平成29年4月18日 匿名編集の制限を解除しました。様子を見て再度制限するか検討させていただきます。

平成29年4月12日 東京法務局人権擁護部第二課(三戸誠)からの削除要請に条件付きで応じる方針としました(詳細)。

要調査文献

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

このページにはGoogle booksやCinii等インターネットの検索の結果、「特号文献」「1号文献」「2号文献」「3号文献」に該当する可能性のある書籍を追加していきます。追加された書籍は可能な限り、図書館等で調査します。


『部落解放・人権年鑑』(部落解放人権研究所、2001)


『鳥取県中南米移住史』(鳥取県中南米移住史編集委員会、鳥取県、2008)


『現代の部落解放運動 日共・津田羽曳野市長糾弾の闘い』(部落解放同盟大阪府連合会、1974) 308頁

人口ニ一、〇一六人であり、解同浪速支部は右世帯の約おぉを組織し、あげて部落完全解放^ (同一丁目乃至三丁目、戎本町一丁目及び二丁目の各一部)からなり、その世帯数は四、三八一丁目乃至四丁目、木津川元町、木津川三丁目、芦原二丁目

『部落史研究ハンドブック』(小林茂、雄山閣、1989) 281頁

奈良(奈良市大安寺町一—二ー一 I 一奈良県解放センター内)和歌山(和歌山市中島二三七和歌山県同和企業センタ I 内)大阪( ... 館 2 卩〕五一神宮コ—ボ内)鹿児島(鹿児島市照国町一七—一八田島市神水一 I 八—八青木第二ビル 8 ド)宮崎(宮崎市神宮一—二四)佐賀(唐津市 ... I 一一松本治一郎 I 九四六年一一月一九日部落解放全国委員会創立、一九五五年改称 1 部落解放同盟(解放同盟、解同)二戦後運動諸団体.

『官報』

福岡県同和食肉事業協同組合 福岡市中央区天神 1 丁目 2 番 10 号
部落解放同盟福岡県連合会内協同組合筑菱会春日市大字下白水字妙見 1194 番地の 10 棚町ビル内

『戦後部落解放論争史』(第4巻、師岡佑行、柘植書房) 23頁

情勢の評価をめぐって中ソ論争がはっきりと投影しているが、解放同盟中央本部をにぎる共産党員たちは中国共産党、朝田らはソビエト共産党の主張に依拠していることを十分にうかがうことができる。もちろん、京都市協の批判はこの問題だけにはとどまら

『全国組織女性団体名簿』(市川房枝記念会)


『日本社会と部落問題』(部落問題研究所、1965)127頁

京都府宇治市開町三一ノー一
京都府綴喜郡八幡町森
亀岡市教育委員会指導課
京都府船井郡和知町
京都府宇治市宇治
京都府舞鶴市字浜六八番地
京都府加佐郡大江町字南有路
京都府相楽郡木律町小寺
兵車県龍野市誉田町香

『部落史の研究 近代篇』(部落問題研究所、1984)

269頁

奈良県宇智郡五条町大島の有力な部落寺院、本願寺派明西寺住職広岡智教が「幾人かの志を ... 

392頁

部落改善団体一乾団体名所在地結成年月日備前掲『広島県部落状況』大正2年版ならびに大正9年版による。 ... 深安郡中条村佐伯郡八幡村同同上上高田郡郷野村安芸郡船越村沼隈郡(村単位)広島市福島町双三郡吉舎町同上佐伯郡観音村佐伯郡廿 ...

407頁

優良選奨団体一覧地方改良事業の推進は、「模範町村」「模範部落」あるいは「模範吏員」の選奨. ...
7 年 10 月 14 日, 9 年 2 月 11 日 50 長屋革心会高田郡郷野村
広島県助成 50 〃奨善会支部 1 佐伯郡砂谷村 50 〃青年倶楽部芦品郡服部村内務大臣 ...

