平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

平成30年9月23日 システムの複雑化とCloudflare Onion Serviceの導入に伴い、編集用onionURLに関しては順次廃止します。今後は同和地区.comから直接編集を行っていただくことが可能です。

木村草太

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

木村草太

憲法学者であるが、弁護士ではない。木村草太は鳥取ループ裁判に当初は関与していなかったが、部落解放同盟側の弁護士として憲法論の知見から意見を述べることが明らかとなっている。

なお国民が公務員に強制力を持たせるのが憲法の本来的な役割である。民間人である鳥取ループ氏等に対する訴訟において公務員も含まれる部落解放同盟側が憲法をもとに強制力を持たせるのは、本来の憲法の役割と真逆であるが、木村草太は「憲法は私人同士の紛争にも適応される」「部落解放同盟による部落の暴露は差別でなく憲法上許される」という驚くべき学説を唱えている。[1]

なお、木村草太はtwitterにおいて以下のように批判されている。[2]

依田啓示さんのツイート: "#木村草太氏 は、司法試験をパスできなかった法律の専門家ですから。「憲法学者」とは、自身を「哲学者」や「思想家」と勘違いしているところがあり、法的な理論の解釈が極めて情緒的で、独善的です。せっかく暗記した憲法を一字一句変えられたくない、たったそれだけの「護憲派」… "

荻上チキとの関係

木村草太はTBSラジオ『荻上チキ・Session-22』に何度も出演している。荻上チキは鳥取ループ氏が部落差別者であるかのような名誉を毀損するネット記事を配信し、長崎の被差別部落も暴露している。その事実を同和地区Wikiが指摘した為、荻上チキやTBSラジオが保身の為に木村草太に裁判の参加を依頼した疑いもある。

注釈

  1. 学説とはあくまで学者の「持論」でしかなく、木村のように憲法が私人間にも効力があるとする少数説を唱えても「学説」にはなり得る。但し「学説」は法律や判例と異なり、法的な拘束力は一切無い。
  2. https://twitter.com/yodakeiji/status/928593123730587648