平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

平成30年9月23日 システムの複雑化とCloudflare Onion Serviceの導入に伴い、編集用onionURLに関しては順次廃止します。今後は同和地区.comから直接編集を行っていただくことが可能です。

栃木県

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

概況

栃木県の被差別部落の統計[1]

調査年 地区数 戸数 人口
1907年 - 1502 10005[2]
1921年 92 2052 13114[3]
1922年 88 12619[4] 12719[5]
1923年(協調会への報告書) 73 2156 13765[6]
1929年7月 - 2750 17115[7]
1935年 104 2581 15863[8]
1942年 - 1372 8973[9]
1946年 - - 17491[10]
1958年 68 2450 16347[11]
1963年 84 14078 地区全体73487、同和関係16690[12]
1975年 108 地区全体14244、同和関係4429 地区全体59560、同和関係20956[13]
1985年 108 地区全体14667、同和関係4627 地区全体61171、同和関係21718[14]
1993年 77 地区全体15202、同和関係2738 地区全体48937、同和関係10508[15]

部落解放同盟栃木県連は『栃木県部落解放運動の歩み』58~60頁で県内の被差別部落の地名を丁寧に古地図入りで58地区暴露している。それによると、49地区が明治時代より前に成立し、9地区が明治時代より後に成立したという。内訳は以下の通りである。

栃木県の各市町村における同和事業の有無を示す地図。黒磯市(現・那須塩原市)と芳賀郡茂木町と芳賀郡二宮町(現・真岡市)では、被差別部落の地名が確認されつつも、その位置は不明である。なお那須塩原市の樋沢地区(那須塩原市鍋掛)には番太屋敷跡が存在するとの情報もあるが[16]、詳細不明。
小山市の神鳥谷部落の古地図。『栃木県部落解放運動の歩み』59頁より。
太郎兵衛文書にある支配地および周辺の小頭の支配地。『栃木県部落解放運動の歩み』58頁より。
小山宿を中心とする捨場絵図。『栃木県部落解放運動の歩み』59頁より。
  • 足利市山下村・板倉(山下村小頭半右衛門支配地54ヵ村)
  • 佐野市犬伏・赤見・免鳥・田沼町戸奈良・下多田・小見・藤岡町羽黒・沼尻・岩舟町駒場・下津原・花神・葛生町富士見町・栃木市梅沢(犬伏町小頭太郎兵衛支配地109ヵ村、捨て場174ヵ所)
  • 岩舟町静和(茂呂宿小頭友蔵)
  • 野木町野渡(野渡村小頭六右衛門)
  • 小山市大字中里(大字網戸)(中里村小頭儀右衛門)
  • 大平町大字榎本(小山市押切・大宮村=平柳)(榎本小頭伝兵衛)
  • 大平町大字富田(富田村小頭豊吉)
  • 栃木市皆川(向山)(皆川村小頭長助)
  • 小山市鹿島村(小頭栄吉場中33ヵ所捨て場、52ヵ所)
  • 神鳥谷・二日市
  • 鹿沼市蓬莱町・粟野町久野・口粟野・西方村真名子(鹿沼宿小頭弥五兵衛)
  • 宇都宮市下河原・壬生町安塚・羽生田・藤井・南河内町薬師寺(宇都宮小頭弥五兵衛)
  • 二宮町久下田(常州真壁郡)
  • 栃木市旭町(江戸末期20~30戸)(栃木宿小頭勘十郎)
  • 小山市大字向野(天保年間に入植、明治期までは10戸)
  • 足利市高松町
  • 小山市大字寒川(江戸末期中里より分家)
  • 大字間々田
  • 小山市祝町(覚本家文書)
  • 上三川町(東館)
  • 大平町六ツ屋・舞台島(宗門人別帳あり)
  • 烏山大字野上(地元の老人の聞き取り。屋敷内に広い白州があった。明治になって逮捕術を警察に教えた)
  • 日光神領(祝戸=祝いと=祝人)横宿長吏頭惣右衛門
  • 喜連川(足利氏直轄で日光とともに弾左衛門の支配下に入らず)

以上が明治時代より前に成立した。

  • 佐野市大橋町東部(水車小屋の仕事で大島氏が最初に住んだ)
  • 佐野市大橋町西部
  • 小山市大字出井東(7戸で開拓)・馬廻・鉢形・中久喜・小原・東黒田・南小林(開拓に出た)

以上が明治時代より後に成立した。

県内の被差別部落の数は1921年度の調査では92、1935年の調査では104、1975年の調査では108にのぼる。戸数と人口は、それぞれ2052戸1万3114人、2581戸1万5863人、4429戸2万956人であった[17]

足利市山下町の被差別部落は宿村と呼ばれ、戸数105戸のうち8割が山田姓である[18]

