平成29年5月7日 荒らしが再発したため、匿名編集を制限しました。編集依頼やアカウント作成依頼はburaku[at]protonmail.chまで。

平成30年9月23日 システムの複雑化とCloudflare Onion Serviceの導入に伴い、編集用onionURLに関しては順次廃止します。今後は同和地区.comから直接編集を行っていただくことが可能です。

平成30年9月24日 編集者向け:一部のページのサイズが異常に肥大化しており、動作が重くなっているページがあります。詳細はこちら

トーク:荻上チキ(乙川知紀)

提供: 同和地区Wiki
移動先: 案内検索

「荻上チキの不倫と部落問題に何の関係があるのだ!」みたいなお怒りを某所から頂戴したのですが...。

関係大ありでしょう。子育てをほったらかしして、不倫相手のところへ出向き、不倫相手との結婚の為に妻と離婚しようとした男が語る「子どもの人権」「女性の人権」が信じられますか?

自らは長崎の部落の地名を平気で暴露しておきながら、他人に「部落の地名の暴露は差別だ」なんて説教するのが通じると思いますか?

「この人はテレビ、ラジオでは綺麗事言っているけれども、本音ではカッコ付けたいだけなんだろう。過去の発言ではこういう矛盾があるし」って、差っ引いて見る能力こそがメディアリテラシー(荻上君が好きそうな言葉)ですよね。

普段から人権蹂躙している人が唱える『人権』ほど胡散臭いものは無いです。誰が『人権』を唱えるかによって説得力は変わるんですよ。

「誰が『人権』を唱えるかによって説得力が変わる?そんな訳無いだろう。」と仰いますか?

それなら荻上チキや川口泰司や部落解放同盟による部落の暴露が許されて、同和地区Wikiや鳥取ループや歴史書による部落の暴露は許されない理由を説明していただきたいですね。

あんたらは部落解放同盟が「差別でない」と言った書籍は差別でない、部落解放同盟が「差別だ」と言った書籍は差別だと言い張るだけ。

それって部落解放同盟が唱える『人権』に説得力を感じてるんですよね? --Burabura