雲仙市 小浜町 同上。雲仙市小浜町雲仙の地獄谷は、隠れキリシタンに対し棄教を迫った残虐な拷問の刑場だった。戸数が1戸なのは、刑吏の家系だったためと推測できる。
〃 北串山村 二六 雲仙市 同上。雲仙市小浜町飛子3512に北串山郵便局がある。
〃 加津佐町 一〇 五七 南島原市 加津佐町 同上。
〃 南有馬町 三四 南島原市 南有馬町 同上。
〃 西有家町 二四 一二四 南島原市 西有家町須川(向浜) 同上。
〃 堂崎村 二三 南島原市 同上。南島原市有家町大苑20-4に堂崎郵便局がある。
〃 布津村 一〇 五一 南島原市 布津町甲野田(鶴丸) 同上。

50頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
南來郡 深江村 一五 農業 南島原市 深江町 同上。
〃 安中村 二五 島原市 同上。島原市船泊町3293−1に島原安中郵便局がある。向いの船泊町丁3419-4に「みずた精肉店」がある。
北松浦郡 平戸町 一九 平戸市 岩の上町 通称、皿川(さるかわ)[45]。猿川とも表記。本来の地名は植松[46]。国道の海側の急坂を下りたところ、皿川海岸に通じる道の下に3戸だけ被差別部落があることを『解放新聞』が暴露している[47]。住民の姓は井上、末松、山下であることも丁寧に暴露している[48]。『解放新聞』の記述からすると岩の上町517番地の3軒である可能性が高い。井上姓16件、末松姓なし、山下姓2件。2000年電話帳。地区外も含んだ数値。
〃 生月村 一三 平戸市 生月町 平戸市生月町山田免に十字架がたつ墓地「クルスの辻」があり、ガスパル西が1609(慶長14)年にここで処刑された。
〃 平村 佐世保市 宇久町平
〃 星鹿村 松浦市 星鹿町
〃 御厨村 一一 松浦市 御厨町
〃 志佐町 一三 四五 松浦市 志佐町 志佐町浦免1329に野元はきもの店、志佐町里免335に木寺履物店、志佐町里免327-1に「肉の山頭」松浦店あり。
〃 江迎村 佐世保市 江迎町
〃 佐々村 一三 七二 北松浦郡 佐々町 旧・佐々村は現・佐々町と範囲が同じ。爆弾三勇士の一人である北川丞(すすむ)は佐々村市瀬江里免の出身[49]。被差別部落出身説もあるが『全国部落調査』には佐々村の部落名が載っておらず、本当に北川が被差別部落出身だったか否かは不明。
〃 吉井村 二八 佐世保市 吉井町
〃 卋知原村 佐世保市 世知原町 『解放新聞』1977年11月7日付「長崎県にて 4」に写真入りで登場する老婦人「井上ふじえ」の出身地区。ふじえは1920年に15歳で平戸市岩の上町(通称は皿川=さるかわ)に嫁いだという。
〃 相浦町 一二 九七 佐世保市 相浦町
〃 大野村 泉福寺 一六 一〇九 佐世保市 瀬戸越2丁目 明治43年帝国陸軍測量の1/50000地形図では現在の市営泉福寺住宅近辺に泉福寺の地名が見える。『部落解放』(1988年、第271~276号、32頁)に「佐世保の一地区は同和会が組織している」ともある(自由同和会長崎県本部が瀬戸越3丁目にある)。
〃 皆瀬村 佐世保市 皆瀬町
壱岐郡 武生水町 壱岐市 壱岐市郷ノ浦町本村触445に武生水地区公民館があり、壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦495に武生水保育所がある。郷ノ浦町郷ノ浦119-4に豊増精肉店がある。郷ノ浦町本村触490-9の壱岐市郷ノ浦図書館の裏手に隠れキリシタンを収監するための牢屋があり、処刑場もあった。
対馬郡 久田村 久田 二二 一二二 対馬市 厳原町久田 1789年、肥前国基肄郡田代領(後の佐賀県三養基郡田代町、現在の佐賀県鳥栖市)の部落から移住した革職人に始まる地区[50][51]。この地区の部落姓はもともと5種類だったが今は4種類である[52]。久田原(厳原町久田)には藩の処刑場の一つもあった。同地の部落民は「私の先祖は昔、刑場の仕事をしていました。村から山に入った所が刑場で、断首場(だんずえば)と呼んでいた。首は役人が刎ねるので、その後始末をしていたと聞いています」[53]と発言している。この「だんずえば」は断罪場とも表記し、現在の厳原町田渕と考えられる。

51頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
対馬郡 鶏知村 一六 農業 対馬市 美津島町鶏知 鶏知乙596に精肉店「ミートたがわ」あり。至近距離に「つしま葬儀社美津島斎場」あり。また山田はきもの店が鶏知甲1277−6にある。獣肉卸の「対馬またぎ」が鶏知乙489にある。至近距離の鷄知乙478−5には火葬業の中尾葬祭がある。いずれも川べりに位置している。
計六二 六二 六四八 三一八九

※『解放新聞』1977年11月7日付「長崎県にて 3」には十数戸の未組織部落「鼻高部落」が写真入りで紹介されている。長崎県佐世保市花高の可能性あり。また対馬の非人について「貞享5年(1688)7月、府中中心部の乞食居住は不可として、周辺部の後山に居住地が選定され、13軒が移転したが、移転費用も藩庫から支払われていることから、ある程度の集住があったものと思われる。しかし居住地は後山のみに限定されたわけではないらしい」[54]との記述がある。後山は現在の対馬市厳原町東里にある。

施設等

関連団体

  • 部落解放同盟長崎県連合会 - 長崎県長崎市銭座町154-24
「5つ支部がないと県連ができないという中央本部の規定がありますので、佐世保、島原、平戸に1つずつ、長崎に2つ支部をつくり、長崎支部結成から10年経って県連ができました」(部落解放同盟長崎県連合会書記長・宮崎懐良)
  • 自由同和会長崎県本部 - 長崎県佐世保市瀬戸越3-15-14
  • 自由同和会長崎県本部 - 長崎県佐世保市柚木元町1204
  • 全日本同和会長崎県連合会 - 長崎県佐世保市川下町277-2
  • 全日本同和会長崎県連合会 - 長崎県長崎市平間町863-3
  • 全日本同和会長崎支部 - 長崎県長崎市江戸町1-16

教育集会所

  • 佐世保市教育集会所 - 佐世保市瀬戸越3丁目17-2

人権啓発センター

  • 長崎県庁県民生活部人権・同和対策課 人権教育啓発センター - 長崎市大黒町3-1 交通産業ビル4階

関連文献

  • 『論集長崎の部落史』(長崎県部落史研究所)

