平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

平成30年9月23日 システムの複雑化とCloudflare Onion Serviceの導入に伴い、編集用onionURLに関しては順次廃止します。今後は同和地区.comから直接編集を行っていただくことが可能です。

森田益子

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

最高顧問  住所・電話番号は『電話帳検索・実』及び『Yahoo!検索』に掲載されている。 https://archive.fo/zKNVQ

(1924・12・28) →一ツ橋小学校事件で提訴され、1997年3月14日、最高裁で全面敗訴。

「部落民としての誇りを持てば苦しみがなくなる」[1]、「(小笠原政子教諭は)差別におびえ苦しんでいることだろう。部落民としての誇りを持ち、部落民宣言をさせて、苦しみを取り除いてあげるべきだ」、「同和教育課長は、自分の妻にさえ部落民宣言をさせることができない差別者である」、「部落民宣言をしない小笠原政子は、差別者である」、「(部落出身の)父親のことに触れたくないと言うのは、父親に対する差別である。草葉の陰で泣いているだろう」[2]、「一ツ橋小事件を振り返って、私は一切自分自身が間違っていたとは思っていません」[3]

などと述べ、カミングアウトできない部落民は差別者との見解を示している。部落解放同盟も組織としては森田益子の見解を否定していない。

  1. https://ja.wikipedia.org/wiki/一ツ橋小学校事件
  2. http://archive.is/FuceS 「高知の人権裁判」小笠原政子
  3. 森田益子『自力自闘の解放運動の軌跡』241頁)