平成29年1月4日 大規模な荒らしが発生しているため、現在非登録利用者によるアカウント作成及び編集を一時的に禁止しています。編集をご希望の方は、各利用者または管理者(buraku[at]sigaint.org)までお問い合わせください。

愛媛県

提供: 同和地区(被差別部落)Wiki
移動先: 案内検索

概況

本県の部落数は『全國部落調査』では全国1位、ただし部落人口は大阪府や福岡県や高知県や兵庫県に遠く及ばず、これらの府県に比べると小規模な部落が多数存在している点に特色がある。『全國部落調査』によると、戸数が100戸以上の地区は以下の4ヶ所のみである。

  1. 新居浜市瀬戸町の高須地区(400戸)
  2. 宇和島市川内甲の裡田地区(162戸)
  3. 松山市中須賀の中須賀地区(126戸)
  4. 西宇和郡伊方町九町の下向地区(100戸)

別の資料によると、愛媛県の部落は海沿いに多く100世帯以上は10地区で少戸数の地区が大多数だったともいう[1]。「旧伊予国だけでも六百をこえる部落があるが、その三分の一は島嶼部及び瀬戸内海沿いの浜にある」という記述もあった[2]。また、愛媛県の地区数が四国地方で最多なのは海賊対策からではないかとの考察がなされていた[3]

愛媛県全体の姓の傾向としては、以下からでは藤本、藤原、松本が多くの地区にあった。その他に「藤」を含む姓があるのは、浄土真宗の開祖の親鸞が藤原氏だったということも関係か。

なお愛媛県では池田姓が被差別部落に顕著に偏って分布しており、県内で最も池田姓が多い地区トップ20のうち16地区までを被差別部落が占めている。2000年版の電話帳によると、内訳は以下の通りである(★が被差別部落)。

  • 30世帯 - ★愛媛県 越智郡吉海町 名
  • 25世帯 - ★愛媛県 大洲市 新谷甲
  • 24世帯 - ★愛媛県 越智郡吉海町 本庄
  • 22世帯 - ★愛媛県 松山市 北土居町
  • 21世帯 - ★愛媛県 松山市 市坪南
  • 20世帯 - ★愛媛県 松山市 南江戸
  • 19世帯 - 愛媛県 南宇和郡御荘町 平城
  • 19世帯 - ★愛媛県 越智郡菊間町 浜
  • 15世帯 - 愛媛県 新居浜市 本郷
  • 15世帯 - ★愛媛県 温泉郡重信町 田窪
  • 15世帯 - ★愛媛県 越智郡大三島町 野々江
  • 14世帯 - ★愛媛県 松山市 北斎院町
  • 14世帯 - 愛媛県 松山市 余戸東
  • 13世帯 - 愛媛県 大洲市 菅田町菅田甲
  • 13世帯 - ★愛媛県 松山市 東石井町
  • 13世帯 - ★愛媛県 松山市 西垣生町
  • 12世帯 - ★愛媛県 宇摩郡土居町 津根
  • 12世帯 - ★愛媛県 東宇和郡宇和町 卯之町
  • 12世帯 - ★愛媛県 松山市 東方町
  • 12世帯 - ★愛媛県 松山市 高井町

松山の穢多頭は、蓮華半左衛門と名乗っていた[4]。蓮華(れんげ)は京都市山科区に1戸のみの稀姓。

蓮花との表記の文献もある。蓮花(れんげ。他に読みあり)は、富山県高岡市が最多の稀姓。その名の由来に関しては以下の伝承があった[5]

蓮の花(はすのはな)という相撲取りが祖で、松山で米俵を運ぶ仕事をしており、藩主の行列が通る際に乗っていた馬を抱えて道をあけた。このことで、藩主に召されて工事の仕事で活躍し、褒美を与えようとする藩主から望みを聞かれた際に「十五万領国の穢多頭にしてほしい」と自ら望んだ。藩主は変ったことを言う者だと思いながら、その願いを聞き入れて穢多頭とした。蓮花は相撲取りの時に名乗っていた蓮の花を音読みにしたものである。

また、子孫はなぜか田中姓に改めて、明治維新時には加茂姓を名乗っていたとする。そして、その末裔がいるかについては不明としている[5]

宇和島の穢多頭は、1489年(延徳元年)に来住した彦根の武士の堀内蔵人が祖と伝える。明治初頭まで頭を務めており、その後離散して居所は不明となった[6]。明治初頭時に頭だった者の末の弟は、京都に移住して田中姓に改姓しており、警部になったとする[5]

他に西条、小松、今治、大洲、新谷、吉田の各藩に穢多頭がおり、それぞれが先祖は武士という伝承があるとする[7]