出典

  1. 留岡幸助「特種部落と其人口」(『人道』69号所収、1911年刊。1907年調査)
  2. 内務省社会局「全国部落統計表」(内務省社会局『部落改善の概況』所収、1922年刊。1921年調査)
  3. 中央融和事業協会『全国部落調査』(1936年刊。1935年調査)
  4. 同和奉公会『産業調査報告」(1943年刊。1942年調査)
  5. 厚生省よりGHQ民間情報教育局に提出された報告(『資料・占領期の部落問題』所収、1991年刊)
  6. 厚生省社会局「同和対策要望事項調査」(厚生省『同和行政の手引き』所収、1961年刊行。1958年調査)
  7. 内閣総理大臣官房審議室『全国同和地区実態調査結果』(1968年刊。1963年調査および1967年調査)
  8. 内閣総理大臣官房審議室『全国同和地区実態調査結果』(1968年刊。1963年調査および1967年調査)
  9. 内閣総理大臣官房審議室『全国同和地区調査結果の概要』(1972年刊。1971年調査)
  10. 総理府内閣総理大臣官房同和対策室『全国同和地区調査結果の概要』(1976年刊。1975年調査)
  11. 総務庁地域改善対策室『昭和60年度地域啓発等実態把握―生活実態把握報告書―』(1987年刊。1985年調査)
  12. 総務庁地域改善対策室『平成5年度同和地区実態把握等調査―地区概況調査報告書―(統計表編)』 (1995年刊。1993年調査)
  13. 森顕登「原爆は人に何をもたらしたのか」
  14. 磯本恒信『長崎の風土と被差別部落史祖考』23頁
  15. 山名伸作「長崎県と宮崎県の同和地区現地研修記」
  16. 『部落問題・人権事典』(部落解放・人権研究所編、部落解放・人権研究所、2001)
  17. 山名伸作「長崎県と宮崎県の同和地区現地研修記」
  18. 山名伸作「長崎県と宮崎県の同和地区現地研修記」
  19. 磯本恒信『長崎の風土と被差別部落史祖考』12頁
  20. 磯本恒信『長崎の風土と被差別部落史祖考』12頁
  21. 増田史郎亮「長崎における被差別部落強制移住の諸情況 ―部落教育史基礎論のために― その一」
  22. 山名伸作「長崎県と宮崎県の同和地区現地研修記」
  23. 増田史郎亮「壱岐郡における被差別部落問題について」(『ながさき部落解放研究』第6号、1983年3月号)
  24. 増田史郎亮「壱岐郡における被差別部落問題について(補遺)」(『ながさき部落解放研究』第9号、1984年10月号)
  25. 解放新聞社編『被差別部落 II都市』240頁
  26. 『浦上切支丹史』
  27. 解放新聞社編『被差別部落 II都市』240-241頁
  28. 解放新聞社編『被差別部落 II都市』237頁
  29. 『江戸の部落 部落史研究の課題と方法』(本田豊、三一書房、1994)
  30. 解放新聞社編『被差別部落 II都市』250頁
  31. 「私が知っている範囲で、部落の人間で勲章を貰ったのは爆弾三勇士に一人いる」。『ナガサキの被爆者 部落・朝鮮・中国』(西村豊行、社会新報、1970)より。
  32. 「『ところが三勇士の中の二名の方は部落出身です』」。佐賀県の者の発言。『差別に学ぶ(第1集)』(佐賀県同和教育研究会、1975)より。
  33. 『賎民の後裔-わが屈辱と抵抗の半生-』241頁
  34. 解放新聞社編『被差別部落 II都市』238-239頁
  35. 解放新聞社編『被差別部落 II都市』238-239頁
  36. 解放新聞社編『被差別部落 II都市』238-239頁
  37. 解放新聞社編『被差別部落 II都市』244頁
  38. 『ふるさとは一瞬に消えた 長崎・浦上町の被爆といま』(長崎県部落史研究所編、解放出版社、1995)
  39. 『ナガサキの被爆者 部落・朝鮮・中国』(西村豊行、社会新報、1970)
  40. 『君よ太陽に語れ』(西日本新聞社人権取材班編、西日本新聞社、1982)
  41. 解放新聞社編『被差別部落 II都市』
  42. 『解放新聞 1996年8月19日号』(解放新聞社)
  43. 『解放新聞 1982年2月1日』(解放新聞社)
  44. 『解放新聞 1989年4月10日』(解放新聞社)
  45. 解放新聞社編『被差別部落 II都市』257頁
  46. 解放新聞社編『被差別部落 II都市』260頁
  47. 解放新聞社編『被差別部落 II都市』257頁
  48. 解放新聞社編『被差別部落 II都市』257頁
  49. 畠山清行『東京兵団』第2巻27頁
  50. 寛政元年(1789)七月廿五日条/宗家文庫表書札方『毎日記』
  51. 上原善広『日本の路地を旅する』文庫版239頁。
  52. 「路地には姓が四つしかないので、村名と姓をいえば、路地の者と知れる」。「数年前に県職員宿舎が建てられたときも、最近までみんな嫌がって入らず、なかなか満室にならなかった」という記述からでは対馬市厳原町日吉であり、その南の厳原町天道茂に関する記述か。あるいは、複数の県職員住宅がある厳原町宮谷とも考えられる。1789年(寛成元年)に佐賀から来た者が起源で、かつて5姓あったうちの1姓は離島したとする。上原善広『日本の路地を旅する』文庫版240頁。
  53. 上原善広『日本の路地を旅する』文庫版236頁。
  54. 『佐賀部落解放研究所紀要』第29号84頁、中村久子「対馬の被差別民」