また本田豊は「小山市の周り中はほとんど部落で、その地名にみんな谷がついています」[19]と発言しているが、『全國部落調査』によると、現・小山市内の21ヶ所の被差別部落のうち地名に谷がついているのは神鳥谷、谷中、鶴ヶ谷の3ヶ所にすぎない。なお、神鳥谷とは湿気の多い谷の意味であり、地内には湿地や窪地などに関わる「一の久保」「亀久保」「谷(や)中」「新宿」「溜下(ためした)」「横谷」などの小字が散在している[20]

県内で最も同和地区が多い小山市内には1975年6月1日当時の調査で29の同和地区があり、同和関係世帯数は1491世帯、人口は7720人にのぼった[21]。小山市と栃木市に次いで県内で三番目に同和地区が多いのは佐野市であり、10地区が存在する[22]

佐野市に次いで同和地区が多い下都賀郡大平町(現・栃木市)には8地区があり、人口は1963年2月の調査では1400人、1973年5月の調査では1200人、1975年6月調査では326世帯、 1485人となっていた[23]。大平町の同和地区はほぼ南北に2列に並んでおり、1975年6月1日当時の調査では大規模な順に以下のようになっている[24]

  • 96世帯、501人
  • 92世帯、436人
  • 35世帯、117人
  • 29世帯、116人
  • 27世帯、105人
  • 20世帯、89人
  • 16世帯、82人
  • 11世帯、39人

なお「現在の被差別部落は長吏の居住地と重なり、非人の居住地は消失している」とも『栃木県部落解放運動の歩み』72頁にある。

犬伏町における小曽根信吉父子らへの集団暴行・恐喝事件

栃木県水平社同人による集団暴行・恐喝事件(1923年)の被告人の氏名は下記の通りである[25](五十音順)。

  • 海老沢久平
  • 海老沼豊吉
  • 斎川貞三郎(免鳥水平社代表)
  • 坂本千吉
  • 坂本茂吉(犬伏町富岡字富岡新田水平社解決委員)
  • 静井文吉
  • 清水岩蔵(栃木県水平社本部臨時代表)
  • 清水寅蔵(栃木県水平社本部代表)
  • 清水弥三郎(大日本水平社関東代表者)
  • 正田酉太郎(安蘇郡佐野町字大橋町水平社代表)
  • 末柄清八
  • 山根厚太郎

1925年の町村議選における部落出身の当選者[26]

氏名 出身地 現在地 備考
清水弥三郎 安蘇郡田沼町 佐野市 戸奈良町
戸沢半次郎 下都賀郡栃木町 栃木市 旭町

文献

全國部落調査(1935年)

栃木縣 昭和十年二月現在

92頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
河内郡 上三川町 上三川 下町 二六 一四〇 農業 牛馬商、日雇 河内郡 上三川町 上三川 自治会名に下町1区、下町2区、下町3区、下町4区、下町5区がある。芝田姓15件。2000年電話帳。
藥師寺村 藥師寺 西坪 下野市 薬師寺

93頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
河内郡 明治村 多功 西山、西ノ内 三二 二一〇 農業 藁細工 河内郡 上三川町 多功
〃 富屋村 徳次郎 横町 二四 一一六 日雇 宇都宮市 徳次郎町
〃 大沢村 大澤 下木戸 一八 九八 運搬、屠殺業 日光市 大沢町 字下木戸 旧称「横宿」[27]。大沢町177付近。
〃 豊郷村 竹林 上竹林 三一 二一五 牛馬商、皮革業 宇都宮市 竹林町 竹林町上公民館が竹林町455にある。
〃 芳賀郡 眞岡町 田町 竹ノ内 一二 六四 獣肉商 真岡市 田町
〃 〃 台町 稲熊 三九 真岡市 台町
〃 七井村 七井 田端 三三 獣肉商、牛馬商 農業 芳賀郡 益子町 大字七井 字田端
〃 祖母井町 祖母井 下新田 一七 一四九 農業 草履作リ 芳賀郡 芳賀町 祖母井
那須郡 大田原町 小泉 四五 大田原市 若松町 1875年頃まで小泉村の呼称があった土地。
〃 〃 松波 一二 六〇 大田原市 松波の位置は要調査。松原の誤記? 大田原市親園付近にバス停「松原入口」あり。
〃 佐久山町 福原 山木土 四三 漁業 大田原市 福原
〃 〃 佐久山 前坂 五八 荷馬車挽 大田原市 佐久山 字前坂 佐久山2470付近。
〃 向田村 野上 虻塚 一四 八三 皮革業 那須烏山市 野上 字虻塚 36.644156, 140.152263の白山神社の付近が虻塚。白山神社の南東に寺澤太鼓店(野上1152)あり。寺澤姓3件。寺沢姓2件。2000年電話帳。
〃 馬頭町 馬頭 赤坂 一二 八九 那須郡 那珂川町 馬頭 馬頭の小字に赤坂道や赤坂道西がある。前者は馬頭2529付近、後者は馬頭2275付近。
〃 川西町 大豆田 高黒 三六 大田原市 大豆田125~130番地付近
〃 〃 向坪 三八 大田原市 大豆田 向坪の位置は要調査。
〃 〃 清水坂 一六 大田原市 南金丸 36.857214, 140.110689にバス停「清水坂」あり。

94頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
那須郡 伊王野村 伊王野 下町 一〇 八六 農業 日雇 那須郡 那須町 伊王野 36.957270, 140.158132付近にバス停「下町」あり。
塩谷郡 矢板町 富田 西町 一七 八五 牛馬商、皮革業 矢板市 富田
〃 喜連川町 葛城 三谷坪 二〇 日雇 さくら市 葛城 葛城2228-1付近に小字「三谷」があった。栃木県の地名に頻出する「坪」とは小集落のこと[28]
上都賀郡 鹿沼町 鹿沼 蓬莱町 七〇 三五五 日雇、皮革業 鹿沼市 蓬莱町
〃 西方村 元 元中部 二二 一三四 日雇 栃木市 西方町元 西方町元1420-9付近が元中部。
〃 眞名子村 一三 七二 栃木市 西方町真名子 『角川日本地名大辞典』の小字一覧に真名子の小字として沢の記載はなし。
〃 〃 反町 一八 一二五 栃木市 西方町真名子 『角川日本地名大辞典』の小字一覧に真名子の小字として反町が記載あり。真名子161付近が反町。「澤反町」(サワソリマチ)と記す古地図あり。
〃 清洲村 久野 原坪 一三 六五 鹿沼市 久野 鹿沼市見野のバス停に「原坪」があるが旧・清洲村ではない。
〃 粟野町 口粟野 釜場 五九 鹿沼市 口粟野 筌場 釜場は誤記。口粟野182付近に小字「筌場」(うけば)がある。
〃 今市町 今市 七本櫻 三〇 一四五 日光市 今市 字七本桜 今市1181付近。今市1174-2にセブンイレブン日光七本桜店がある。旧称「横宿」[29]
〃 日光町 日光 岩戸町 五〇 一八〇 下駄商、皮革業 日光市 東和町 1954年に通称から成立した地名。磐戸町が旧称。別名は横宿、日光横宿、また下町とも[30]
下都賀郡 栃木町 栃木 東町 一六〇 一〇一九 農業 牛馬商、日雇 栃木市 旭町 1937年に栃木町栃木の一部から旭町が成立。戸沢姓4件。2000年電話帳。
〃 大宮村 大宮 新谷坪 四三 漁業、土木業 栃木市 大宮町
〃 〃 平柳 東坪 七〇 五一三 農、牛馬商 眞縄作リ、皮革業 栃木市 平柳町 石崎姓15件、入野姓15件。2000年電話帳。
〃 〃 今泉 西坪 三七 農業、牛馬商 栃木市 今泉町 菊元姓5件。2000年電話帳。
〃 壬生町 壬生 旭町 六五 三六五 農業 日雇 下都賀郡 壬生町 藤井 36.430687, 139.811840付近。旭町は志良山神社(白山神社)がある壬生甲字三好町4004-1付近にも跨っている可能性あり。戸崎姓36件。2000年電話帳。
〃 稲葉村 羽生田 下坪 五〇 二一二 草履作リ、日雇 下都賀郡 壬生町 羽生田 字下坪 36.468543, 139.782567付近が下坪。木野内姓18件。2000年電話帳。

95頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
下都賀郡 稲葉村 福和田 東原坪 一五 七五 農業 草履作リ、日雇 下都賀郡 壬生町 壬生町 壬生甲 字東原の可能性あり。東原公民館の隣の芝切神社(福和田1593)の鳥居柱に「東原坪三十一人家子中」とある。
〃 南犬飼村 安塚 下ノ内 二二 一四八 農、皮革業 下都賀郡 壬生町 安塚
〃 〃 助谷 東原 四四 〃 〃 藁細工、日雇 下都賀郡 壬生町 大字助谷 東原 大字助谷1346付近。
〃 国分寺村 柴 盆田谷 一九 一四五 農業 下野市 柴
〃 〃 東浦 一〇 下野市 柴 『角川日本地名大辞典』の小字一覧には柴の小字に西浦、北浦の記載はあり。小字の東浦は下野市石橋にあるが、同地は旧・国分寺村域ではない。
〃 桑村 喜沢 喜沢原坪 一八 一〇八 日雇、山芋掘 小山市 喜沢 36.333260, 139.824377付近が喜沢原坪。
〃 〃 出井 出井原坪 五〇 三四一 小山市 出井 諏訪姓35件。2000年電話帳。
〃 〃 鉢形 鉢形原坪 三五 二三三 小山市 鉢形 静谷姓6件、末柄姓18件、諏訪姓13件。2000年電話帳。
〃 〃 向野 向野原坪 三七 三〇三 小山市 向野 静井姓14件、静谷姓6件、末柄姓12件。2000年電話帳。
〃 〃 東山田 東山田原坪 五一 小山市 東山田
〃 小山町 稲葉郷 東町 一二一 七八一 小山市 城北、駅東通り、稲葉郷 字鹿島、稲葉郷 字白山 稲葉郷は付近の地名として残存。「稲葉郷は白山・中坪・鹿島・向原の4地区がある」[31]。向原は36.324262, 139.822780付近で、現・城北4丁目。小字「鹿島」は稲葉郷の一部。小字「白山」は稲葉郷933~950付近。旧称の稲葉郷に松本姓88件、松島姓74件、松嶋姓33件[32]。2000年電話帳。
〃 〃 小山 祝町 四二 二三二 小山市 駅南町[33] 1973年に小山市小山の一部から駅南町が成立。祝町公園あり。覚本姓4件。2000年電話帳。
〃 〃 神鳥谷 三六 二三四 小山市 神鳥谷 芝は柴とも表記。36.302606, 139.794134付近。『栃木県部落解放運動の歩み』59頁の古地図に描かれている穢多屋敷の位置とほぼ一致している。神鳥谷はヒトトノヤと読むが、シトトノヤと表記する古地図もある。住居表示実施済地域の神鳥谷(丁目)と未実施地域の神鳥谷(大字)は位置が異なる。
〃 〃 上 谷中 四五 二七二 小山市 大字神鳥谷 字谷中 神鳥谷と神鳥谷(大字)は位置が異なる。
〃 大谷村 土塔 前坪 二六 二九二 日雇、藁細工 小山市 土塔 諏訪姓8件。2000年電話帳。
〃 〃 中久喜 上ノ原 二〇 二〇〇 小山市 大字中久喜 上野原 中久喜と中久喜(大字)は位置が異なる。諏訪姓32件。2000年電話帳。
〃 間々田町 間々田 六丁目 二三 一六〇 藁細工 小山市 間々田 間々田六丁目集会所が間々田2350にある。

96頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
下都賀郡 間々田町 東黒田 鶴ヶ谷 一〇 五二 農業 藁細工 小山市 東黒田 36.256981, 139.784080付近が鶴ヶ谷。
〃 野木村 野渡 中島 二九 一七九 棕梠表、藁細工 下都賀郡 野木町 大字野渡 字中島 中島(なかしま)は狐塚の西にあるひときわ高い島状の台地。現在の茨城県古河市立第五小学校の北西にある小高い丘。七五三掛姓11件、中山姓10件、古川姓5件。2000年電話帳。
〃 〃 南赤塚 シベ 二九 アミ漁業 下都賀郡 野木町 大字南赤塚 字シベ 南赤塚2423付近。長浜姓7件、長濱姓1件。2000年電話帳。
〃 生井村 網戸 中坪 四五 二八三 藁細工 小山市 網戸 字中坪 古河姓25件。2000年電話帳。
〃 寒川村 押切 新田坪 一三 八二 小山市 押切 新田坪の位置は要調査。
〃 〃 小向坪 一六 一〇二 小山市 押切 小向坪の位置は要調査。
〃 〃 中里 下坪 二七 一三五 小山市 中里 古川姓5件、古河姓3件、松本姓10件。2000年電話帳。
〃 〃 寒川 後田坪 一三 七八 小山市 寒川
〃 豊田村 北宿 一〇 四〇 小山市 松沼467に豊田公民館がある。北宿の位置は要調査。
〃 中村 南小林 登戸、川入 三七 三〇四 牛馬商、皮産業 小山市 上初田、南小林 字川入 登戸は発戸の誤記。上初田1098付近。36.334828, 139.746646に発戸公民館あり。南小林384付近が川入。南小林に小川姓36件、諏訪姓8件。2000年電話帳。
〃 〃 上泉 堀之内 一〇 九二 小山市 上泉 36.303553, 139.726853付近が堀之内(堀ノ内)。小山市立堀の内集会所が上泉772番地にある。
〃 稲穂村 眞弓 六ツ屋 一九 一二七 日雇、行商 栃木市 大平町真弓 稲穂村は瑞穂村の誤記。1956年に瑞穂村は大平町の一部になる。大平町真弓686番5号に六ツ屋公民館あり。真弓に大杉姓8件。2000年電話帳。
〃 〃 舞台島 一三 九一 栃木市 大平町真弓 同上。大平町真弓379付近が舞台島。ブタイ島とも表記。
〃 水代村 榎本 榎本 四二 三五〇 栃木市 大平町榎本 海老沼姓6件、河田姓21件。2000年電話帳。
〃 〃 西水代 西水代 六五 栃木市 大平町西水代 戸田姓10件。2000年電話帳。
〃 〃 伯仲 伯仲 五〇 栃木市 大平町伯仲
〃 部屋村 富吉 大橋 五四 藁細工 栃木市 藤岡町富吉

97頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
下都賀郡 部屋村 富吉 ■申 六〇 農業 藁細工 栃木市 藤岡町富吉 難読箇所は「庚申」の可能性。36.292296, 139.694413に庚申橋あり。文部省同和教育研究指定校として藤岡第二中学校(栃木県栃木市藤岡町富吉1544)が指定されている。[34]
〃 藤岡町 藤岡 羽黒 三四 一九二 日雇、草履作リ 栃木市 藤岡町藤岡 羽黒 藤岡町藤岡に関塚姓11件。2000年電話帳。
〃 三鴨村 都賀 沼尻 二八 一六〇 藁細工、兔仲買 栃木市 藤岡町都賀 藤岡町都賀804の白山神社の付近が沼尻[35]。石塚姓24件、2000年電話帳。
〃 岩船村 下津原 下津原 二八 一四〇 日雇 栃木市 岩舟町下津原
〃 〃 静 駒場 一七 八五 栃木市 岩舟町静 岩舟町静622の恵生院の付近が駒場。
〃 小野寺村 花神 一三 四七 栃木市 岩舟町小野寺 西根南集会所(岩舟町小野寺4348)付近が花神。
〃 富山村 富田 新田 四六 二七四 栃木市 大平町富田 新田 富田275付近。川田姓39件。2000年電話帳。
〃 静和村 和泉 下坪 一九 一一四 養蚕 栃木市 岩舟町和泉 戸沢姓17件、戸澤姓1件。2000年電話帳。
〃 皆川村 城内 下宿 二五 一五二 藁細工 栃木市 皆川城内町 下宿 皆川城内町に関口姓77件。2000年電話帳。
〃 〃 向山 二一 一二六 栃木市 皆川城内町 向山
〃 吹上村 南町 一一 六一 栃木市 吹上町
〃 寺尾村 梅沢ノ内 三五 栃木市 梅沢町
安蘇郡 佐野町 大橋町 深町 五六 二八〇 日雇 佐野市 大橋町 油橋深町 大橋町に斎川姓36件、斉川姓5件、山根姓59件。2000年電話帳。
〃 〃 大関 二二 一一〇 佐野市 大橋町
〃 天神町 天神町 一七 八五 佐野市 天神町
〃 犬伏町 富岡 東富岡 一四 七二 獣肉商、日雇 佐野市 栄町 現在、佐野工業団地がある。
〃 〃 犬伏 角折 四七 佐野市 犬伏新町 角折
部落解放同盟が『解放新聞』1980年7月7日付7頁に栃木市藤岡町都賀の沼尻地区の略図を記載し、同地に部落があることを暴露している。

98頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
安蘇郡 堀米町 下權道寺 三五 農業 日雇 佐野市 堀米町 権道寺廃寺跡が堀米町菊川3684にある。
〃 田沼町 戸奈良 椿 五四 三四六 牛馬商、日雇、皮革業 佐野市 戸奈良町 椿 戸奈良町799付近が椿。戸奈良767番地に栃木県水平社委員長の清水弥三郎の自宅があった。清水姓69件。2000年電話帳。
〃 〃 多田 東町 二七 一六五 佐野市 多田町 多田町799付近が東町。東町公会堂が36.376973, 139.598533にある。坂本姓15件。2000年電話帳。
〃 〃 小見 菊澤 一九 一一九 佐野市 小見町 小見町39付近が菊沢。菊沢姓17件、菊澤姓7件。2000年電話帳。
〃 葛生町 葛生 横町 三一 一五八 石灰山職工 佐野市 富士見町 富士見町集会所(富士見町6-21)の近くにある白山神社の地元。
〃 赤見村 赤見 小峯 五三 三一八 日雇、土工 佐野市 赤見町 山根姓47件。2000年電話帳。
〃 旗川村 兔島 新田 四三 二三七 日雇、行商 佐野市 免鳥町 兔島は免鳥の誤記。新田町公民館が36.313762, 139.550380にある。斎川姓27件、矢菅姓3件、山根姓26件。2000年電話帳。
〃 〃 並木 田中 二六 一四五 佐野市 並木町 並木町田中集会所が並木町1259にある。山根姓15件。2000年電話帳。
〃 〃 小中 小峯 三〇 佐野市 小中町 字小峯 小中町1820付近。山根姓11件。2000年電話帳。
足利郡 三重村 今福 坂下 三二 一九二 造花、日雇 足利市 今福町 1955年8月、当地の部落民の矢菅二二二の娘タエ子(17歳)が元恋人に殺害されたが、足利警察署の差別捜査で自殺として処理された、と部落解放同盟は主張していた(女浅間山事件、足利警察署事件)[36]。矢菅姓26件。2000年電話帳。
〃 山前村 宿 七六 四二〇 賃機、日雇 足利市 山下町 現在の市営春日団地付近が宿。清水姓37件、矢菅姓4件、山田姓56件。2000年電話帳。
〃 三和村 板倉 入リ 二七 一七一 山仕事 足利市 板倉町 三俣姓19件、三ツ俣姓2件。2000年電話帳。プロ野球の三ツ俣大樹(東京都葛飾区出身)のルーツかどうかは要調査。
〃 菱村 黒川 山ノ腰 二三 一九六 織物職工、日雇 群馬県 桐生市 菱町3丁目の一部 1959年1月1日に足利郡菱村は群馬県との県境となる桐生川の河川管理が財政的に負担だったため栃木県から群馬県桐生市に越境合併した。群馬県桐生市菱町3丁目1140付近が山ノ腰(山腰とも)。山の腰集会所が菱町3-2788-11にある。
〃 〃 上菱 祖父ヶ入 三三 二一一 群馬県 桐生市 菱町5丁目の一部 同上。祖父ヶ入は「じがいり」と読む。群馬県桐生市菱町5丁目689付近。祖父ヶ入集会所が菱町5-641-6にある。
〃 筑波村 縣 一一 五六 草履造リ、日雇 足利市 県町 鶴田姓3件。2000年電話帳。
〃 〃 高松 河面 二四 二〇八 足利市 高松町 36.274721, 139.492777付近が河面(川面とも)。山根姓34件。2000年電話帳。
宇都宮市 下河原町 石戸 一〇 五三 草履造リ、皮革業 宇都宮市 下河原 1974年の住居表示により下河原町、西原町、簗瀬町の一部から下河原が成立。石戸姓7件。2000年電話帳。

99頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
足利市 本城 二丁目 明石 一二 九八 農業 養蚕、賃機織 足利市 本城 2丁目 本城厳島神社(通称は明石弁天=あけしべんてん)が36.346826, 139.453023にある。
計六四 一〇四 二五八一 一五八六三

施設等

隣保館

  • 栃木市旭町9番7号
  • 栃木市大平町新1305番地3
  • 栃木市藤岡町大字藤岡810番地
  • 栃木市岩舟町
  • 足利市山下町1312番地の1
  • 佐野市赤坂町958番地18
  • 佐野市小見町123番地2
  • 鹿沼市万町931番地1
  • 小山市
  • 河内郡上三川町

小集落改良住宅

小山市

  • 網戸市営住宅 - 小山市網戸747-1
  • 間々田市営住宅 - 小山市間々田2461-2
  • 小薬市営住宅 - 小山市小薬79-2

栃木市

  • 栃木市小集落改良住宅 - 栃木市城内町2丁目地内, 栃木市大平町榎本地内, 栃木市大平町西水代地内, 栃木市大平町富田地内

同和対策集会所

  • 大平町榎本集会所 - 大平町大字榎本616番地2
  • 大平町伯仲集会所 - 大平町大字伯仲1,336番地3
  • 大平町真弓集会所 - 大平町大字真弓358番地1
  • 大平町西水代集会所 - 大平町大字西水代3,506番地6
  • 大平町富田集会所 - 大平町大字富田1,557番地5
  • 鹿沼市南部地区会館 - 鹿沼市万町931番地1
  • 栃木市皆川城内集会所 - 栃木市皆川城内町1,127番地の6
  • 栃木市新栃木コミュニティ会館 - 栃木市平柳町2丁目1番29号
  • 足利市今福町集会所 - 足利市今福町133番地の1
  • 足利市山下町集会所 - 足利市山下町1,536番地の3
  • 足利市高松町集会所 - 足利市高松町310番地の1
  • 足利市県町集会所 - 足利市県町1,371番地
  • 足利市板倉町集会所 - 足利市板倉町1,008番地の4
  • 岩舟町西根南集会所 - 岩舟町大字小野寺828番地3
  • 岩舟町下津原集会所 - 岩舟町大字下津原620番地1
  • 小山市立間々田6丁目集会所 - 小山市大字間々田2,350番地
  • 小山市立網戸中坪集会所 - 小山市大字網戸714番地
  • 小山市立東出井集会所 - 小山市大字出井1,060番地4
  • 小山市立中里集会所 - 小山市大字中里1,039番地1
  • 小山市立泉ケ丘集会所 - 小山市大字中久喜1,496番地40
  • 小山市立押切集会所 - 小山市大字押切90番地1
  • 小山市立堀の内集会所 - 小山市大字上泉772番地
  • 小山市立向野北集会所 - 小山市大字向野973番地25
  • 小山市立馬廻集会所 - 小山市大字出井1,175番地7
  • 小山市立鉢形南集会所 - 小山市大字鉢形1,098番地8
  • 小山市立城北集会所 - 小山市城北1丁目7番地29
  • 小山市立喜沢東部集会所 - 小山市大字喜沢359番地3
  • 上三川町東館南集会所 - 河内郡上三川町大字上三川1223-1
  • 佐野市大橋町西部集会所 - 佐野市大橋町1734番地
  • 佐野市大橋町東部集会所 - 佐野市大橋町1093番地2
  • 佐野市赤見町山崎集会所 - 佐野市赤見町1758番地1
  • 佐野市免鳥町集会所 - 佐野市並木町1712番地3
  • 佐野市並木町田中集会所 - 佐野市並木町1259番地
  • 佐野市小見町南小見集会所 - 佐野市小見町5番地1
  • 佐野市多田町集会所 - 佐野市多田町804番地3
  • 佐野市富士見町集会所 - 佐野市富士見町6番21号
  • 藤岡町都賀集会所 - 藤岡町大字都賀1165番地1
  • 藤岡町富吉集会所 - 藤岡町大字富吉332番地7
  • 赤間々会館 - 日光市今市1206番地

