平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

平成30年9月23日 システムの複雑化とCloudflare Onion Serviceの導入に伴い、編集用onionURLに関しては順次廃止します。今後は同和地区.comから直接編集を行っていただくことが可能です。

松嶋節夫

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

蛇草支部副支部長 旧菅谷組系石田組元組員

住所・電話番号は『電話帳検索・実』及び『Yahoo!検索』に掲載されている。 https://archive.fo/yvBwy

←オセロ松嶋尚美のおじ。松嶋節夫は中西イソエさんを暴行し死亡させた事件で同じく暴力団組員の岡田繁次と共に刑事告発されている。

『解放の道』(1970年12月5日)
暴行し、診察を妨害
四日夜死んだ蛇草の中西さん
【東大阪】朝田一派の蛇草会館不法占拠と暴力行為は、十二月四日、ついに地もとで死者を出す事件をおこしました。死亡したのは、解同蛇草支部員の中西イソエさん(六三=東大阪市××××××の×市住××棟×××=です。同日午後六時十五分ごろ、決起集会にいく途中、気分が悪くなって「大阪府連」が占拠している蛇草会館のとなりにある蛇草病院(表門が会館と一つになっている)にいき、治療をうけて出たところを、暴力分子(府連行動隊)に「コラ、赤犬」とバリ雑言をあびせられて、こずかれ、くつで足をけられるなどの暴行をうけました。
このあと、中西さんは自宅にもどりましたが、ふたたび苦しくなり、病院にいきましたが、暴力分子の妨害をうけて、治療をうけることができませんでした。
集会がおわってかえってきた、おなじ市営住宅に住む藤岡喜代子さんが、うめき声をきいてドアをあけると、中西さんは入口でたおれていました。藤岡さんは、蛇草病院に走りましたが、機動隊に妨害され、ようやく医師がかけつけたが、すでにおそく午後九時五十分ごろ死亡しました。


『解放の道』(1971年12月15日) 
暴力分子を告訴告発 蛇草支部 傷害致死などで糾弾
【東大阪】朝田一派の暴力集団の暴行にショックで死亡した中西イソエさん(六三)の葬式は五日午後三時、蛇草支部をはじめ大阪府下各支部代表約四百人の参列によっておこなわれました。中西さんの死因は、医師の診断で、朝田一派の暴行を受けたときのショックによる急性心不全と心筋こうそくであることがあきらかになり、また、遺体の右足関節部や左ヒザ付近に、けられて内出血をおこしたり、打ぼく傷がはっきりとあらわれていました。ところが、朝田一派の暴力集団は、破れんちにも中西さんが「病院にいこうとして河合・藤本らのデモに妨害されてショック死」と事実をごまかしたデマ宣伝をおこない、蛇草支部幹部にたいする中傷、ひぼうをおこないました。また、午後三時ごろ、中西さんの家にデモをかけ、「なにを泣いとるんや、泣くんやったら外に出て泣け」と口ぎたなくののしりました。そのあげく、中西さんの四男光男さんに暴力をふるって、全治一週間のケガをおわせるありさま。こうした、朝田一派の暴力にたいして、四日よるの決起集会の帰途、負傷させられた人たちは、暴力行為を指導した「解同大阪府連」の榎並明一、岡田繁次(行動隊長)および蛇草部落の暴力分子松島節夫・杉本和美らを、暴力行為および中西さんを傷害致死させたことをあげて告訴・告発しました。