平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

平成30年9月23日 システムの複雑化とCloudflare Onion Serviceの導入に伴い、編集用onionURLに関しては順次廃止します。今後は同和地区.comから直接編集を行っていただくことが可能です。

谷口真由美

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

サンデー・モーニングの論客として知られるが、部落解放・人権研究所の理事でもある。部落解放同盟が部落地名総鑑を出版しネットに公開していた事実を告発する同和地区Wikiや鳥取ループをむしろ差別者として誹謗中傷するシンポジウムを荻上チキ川口泰司と共催した。[1]

広河隆一の性暴力に対する告発

谷口真由美は以下のように証言している。

https://twitter.com/N74580626/status/1078123819938639872

谷口真由美氏「広河氏をかばう人たちがいてた。『あなたが悪い』『このことは黙っていて』ていうふうに声を封じられてしまった」

このように谷口はリベラリストの自浄能力の無さを告発している。しかし、部落解放同盟が部落の場所を一覧にして書籍やネット上に掲載していた件は、やはり谷口は部落解放同盟を擁護し、その矛盾を指摘する同和地区Wikiや鳥取ループをむしろ差別者と批判している。リベラリストの自浄能力の無さは谷口自身が証明したようなものである。[2]

注釈

  1. 研究集会:人権侵害防ぐ ネット上の部落差別許さぬ 教育衰退、デマうのみに 港区 /大阪 - 毎日新聞
  2. 以下のような指摘もある。 https://twitter.com/poolapoolan/status/1078080031404974080

    スポンジ丸くんさんのツイート: "Days Japan元編集長広河隆一氏の件、そもそも、被害者女性たちはリベラルメディアの中にいる人たちなのに、本人たちが声を出すまで表沙汰にならなかったこと自体不健全ですよね。 事態が明るみになってから、リベラル系の人たちが、彼女たちと連帯します!とかツイートしてるけど、遅すぎっしょ。"