人権啓発センター

  • 人権センターとちぎ - 小山市神鳥谷2-31-6(同じ建物に部落解放同盟栃木県連合会が入っている)[37]

関連団体

  • 栃木県水平社 - 安蘇郡田沼町字戸奈良[38]
  • 安蘇郡水平社 - 安蘇郡田沼町[39]
  • 下都賀郡水平社 - 下都賀郡栃木町、小山町、富山村[40]
  • 部落解放同盟栃木県連合会 - 小山市神鳥谷2-31-6 人権センターとちぎ内
  • 部落解放同盟栃木県連合会上三川町東舘支部
  • 部落解放同盟栃木県連合会大平町富田支部
  • 部落解放同盟栃木県連合会富吉支部
  • 部落解放同盟栃木県連合会多田支部
  • 部落解放同盟栃木県連合会富岡支部
  • 部落解放同盟栃木県連合会東和支部
  • 部落解放同盟栃木県連合会都賀支部
  • 部落解放同盟栃木県連合会小野寺支部
  • 部落解放同盟栃木県連合会葛生支部
  • 部落解放同盟栃木県連合会榎本支部
  • 部落解放同盟栃木県連合会佐野市協議会
  • 部落解放同盟栃木県連合会足利市協議会
  • 部落解放同盟栃木県連合会栃木市協議会
  • 部落解放同盟栃木県連合会岩舟町協議会
  • 部落解放愛する会栃木県連合会 - 栃木県小山市城東1-4-26
  • 部落解放愛する会佐野市協議会
  • 部落解放愛する会栃木市協議会
  • 全日本同和会栃木県連合会 - 栃木県宇都宮市大通り3-5-18 宮リバーハイツ306
  • 全日本同和会栃木県連合会栃木中央支部 - 栃木県栃木市大宮町2290−24
  • 全日本同和会栃木県連合会小山支部 - 栃木県小山市喜沢667-38
  • 全日本同和会栃木県連合会黒磯支部 - 栃木県那須塩原市錦町11-4
  • 栃木人権連 - 栃木県小山市城北3-12-12

『栃木県部落解放運動の歩み』65頁によると、解同栃木県連は1972年に結成され、1992年当時、15市町に44支部を置き、同盟員は1600名を数えた。

白山神社

  • 宇都宮市高松町235
  • 宇都宮市逆面町678
  • 宇都宮市中里町1692
  • 宇都宮市冬室町542
  • 宇都宮市竹林町455
  • 足利市堀込町2252
  • 足利市高松町
  • 足利市板倉町
  • 足利市今福町
  • 足利市山下町字宿1517
  • 栃木市大平町榎本
  • 栃木市藤岡町都賀‎字台沼804
  • 栃木市都賀町大柿2332
  • 栃木市吹上町
  • 栃木市皆川城内町字向山
  • 栃木市旭町8
  • 佐野市西浦町字五反田(佐野市西浦町983、現在の西浦神社か[41]
  • 佐野市富士見町
  • 佐野市赤見町
  • 鹿沼市蓬莱町1876
  • 日光市東和町119
  • 那須烏山市野上
  • 小山市駅南町1丁目20
  • 小山市駅東通り3丁目12
  • 小山市稲葉郷958-1
  • 小山市押切
  • 小山市上泉字堀ノ内7922
  • 小山市網戸字中坪
  • 小山市南小林字川入
  • 真岡市田町3-19
  • 上都賀郡西方町元870-2
  • 下都賀郡壬生町羽生田
  • 下都賀郡壬生町安塚南原949(壬生町安塚1772の磐裂根裂神社に合祀)
  • 下都賀郡壬生町壬生甲字三好町4004-1(志良山神社)
  • 下都賀郡岩舟町下津原1145(三鴨神社と合祀)

「白山神社は、栃木県で50ほど確認できる。被差別部落と直接関係する白山神社とそうでない白山神社がある。また、加賀の白山神社の末社となっている社もある。被差別部落の白山神社は、弾左衛門支配下の長吏小頭の屋敷神であったといわれることもあるが、その歴史が中世にまで遡ることができる社もある。また、日光領の長吏は、弾左衛門の支配を受けなかったが、『五街道分間延絵図』の一部である『日光道中分間延絵図』には、日光領の長吏の屋敷近くに白山社が描かれており(板橋宿・大沢宿・鉢石)、白山信仰をもっていたことが確認できる」[42]