『人権と部落問題』(第61巻、部落問題研究所、2009) 59頁

また「支部書記次長は、支部から人件費をもらつているのに生活保護を受けている」と生活保護費の不正受給を明らかにしています。さらに区の同和生業資金の貸し付けにあたつて、組織ぐるみの不正受給三重取り)も暴露されています。これは同資金の貸し付け

81頁

解同と大阪府は、実態招握をなぜ必要とするのか 1、厚生労働告が二○ ○三《平成一五)年に全国で行つた「隣保館調査」二○ ○七年六月一八日付『解放新聞』大阪版に紹介されている「隣保館調査」は、谷川雅彦部落解放同盛大阪府連合会書記次長

『名古屋大学教育学部紀要』(第10巻、名古屋大学教育学部、1963) 165頁

高知市宫 180 786 鴨田 164 907 長浜 654 3171 計 2257 10002 野根町東町 373 1353 佐喜浜町都呂 160 210 992 室戸-岬町菜生 240 1170 室戸町東大谷 176 767 西大谷 163 704 行当 163 755 計 501 2226 古良川町西灘 303 303 1291 羽根村上

『神戸の未解放部落』(兵庫県部落解放運動史研究会、1973) 62頁

武庫郡六甲衬都賀內務大臣ョリ獎勵金下付セラレタル者(大正十年四月)人|0八會善二 8:0 戶三原郡賀集村;!井人川邊都立花戶戶村高松姬路市城東町人戶四〇央菜都神戶衬島田入印南郡上庄衬圃& 0 氷上郡柏原町室谷加古郡天滅村中衬被束町 ...

『行政事件裁判例集』(第32巻、第7~12号、1982) 127頁

福教組行橘京都支部長、行橘京都地区労議長、部落解放同盟京都行橘地区協議会に対し、一方的に処分内申をしない ... 教組側は、同年一二月八日かまた昭和四四年の一一^一三ストライキでは嘉穂郡下各町教委は福教組嘉穂山田支部と処分内申を組合に無断 ...

『大阪市立大学の125年』(大阪市立大学、2007)

このため、12 月、本学は部落解放同盟大阪府連合会の糾弾を受けた。この 2 つの事件を受けて、商学部においては教養科目「部落問題論」、専門科目「部落産業論」を開講することとし、全学としては 1970 (昭和 45 )年 10 月に同和問題担当教員を専任化して ...

『日本学報』(第23号) 67頁

同和対策事業関連の団体職員になり、部落解放同盟の支部の青年部活動が「自分の中でおもしろくなってきた」と語る ... 出身地や現住地も、「近畿圏都市の被差別部落」と紹介されている例もあり、「愛媛県宇和島市の被差別部落」とのように

『同朋大学佛教文化研究所紀要』(同朋大学佛教文化研究所、第25号、2005) 124頁

このときは部落解放同盟愛知県連の山崎鈴子に協力して六月十七日に第一一回研究会を持ち小坂井町の部落および浄土宗延命寺れた日)の日付けの入った『御文聿』が置かれていた。部落の集会所(説教所)には

『むすぶ: 自治・ひと・くらし』(第40巻、第1~12号、ロシナンテ社、2009) 67頁

修作(解放社会学研究所所長)・大久保陽一(いのちくらしこども穴栗市民ネットワーク代表)・金杉恭子(広島修道大学教授)・鐘ヶ江晴彦(専修大学教授)川口泰司(山口県人権啓発センター事務局長)・佐々木理信(浄土宗真明寺・滋賀県住職)・志村哲郎(山口県立 ...

『新同和問題と同和団体』(高木正幸、土曜美術社出版販売、1990)


『公安情報』(1994)


『部落解放』(第261~265号、解放出版社、1987) 130頁

中央本部が同盟員を放同盟同県連は十五日、宮崎市で一直接、再登鉍、批判が出ていた旧再建大会を開き、再出発した。幹部を排除、新規約を作り再出発部落解放同盟中央本部は昨年八一にこぎつけた。月、宫崎支部副支部おが恐喝事件 I (「毎日

