平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

平成30年1月13日 DDoS攻撃への対策のため、onionアドレスへのアクセスを非公開化しました。onionアドレス経由での編集をご希望の方は電子メールにてご連絡ください。また、編集/削除方針を変更いたしました。詳しくは、こちらのページをご確認ください。

岩手県

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

岩手県の被差別部落の統計[1]

調査年 地区数 戸数 人口
1869~70年 - - 282(非人350)[2]
1907年 -[3] 59 393[4]
1922~28年[5] - 50 約300[6]
1965年 1 - -[7]
1967年 1 - -[8]
1993年 1(かつて存在したことは明らかだが近年まだ確認されていない地区は5) - -[9]

明治初年の「賤民統計表」では、盛岡市には31戸・189人のエタがいたとされている[10]。また1919年に岩手県は財団法人協調会の調査に答え、県内に「戸数50戸、約300人」の被差別部落民がいることを認めている。

本田豊は盛岡市の戸数40戸の被差別部落を「C町」の名で紹介しているが、創業文政3年(1820年)の小松太鼓店の写真を載せている[11]ことから盛岡市城西町であることがわかる。盛岡市内には、このほか高松義雄太鼓店と高松武雄太鼓店があり、すべて城西町にある。高松武雄太鼓店は高松義雄太鼓店から次男の武雄が独立して構えた店である。

このほか、盛岡市内では北山に穢多町があり、その位置は「願教寺門前より東南壱丁計り」にある松坂の「北半丁計り向い」だった[12]。松坂とは盛岡市名須川町34のJR山田線の小本街道踏切から盛岡市名須川町29-2の赤坂病院にかけての坂である。赤坂病院から北に半丁移動した位置は盛岡市名須川町32-64近辺である。名須川町は、もとは北山の寺院街の一部であった三ツ割村に属しており、名須川町の町名が使われるようになったのは1964年のことである[13]

また盛岡市の万日(まんにち、1812年以降に南河岸と称していた時期があった。1958年に神子田町に改称)には乞食町と呼ばれる非人小屋があった[14]。盛岡以外では、遠野で「だんざう」「こや」と呼ばれる穢多が城下や各村に1戸ずつ離れて住み、牛馬屍の引取・捕盗・獄番・刑場の使役に用いられていた[15]

呉文聡『統計集誌』第8号(1882年)によると、県下の賤民は穢多が盛岡藩に189人、一関藩に31人、胆沢藩に62人、江刺藩に人数不明。非人が盛岡藩に人数不明、一関藩に93人、胆沢藩に257人、江刺藩に人数不明、となっている。

上記の小松太鼓店や高松義雄太鼓店・高松武雄太鼓店を除くと、2017年現在、県下には以下の太鼓店がある。ただし部落との関連は不明である。

  • 関根太鼓店 - 一関市千厩町千厩町奥玉宿下78-2
  • 小山太鼓店 - 一関市室根町矢越千刈田46-4
  • 瀬野太鼓店 - 久慈市川貫第9地割27-3
  • 菊美太鼓店 - 奥州市江刺区愛宕大畑1-1
  • 新川靴・太鼓店 - 大船渡市盛町字木町9-12

なお、東京都台東区に1689(元禄2)年から続く太鼓製造販売会社「南部屋五郎右衛門」の始祖は、同年に現在の岩手県平泉から江戸に出て来た[16]。子孫は石渡(いしわたり)姓を名乗っている。一族から、弁護士で検事で東京水平社同人の石渡春雄が出ている。

出典

  1. 『東日本の被差別部落』(明石書店)17頁
  2. 統計集誌(明治15年)
  3. 留岡註「散在シテ部落ヲナサズ」
  4. 留岡幸助「特種部落と其人口」(『人道』69号所収、1911年刊。1907年調査)
  5. 協調会への報告書
  6. 『部落問題・水平運動資料集成』第2巻392頁
  7. 同対審『調査部会報告書』
  8. 野本武一
  9. 『東日本の被差別部落』17頁
  10. 本田豊『部落史を歩く ルポ東北・北陸の被差別部落』29頁
  11. 本田豊『部落史を歩く ルポ東北・北陸の被差別部落』27頁
  12. 『部落の歴史 東日本篇』217頁
  13. 『角川日本地名大辞典3:岩手県』547頁
  14. 『部落の歴史 東日本篇』217頁
  15. 『原田伴彦論集』第4巻203頁
  16. 松沢光雄『酉の市と熊手』173頁