平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

平成30年9月23日 システムの複雑化とCloudflare Onion Serviceの導入に伴い、編集用onionURLに関しては順次廃止します。今後は同和地区.comから直接編集を行っていただくことが可能です。

平成30年9月24日 編集者向け:一部のページのサイズが異常に肥大化しており、動作が重くなっているページがあります。詳細はこちら

上杉佐一郎

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

上杉佐一郎(Saichiro Uesugi)

(死去) 元執行委員長

住所・電話番号は『電話帳検索・実』及び『Yahoo!検索』に掲載されている。https://archive.fo/9D6VC

福岡県小郡市二タ(ふた)は上杉佐一郎の出身地区であり、被差別部落であることを部落解放同盟が暴露している。[1]

リテラは明確な根拠なく、あたかも部落解放同盟が暴力団と関与しているかのような印象を与える差別的な報道に荷担している。狭山事件と同等の警察権力による部落差別事件として部落差別同盟は警察やマスメディアを糾弾すべきである。

王将社長の射殺事件 部落解放同盟との繋がりでトラブルに巻き込まれた? - ライブドアニュース

「「餃子の王将」が調査報告書でひた隠しにする260億円不正取引の相手は“部落解放同盟のドン”の弟だった!」をちょい読み|LITERA/リテラ(SP) 本と雑誌の知を再発見

29日、「餃子の王将」を展開する王将フードサービス(京都市山科区)が、大東隆行前社長の射殺事件についての調査報告書を発表した。

 この報告書で、王将サイドは「反社会的勢力との関係は認められない」とした一方で、創業家との関係が深い不動産会社を経営する男性が率いる企業グループとの不適切な取引で約200億円が流出し、約170億円余が未回収になっていることを明らかにした。

 1995年ごろ~2005年ごろ、王将やその子会社と男性の企業グループとの間で不透明な貸付や不動産取引が14件繰り返され、総額は約260億円に上ったという。

 だが、王将サイドは、調査報告書についての記者会見で、この経営者の素性について質問を受けたが、「ご想像にお任せします」「男女にかかわらず、この人とは取引しない」と、個人情報を理由に、かたくなにその公開を拒んだ。また、マスコミも実際はその名前を知っているのに、報道しなかった。

 なぜか。それはこの「不動産会社を経営する男性」が “解同のドン”といわれた故・上杉佐一郎元部落解放同盟中央執行委員長の異母弟にあたる人物だからだ。

 この人物は「福岡センチュリーゴルフクラブ」を経営する上杉昌也氏という人物で、実は最近、後ろ盾にしてきた九州の暴力団と金銭をめぐるトラブルになっていたという情報が流れていた。

 今も根強くある“同和タブー”が実名報道を阻んだのだと思われるが、本サイトは昨年末、新聞各紙に「殺害現場に九州の暴力団組員のDNAが残されていた」という記事が掲載された時点で、この上杉氏の問題について記事にしている。

関連人物 #高城雅毅

  1. 部落解放同盟中央本部『上杉佐一郎伝』5頁