『近代部落史資料集成』(第9巻、原田伴彦、上杉聰、三一書房) 95頁

八戸/モ/諸所二点在^又次テ二十戸以上五 + 戸未满/密集部落: ;八十三、更二 + 戸以上二十戸安芸郡渡子&村口口口五〇高田郡吉田町下口口五一佐伯郡鹿川村口口五八同坂村口口口六〇同吉浦町口口口六一安芸郡江田岛村口口

『渋染一揆論』(柴田一、八木書店、1971)

渋染|揆の前期の歎願段階で、強力な指導的役割を果たすのはこの都市部落五力村であるが、その指導者たちは、このような村 ... この地域寄合を企画したのは上道郡一日市村の部落判頭伝次郎,庄太郎である。 ... 十二日には、上道郡笹岡村利吉宅まで無間違御入来被下候、以上辰之正月十|日上道郡一日市村伝次郎同庄太郎邑久郡福里村、

『佐賀県における同和問題の現況調査報告』(村越末男)


『戦間期農民運動の史的分析 岡山県を中心として』(有元正雄、広島大学文学部、1988)

年月場所永久減額率組合の別大正 10 , 11 浅口郡鴨方村大字小坂東字宮前 2 割― 10.11 浅口郡嘛方村大字小坂東字仁坂 2 割― 10.12 和 ... 割― 11.5 上道郡高島村湯迫 3 割― 11.5 真庭郡久世町大字草加部,勝山町大字江川 2 割 5 分小作組合ノ一部 11.5 真庭郡久世町大字久世 ... 真庭部落合町大字西河内,上市瀬,下市瀬 2 割小作組合 11.8 上道郡角山村大字竹原,百枝月 3 割日農支部 11.8 真庭部河内村大字

『部落の実態』(第1巻、部落問題研究所出版部、1969) 18頁

暴動市町村に於ける部落人口暴動に参加したと認められる人員犯人検挙数同左の内部落民数広島市 4,671 900 91 38 呉市 918 ... 阿賀町 250 24 府中町 465 9 26 5 :2 次町 984 500 318 202 二ぁ坂村 413 30 庄原町 358 93 112 22 西城町 261 35 47 11 ...

『戦後部落問題論集』(第5巻、部落問題研究所、1998) 354頁

村名部落名現住戸数平均額戸円神戸弥栄 155 11.0 宇太岩崎 192 19.0 榛原下井足長芝 13 6 6.5 6.1 三本松《大野蕨 20 10 2.2 2.1 内ノ牧槍牧 11 13.1 室生 1 脇田下田口 26 12 9.4 13.9 今井新 10 13.1 曾弥相輪 18 10.5 伊黄見 10 14.4 神末 11 5.3

『公道』(西播地域皮多村文書研究会) 138頁

通信(改善)村)富山通信(下新川郡砂山風徳会)群馬(結婚差別で自殺)岐阜通信(稲葉郡黒野都通信(乙訓郡久世村の改善)和歌山通信(玖阿郡高森村)広島通信(改善事業)京福井通信(三方郡の氏子差別撤廃)山口通信改善着手)奈良通信(部落民と貯金

『和歌山大学教育学部紀要 人文科学』(第11~12号、和歌山大学教育学部紀要委員会編)

馬瀬村皮田二郷村皮田前山村皮田ひひ',世帯数 21 人口 124 2 加太,仲町,向町,戎町混住地区

『部落の歴史をどう教えるか』(谷口幸男、部落問題研究所出版部、1985) 147頁

郡岩出町、丸栖村、東野上村、粉河町、狩宿村、名手町、麻生津村、伊都郡笠田町、見好村、妙寺海草郡加太町、雑賀崎村

『部落差別と労働問題』(吉村励、明石書店、1986) 249頁

和歌山県に市町村名発生月日襲擎参被 8 被加人員擎者米商米倉庫質商金貸家主有田郡湯浅町海草郡紀三井寺町 8, ... 0 0 75 3 (哒匿所)ひ雑賀崎町有田郡箕嶋町伊都郡高野口町和歌山市 8,13'-'14 19 5 1 1 (出兵)海草郡黒江町ひ加太町ひ日方町ひ