太鼓店

  • (有)小野崎太鼓店 - 栃木県宇都宮市今里町1615−52
  • 木野内太鼓店 - 栃木県栃木市昭和町4−17
  • 寺澤太鼓店 - 栃木県那須烏山市野上1152
  • (有)太勇打楽器製作所 - 栃木県栃木市昭和町4−17

出典

  1. 『東日本の被差別部落』(明石書店)15頁
  2. 留岡幸助「特種部落と其人口」(『人道』69号所収、1911年刊。1907年調査)
  3. 内務省社会局「全国部落統計表」(内務省社会局『部落改善の概況』所収、1922年刊。1921年調査)
  4. 他年度の統計に比べて異常に戸数が多いが原典のママ。原典は漢数字で表記されているので3619の間違いの可能性あり。
  5. 帝国地方行政学会『地方行政年鑑』1922年(『近代部落史資料集成』第10巻6-7頁)
  6. 『部落問題・水平運動資料集成』第2巻387頁。内訳は下記の如し。
    部落所在地 部落数 戸数 人口
    足利市 1 11 73
    足利郡 3 214 1310
    安蘇郡 11 329 2160
    上都賀郡 8 201 1090
    下〃 32 1125 7441
    河内郡 7 151 955
    塩谷郡 2 19 102
    芳賀郡 4 46 227
    那須郡 5 60 407
    73 2156 13765
  7. 『部落問題・水平運動資料集成』第2巻388頁掲載、宇都宮地方裁判所検事局『宇都宮地方裁判所管内に於ける社会運動の状況』所収「栃木県の水平運動の概況」
  8. 中央融和事業協会『全国部落調査』(1936年刊。1935年調査)
  9. 同和奉公会『産業調査報告」(1943年刊。1942年調査)
  10. 厚生省よりGHQ民間情報教育局に提出された報告(『資料・占領期の部落問題』所収、1991年刊)
  11. 厚生省社会局「同和対策要望事項調査」(厚生省『同和行政の手引き』所収、1961年刊行。1958年調査)
  12. 内閣総理大臣官房審議室『全国同和地区実態調査結果』(1968年刊。1963年調査および1967年調査)
  13. 総理府内閣総理大臣官房同和対策室『全国同和地区調査結果の概要』(1976年刊。1975年調査)
  14. 総務庁地域改善対策室『昭和60年度地域啓発等実態把握―生活実態把握報告書―』(1987年刊。1985年調査)
  15. 総務庁地域改善対策室『平成5年度同和地区実態把握等調査―地区概況調査報告書―(統計表編)』 (1995年刊。1993年調査)
  16. 『奥州道中分間延絵図』第二巻。
  17. 川元祥一『関東の部落を行く』4頁
  18. 川元祥一『関東の部落を行く』47頁
  19. 本田豊『白山神社と被差別部落』127頁
  20. 塙静夫『とちぎの地名を探る』(随想舎、1996年)106-107頁
  21. 山名伸作「大分県と栃木県の同和地区現地研修記」
  22. 山名伸作「大分県と栃木県の同和地区現地研修記」
  23. 山名伸作「大分県と栃木県の同和地区現地研修記」
  24. 山名伸作「大分県と栃木県の同和地区現地研修記」
  25. 『部落問題・水平運動資料集成』第1巻、282-284頁
  26. 関東水平社聯盟(群馬県新田郡)機関紙『自由』第2巻第6月号(1925年6月発行)6頁
  27. 『東日本の部落史 東日本編』210頁
  28. 塙静夫『とちぎの地名を探る』(随想舎、1996年)86頁
  29. 『東日本の部落史 東日本編』210頁
  30. 『東日本の部落史 東日本編』209-210頁
  31. 『解放新聞』1980年7月21日の高杉晋吾のルポ「栃木県の部落で 4」
  32. 「家々の表札を注意して見ていくと、ほとんどの家が『松嶋』か『松本』という姓である。稲葉郷も混住していないのだ」と『黒坂愛衣のとちぎ発《部落と人権》のエスノグラフィ pt.1』(黒坂愛衣、創土社、2003)にある。
  33. 駅南町が祝町であることは解放新聞社編『被差別部落 東日本編』71頁に明記されている。
  34. 『部落解放年鑑』(部落解放研究所、1990)219頁
  35. 解放新聞社編『被差別部落 東日本編』51頁
  36. 中西義雄『部落の民』74-81頁
  37. 人権センターとちぎの代表者は、「同和利権の真相の深層」の著者であり、部落解放同盟中央執行委員・部落解放同盟栃木県連合会執行委員長でもある和田献一である。(人権センターとちぎ | NPO法人ポータルサイト - 内閣府)
  38. 『部落問題・水平運動資料集成』第2巻387頁
  39. 『部落問題・水平運動資料集成』第2巻387頁
  40. 『部落問題・水平運動資料集成』第2巻387頁
  41. 平凡社、地方資料センター『栃木県の地名』707頁
  42. 『東日本の部落史 東日本編』197頁