平成29年1月4日 大規模な荒らしが発生しているため、現在非登録利用者によるアカウント作成及び編集を一時的に禁止しています。編集をご希望の方は、各利用者または管理者(buraku[at]protonmail.ch)までお問い合わせください。

4地区実態調査報告書

提供: 同和地区(被差別部落)Wiki
移動先: 案内検索

書誌情報

4地区共同まちづくり研究会・4地区実態調査報告書

発行日 2012年11月
著者 大阪市立大学都市研究プラザ 4地区共同まちづくり研究会

見られる場所

インターネット

内容

大阪市
矢田
矢田
加島
加島
浅香
浅香


大阪市の同和地区の範囲を地図で描画しており、現在の地図と対比させることで容易に同和地区が特定できるように作成されている。大阪市立大学都市研究プラザ 4地区共同まちづくり研究会「4地区共同まちづくり研究会・4地区実態調査報告書」には、大阪市内の同和地区として加島地区、浅香地区、矢田地区、平野地区の大まかな位置が掲載されている。このうち加島地区、浅香地区、矢田地区は同和地区の地図まで掲載されている。正にインターネット版部落地名総鑑と呼べる報告書である。

この報告書作成には

  • 部落解放同盟 浅香支部支部長 塩根 仁
  • 加島支部支部長 西岡 嘉裕
  • 矢田支部支部長 戸田 寛
  • 平野支部支部長 河内 幸治

が関与している。報告書は2012年に作成されており、部落解放同盟がいまだに組織的に部落地名総鑑の作成に関与していることが明らかとなった。

暴露された同和地区は

  • 矢田地区:大阪府大阪市東住吉区矢田5丁目、6丁目(7番除く)、住道矢田3丁目1番及び2番
  • 浅香地区:大阪府大阪市住吉区浅香1丁目(7、8番除く)、2丁目、苅田10丁目8番及び11番
  • 加島地区:大阪府大阪市淀川区加島1丁目31~34番、36番(山陽新幹線以北のみ)、37~49番、58~60番

である。