平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

平成30年9月23日 システムの複雑化とCloudflare Onion Serviceの導入に伴い、編集用onionURLに関しては順次廃止します。今後は同和地区.comから直接編集を行っていただくことが可能です。

埋橋美帆

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

「NPO法人暮らしづくりネットワーク北芝」職員。大阪府箕面市の「北芝」が被差別部落であることを、被差別部落を知らない北海道住民にわざわざアウティング(暴露)し部落差別を拡散している。

つながるための準備~北芝から学ぶ~-あむ的日常

つながるための準備~北芝から学ぶ~ [2013年10月07日(Mon)] 10月5日(土)と10月6日(日)の2日間にわたりスタッフ研修『つながるための準備~北芝から学ぶ』を行いました。 講師は大阪府箕面市にある「NPO法人暮らしづくりネットワーク北芝」から宮武由紀子さんと埋橋美帆さんに来て頂きました。

今回の研修は、スタッフの中での「まちづくり」や「つながる」というイメージの共有やまちと自分たちがどのようにつながっていけるのかというヒントを得る機会にしようと行いました。

5日(土)は『北芝の歴史と取り組みについて』というタイトルで講義をして頂きました。

北芝とは地名ではなくその地区の呼び名で、北海道では聞き慣れない被差別部落地域だそうです。 部落問題の歴史とNPO法人設立までについてや2010年からの活動についてお話して頂きました。

インターネットで北芝が部落だと公表した北海道住民が差別者なのだろうか?勿論北芝が部落だと北海道住民に教えた宮武由紀子氏と埋橋美帆氏に過失責任があると捉えるべきである。部落解放同盟やABDARCは同和地区Wikiや鳥取ループが差別者だと誹謗中傷しているが、同和地区Wikiも鳥取ループも部落解放同盟が出版した部落地名総鑑の差別性を告発している立場である。同和地区Wikiの編集者には部落解放同盟が出版した部落地名総鑑により就職差別を受けた者もいる。インターネットでの部落の公表が差別だと言うのであれば、埋橋美帆氏は北海道住民を差別者として「糾弾」すべきである。そもそもインターネットでの部落の公表が差別なのであればABDARCの上川多実も自身のブログで北芝が被差別部落だと暴露しているのだから、埋橋美帆が上川多実と活動を共にしているのは茶番劇という他無い。