平成29年4月18日 匿名編集の制限を解除しました。様子を見て再度制限するか検討させていただきます。

平成29年4月12日 東京法務局人権擁護部第二課(三戸誠)からの削除要請に条件付きで応じる方針としました(詳細)。

岩手県

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

岩手県の被差別部落の統計[1]

調査年 地区数 戸数 人口
1869~70年(統計集誌明治15年) - - 282(非人350)
1967年(野本武一) 1 - -
1993年(『東日本の被差別部落』17頁) 1(かつて存在したことは明らかだが近年まだ確認されていない地区は5) - -

明治初年の「賤民統計表」では、盛岡市には31戸・189人のエタがいたとされている[2]。また1919年に岩手県は財団法人協調会の調査に答え、県内に「戸数50戸、約300人」の被差別部落民がいることを認めている。

本田豊は盛岡市の戸数40戸の被差別部落を「C町」の名で紹介しているが、創業文政3年(1820年)の小松太鼓店の写真を載せている[3]ことから盛岡市城西町であることがわかる。盛岡市内には、このほか高松義雄太鼓店と高松武雄太鼓店があり、すべて城西町にある。高松武雄太鼓店は高松義雄太鼓店から次男の武雄が独立して構えた店である。

このほか、盛岡市内では北山に穢多町があり、その位置は「願教寺門前より東南壱丁計り」にある松坂の「北半丁計り向い」だった[4]

また盛岡市の万日(まんにち、1812年以降に南河岸と称していた時期があった。1958年に神子田町に改称)には乞食町と呼ばれる非人小屋があった[5]。盛岡以外では、遠野で「だんざう」「こや」と呼ばれる穢多が城下や各村に1戸ずつ離れて住み、牛馬屍の引取・捕盗・獄番・刑場の使役に用いられていた[6]

出典[編集]

  1. 『東日本の被差別部落』(明石書店)17頁
  2. 本田豊『部落史を歩く ルポ東北・北陸の被差別部落』29頁
  3. 本田豊『部落史を歩く ルポ東北・北陸の被差別部落』27頁
  4. 『部落の歴史 東日本篇』217頁
  5. 『部落の歴史 東日本篇』217頁
  6. 『原田伴彦論集』第4巻203頁