平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

平成30年9月23日 システムの複雑化とCloudflare Onion Serviceの導入に伴い、編集用onionURLに関しては順次廃止します。今後は同和地区.comから直接編集を行っていただくことが可能です。

片岡遼平

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

片岡遼平

(片岡明幸の息子) 090-2766-0140 ←(編集者註)この電話番号は携帯電話の番号の為電話帳には存在しない。またウェブサイト等にも掲載されていない為、片岡明幸本人のものか確認不能。仮に本人の電話番号とすると、投稿者が近親者・知人・友人等しか知りえない電話番号を何故知っているのか、また何故そのような電話番号を投稿したのか疑問である。

NPO人権センターホライゾン代表 https://www.facebook.com/ryohei.kataoka.12

1982年さいたま市生まれ。血液型AB型。

東京農大、神戸大修士課程を経て、総研大博士課程中退。専門分野は、染色体と遺伝子解析の研究。

生命科学の研究者を目指したが、大した実績を挙げられなかったためか大学院で研究費の確保に行き詰まり、実験助手のアルバイトをしていた。

やがて東日本大震災の直後にアルバイトをクビになり(なんらかの不祥事を起こしたためかもしれないが理由は明かされていない)、

父親に誘われて被災地に行きボランティア活動を行い、非営利活動組織「NPO人権センターHORIZON」を立ち上げた。

片岡遼平の発言によるとHORIZON(ホライゾン)とは「ホラ吹きと依存症」の駄洒落だという。震災の深刻さを茶化す不真面目さや、被災者の心情を踏みにじる無神経さが窺える。

2011年3月から、岩手県・宮城県の被災地を中心に、支援活動とボランティアを行っている。

また、自称フォトジャーナリストとして、業界紙等への執筆活動やカメラマンとしての活動も行っている。

ホラ依存.jpg

なお、武井誠・埼玉県坂出市議は片岡遼平について以下のように述べている。[1]

2014.01.09 Thursday

片岡遼平さん(たち)を応援します

 部落解放同盟埼玉県連合会の「旗開き」に出席しました。ツイッターをご覧ください。昨年の石川市長のあいさつについてコメントしましたが、それについては、昨年1月の活動日記をご覧ください。

 こちらです。

 さて、今日、受付をしていた片岡遼平さんとは、彼が中学生のころ「ヒロシマに学ぶ埼玉子ども代表団」で、引率する私と一緒に8月6日の広島を訪問した仲間です。

 今、東日本大震災被災地ボランティアとして仮設住宅の縁台製作などをしています。NPO人権センターHORIZON(ホライゾン)の代表。今も、かなりの期間は被災地に入り、活動しています。このネーミングは全国水平社にちなんだものとのこと。(パンフ後掲)

 中学生のころは、頭の一部分だけ大人になったような「ナマイキ」な子でした。私は民主主義は「ナマイキのすすめ」だと思っているので、そういう子、好きなのですが、あんまり団に迷惑かけるので、怒鳴りつけたりもしました。その彼が、なんとまあ立派になって・・・というか、これからは「同志」として、力を合わせようと、語り合うことができました。いやあ、感動です。

片岡遼平は、2013年12月2日のフェイスブックの投稿では

帰りの高崎線、車内が居酒屋状態。
同じ車内で酒飲んでる人が3人いる。隣に座ったおっさんはワンカップぐびぐび、超酒臭いし臭いだけで酔いそう。向かいのおっさんはハイボールにイカゲソ。もう一人はビール。何でもありだな(笑)
やっぱこの路線は柄悪いというか田舎臭いというか。だから埼玉「ダサイタマ」(笑)

と、露骨な地域差別発言をしている。NPO人権センターの代表者にあるまじき、下劣きわまる「人権感覚」を露呈している。いちばん柄が悪くてダサいのは誰なのか。

Etaoka.jpg

なお、2012年2月4日の投稿では有効期限切れのポイントカードを無理に使おうとして粘ったが当然ながら断られ、おのれの不注意を棚に上げて「ほんと商売下手だな!」と身勝手な捨て台詞を吐いている。社会常識の欠如と意地汚さと幼児的な自己中心性が表れており、親からどのような躾を受けて育ったかが想像できる。過去に解放同盟の威光を悪用してゴネ得をした成功体験があるのかどうかは定かでない。

ゴネる.jpg

片岡遼平はABDARCの講演会で写真撮影を担当している。[2]片岡遼平がABDARCに参加したのは父の片岡明幸の依頼によるものと見られる。

出典