平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

平成30年9月23日 システムの複雑化とCloudflare Onion Serviceの導入に伴い、編集用onionURLに関しては順次廃止します。今後は同和地区.comから直接編集を行っていただくことが可能です。

北野隆一

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

北野隆一

朝日新聞の北野隆一編集委員はさも同和地区Wikiが部落差別を煽るサイトであるかのような記事を公開している。

部落差別解消法案、成立へ 参院法務委で賛成多数 編集委員・北野隆一 2016年12月8日13時12分

その北野隆一氏は部落解放同盟の講演会で講演し、以下のように述べている。[1]

北野隆一.jpeg
「全国部落調査復刻版」出版、インターネット上での掲載、そして裁判に至る経過を詳しく説明された。この中で「同和地区Wiki」というサイトで部落出身者の個人情報を掲載することは、アウティングという差別行為であり、自らの意思で立場を明らかにするカミングアウトとの違いについても説明された。 

「アウティング」とは部落出身者が、自分が部落出身者だと知られたくないにも関わらず、他者に部落出身者だと暴露される差別行為である。同和地区Wikiは部落解放同盟による差別行為「アウティング」を告発するウェブサイトである。北野隆一氏は同和地区Wikiを閲覧しているにも関わらず、部落解放同盟による部落差別を隠蔽し、同和地区Wiki差別サイトであるかのように宣伝する偽善者である。

北野隆一はABDARCの講演会について、川口泰司が「部落解放同盟山口県連書記長」であることを何故か隠して報じている。

朝日新聞:東京)部落問題・差別を語る公開授業 上智大 編集委員・北野隆一

北野隆一は同和地区Wikiを批判する記事を執筆しており、同和地区Wikiを閲覧もしているので、政治的意図をもった「確信犯」として部落解放同盟を支援していることが窺える。

脚注