「瀬戸内海ですと、村上水軍ですとか、塩飽水軍などの名前を聞くはずですが、村上水軍の一番の支配者の人は部落ではないのですが、水軍のかなりの部分は、現在でも被差別部落民です」[8]

「海岸や沖合警備の名目で瀬戸内の島々に政策的に配備された部落は、豊臣秀吉によって壊滅させられた村上水軍の系統を引くものではないか―そのように私は考えるのだ」[9]

「其の結果右等の部落では新に藤原、笹部、片山、市川、富岡、竹岡など粋な苗字や偉そうな苗字が沢山出来て一同大喜びであるとの事」[5]。『海南新聞 1919年5月1日』の記事。八幡浜市(旧:西宇和郡川之石村、須来村、宮内村)の地区では、同一姓にされており、同和関係者とわかることや日常生活で不便だということを理由に県知事に改姓を要請して許可されている。

部落解放同盟が創設した研究機関「部落解放・人権研究所」はインターネットで以下の部落を暴露した。[10]

  • 西条藩下泉川,天領壬生川,宇和島藩八幡浜

文献

全國部落調査(1935年)

愛媛縣 昭和十年三月現在

254頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
温泉郡 浅海村 原 京ヶ森 二〇 一四四 農業 松山市 浅海原 京ヶ森 国土地理院地図によれば、浅海原1-5の浅海ふれあいセンター付近が京ヶ森。

255頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
温泉郡 難波村 中通 河原 二四 一九五 農業 製縄 松山市 中通 河原 国土地理院地図によれば、中通308の中通第二集会所がある部落が河原。
〃 正岡村 中西外 砂川 七六 四二二 松山市 中西外 中西外346-3に隣保館(北条ふれあいセンター)がある。[11]中西外271-1に小山集会所がある。砂川の位置は要調査。松山市(旧:温泉郡正岡村)にあった全国水平社正岡支部に前田姓の者がいた[12]
〃 北條町 辻 新開 一二 九四 藁細工 松山市 北条辻 新開 北条辻805-7に新開大一集会所がある。松山市(旧:温泉郡北条町)に西岡姓の者が2人いた[13]
〃 河野村 別府 末廣 二〇 一四一 蔬菜栽培 松山市 河野別府 末広の位置は要調査。
〃 〃 宮内 大谷 一二 松山市 宮内 大谷の位置は要調査。
〃 栗井村 久保 久保浜 一〇 七五 松山市 久保 久保浜の位置は要調査。
〃 〃 小川 一七 松山市 小川 小字は穢多ケ崎から関前に改称。
〃 伊台村 下伊台 ナセンド 一三 六五 日稼 農業 松山市 下伊台町 ナセンドの位置は要調査。『伊台村史』(伊台公民館、1966)に「これを最終案として施行の結果、ナセンドの峠を掘り下げ下河原の埋立てをして橋をかけ、湯山村地内に大きな迁回を作って...」とある。
〃 〃 〃 馬入ラズ 一三 松山市 下伊台町 馬入ラズの位置は要調査。『伊台村史』(伊台公民館、1966)に「明治二十七年には自ら馬入らずに開田を行なつて約1町歩を得、同二十九年には率先して伊台村農会を設立し推されて...」とある。
〃 堀江村 堀江 新町口 二八 一七二 農業 日稼 松山市 堀江町 新町口の位置は要調査。フローラ新町という物件がある。
〃 〃 〃 西組 一五 九八 松山市 堀江町 西組の位置は要調査。
〃 〃 福角 花見 一六 九二 竹細工 松山市 福角町 花見 花見は祇園神社の北の部落。
〃 〃 灌現 周郷 二五 日傭 松山市 権現町 周郷の位置は要調査。
〃 〃 福角 内宮 三五 果樹栽培 松山市 内宮町 松山市内宮町に以下の姓の者がいた[14]。福岡、藤本、松尾。
〃 潮見村 吉藤 要害 一九 一〇五 日稼 松山市 吉藤 要害の位置は要調査。松山市にあった全国水平社潮見村用害支部に以下の姓の者がいた[13]。藤本、吉岡。1932年の主幹者に田中姓の者がいた[15]
〃 〃 谷 北山田 一六 九七 〃、行商 松山市 谷町 北山田バス停がある。
〃 〃 平田 大畑 一五 七七 松山市 平田町 大畑の位置は要調査。

256頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
温泉郡 潮見村 志津川 土居 三四 一八二 農業 行商 松山市 土居町
〃 久枝村 久万 西山 三〇 一五三 松山市 久万ノ台 西山の位置は要調査。
〃 〃 西長戸 高塚 三八 二五一 行商 松山市 西長戸町
〃 〃 〃 西組 四三 松山市 西長戸町
〃 〃 〃 惣之内 一二 六〇 松山市 西長戸町
〃 〃 東長戸 木ノ元 三五 二〇〇 行商 松山市 東長戸
〃 〃 〃 鴨川 一四 七一 行商 日稼ぎ 松山市 鴨川
〃 〃 安城寺 新川 四〇 二二五 農業 商業 松山市 安城寺町
〃 〃 〃 宮ノ窪 一八 一一二 松山市 安城寺町 JR予讃線に宮の窪踏切あり。
〃 和気村 大山寺 南片岡 六九 三五四 松山市 太山寺町
〃 〃 馬木 三六 松山市 馬木町
〃 〃 和氣浜 二二 松山市 和気町
〃 〃 太山寺 舟ヶ谷 一〇 松山市 船ケ谷町
〃 新浜村 佐古 五六 三〇四 松山市 佐古
〃 睦野村 睦月 睦月 一七 一〇二 行商、農、漁業 松山市 睦月
〃 東中島村 大浦 大浦 二五 青物行商 松山市 中島大浦
〃 〃 小浜 小浜 四八 農業 松山市 小浜

257頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
温泉郡 東中島村 長師 長師 青物行商 松山市 長師
〃 〃 宮野 宮野 三〇 農業 松山市 宮野
〃 〃 粟井 粟井 四六 商業 水産業 松山市 粟井河原
〃 〃 吉木 吉木 一〇 五〇 農業 松山市 吉木
〃 〃 畑里 畑里 四一 水産業 松山市 畑里
〃 〃 熊田 熊田 商業 松山市 熊田
〃 三津浜村 古三津 中須賀 一二六 六五五 農業 松山市 中須賀
〃 味生村 南斉院 東谷 三〇 一四〇 花賣漁業 松山市 南斎院町 東谷の位置は要調査。
〃 〃 〃 佐古 四八 松山市 南斎院町 佐古の位置は要調査。
〃 〃 北斎院 板敷 一五 一一〇 松山市 北斎院町
〃 〃 〃 鳥越 一一 六七 松山市 北斎院町 鳥越遺跡あり。
〃 〃 別府 僧之宮 三五 松山市 別府町
〃 〃 山西 小谷 二二 花賣 松山市 山西町 「ニッタ」創業者の新田長次郎の出身地区。新田姓14件。2000年電話帳。
〃 生石村 南吉田 西組 四四 二八四 松山市 南吉田町
〃 〃 〃 大木 二七 一四五 松山市 南吉田町
〃 〃 高岡 山崎 一八 一〇三 松山市 高岡町
〃 〃 〃 佐古 一〇 六六 松山市 高岡町

258頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
温泉郡 生石村 富久 油田 二五 漁業  松山市 富久町
〃 垣生村 西垣生 大木 二〇 一〇四 日傭 松山市 西垣生町 俳人の石田波郷(本名は石田哲大=いしだ・てつお)は西垣生出身の部落民[16]。大木部落か郷徳部落かは不明。松山市西垣生町に中矢姓の者がいた。同地では、1782年(天明2年)に生まれた鍵谷姓の女性によって伊予絣が始められている[17]。同地では中矢姓が多いが[18]、中矢姓275件は多すぎて部落の規模に釣り合っておらず、部落姓かどうかは不明。石田姓3件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 郷徳 一六 松山市 西垣生町
〃 〃 東垣生 土手 三〇 松山市 東垣生町
〃 余土村 余土 南組 二四 一五六 蔬菜栽培 松山市 余戸南
〃 〃 〃 出合 三〇 松山市 出合 現在の松山市出合に民家は見当たらない。2599番地にある邸宅は(株)愛亀出合荘であり民家ではない。河川敷の整備に伴い他の地区に移転済?
〃 〃 〃 防屋敷 三七 松山市 防屋敷の位置は要調査。
〃 〃 保免 高田 三三 松山市 高田
〃 〃 市坪 下組 四五 松山市 市坪北、市坪西町、市坪南がある。下組の位置は要調査。
〃 道後湯之町 道後 西町 二三 一一五 日傭 松山市 道後を冠称する町名は複数あり。西町の位置は要調査。全水の小林実の出身地区。小林の回想記に「私の生れた所は道後温泉街の西のはずれにあって(略)北側を小川が流れていた。私の家の裏のところが北と東から流れてくる小川の合流点になっていて」[19]とある。
〃 〃 〃 下樋又 一〇 五〇 松山市 道後樋又
〃 〃 祝谷 土井窪 四六 二三〇 松山市 道後緑台 土居窪遺跡あり。
〃 〃 石手 西村 二一 一〇五 松山市 石手 西村姓14件。2000年電話帳。
〃 湯山村 溝辺 白石 二二 一七二 果樹栽培、日傭 松山市 石手白石 石手白石、石手白石甲に白石姓3件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 八幡原 二三 一二四 松山市 溝辺町 溝辺町96-2に八幡教育集会所あり。
〃 〃 〃 西組 五三 三一八 松山市 溝辺町
〃 〃 湯山 下高野 一六 九〇 松山市 高野町 1969年に湯山が高野町に改称。

259頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
温泉郡 湯山村 湯山 上高野 四三 農業 果樹栽培、日傭 松山市 上高野町
〃 桑原村 樽味 下村 一〇 四九 植木植、日傭 松山市 樽味
〃 〃 桑原 坂峠 一九 松山市 桑原
〃 〃 〃 土釜 三五 松山市 桑原
〃 〃 畑寺 寺地 二一 果樹栽培 松山市 畑寺
〃 〃 〃 畑田 一〇 五五 松山市 畑寺
〃 〃 〃 西ノ窪 日稼 松山市 畑寺
〃 〃 東本 土居ノ西 四一 農業 植木職 松山市 束本 東本は束本の誤記。
〃 石井村 朝生田 下組 五〇 三二〇 松山市 朝生田町
〃 〃 古川 松本組 四〇 二五二 松山市 古川北 松本姓23件。2000年電話帳。
〃 〃 西石井 西組 一九 一〇五 松山市 西石井
〃 〃 古川 水安 一三 九五 松山市 古川北 同地に水安姓があった。松山市西石井に水安姓2件。松山市には6件。2000年電話帳。
〃 〃 今在家 下組 五〇 松山市 今在家
〃 〃 居相 西組 四九 松山市 居相
〃 〃 北土居 千三木組 三四 松山市 北土居 千三木姓3件。2000年電話帳。
〃 〃 井門 井手中組 二〇 松山市 井門町 松山市に井手中姓3件。2000年電話帳。
〃 〃 和泉 一五 松山市 和泉北4丁目 明治43年帝国陸軍測量の1/50000地形図では現在の和泉北4丁目付近に原の表記がある。

260頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
温泉郡 石井村 東石井 東山 一三 農業 松山市 東石井
〃 久米村 来住 拂川 三六 一五三 日傭 松山市 来住町
〃 〃 〃 道安寺 一四 九二 松山市 来住町
〃 〃 北久米 沖台 一五 六七 松山市 北久米町 南久米町438-2に南久米沖台B遺跡がある。要検証。
〃 〃 〃 一五 八八 松山市 北久米町
〃 〃 福音寺 三九 松山市 福音寺町
〃 〃 高井 天神原 一三 松山市 高井町
〃 小野村 平井 向井 二四 一三二 日傭 松山市 平井町
〃 〃 〃 畑中 四五 養蚕 松山市 平井町
〃 〃 〃 今吉 四〇 果樹 松山市 平井町 今吉
〃 〃 水泥 野津後 一四 七六 行商 松山市 水泥町
〃 〃 南梅本 一四 七五 日傭 松山市 南梅本町
〃 北吉井村 志津川 前川 二一 九〇 東温市 志津川 東温市(旧:温泉郡北吉井村)に松本姓の者がいた[13]。松本姓6件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 有ノ木 二七 東温市 志津川
〃 〃 〃 梅反 三三 東温市 志津川
〃 〃 西岡 池ノ下 二七 一九四 東温市 西岡 字池の下 同地にあった全国水平社北吉井村西岡支部に岡本姓の者がいた[20]。西岡に岡本姓15件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 梅反 二八 東温市 西岡

261頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
温泉郡 南吉井村 田窪 下野組 四八 農業 東温市 田窪
〃 〃 牛渕 麻生分組 一四 九一 土木業 東温市 牛渕
〃 〃 南野田 永田組 三四 東温市 南野田
〃 荏原村 東方 北附組 四一 三一三 松山市 東方町
〃 〃 津吉 森田組 一二 一〇一 松山市 津吉町 森田姓14件。2000年電話帳。
〃 〃 上野 宮北組 三六 二二八 松山市 上野町 上野町、上野町甲に伊賀瀬姓9件。2000年電話帳。
〃 〃 上川原組 一五 九二 松山市 上川原町
〃 〃 西野 西組 五〇 松山市 西野町
〃 〃 裏原町 八塚組 四九 松山市 恵原町 八塚古墳群あり。
〃 坂本村 窪野 明蓮 一九 八三 日稼 松山市 窪野町 松山市に明蓮姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 本組 三八 松山市 窪野町 窪野町611に窪野本組集会所がある。
〃 〃 久谷 中組 三六 一八 松山市 久谷町 中組 久谷町812に坂本公民館久谷中組分館がある。
〃 〃 本組 一三 松山市 久谷町
〃 拝志村 上村 八番 一四 八六 東温市 上村
〃 〃 下林 西谷 一七 九八 東温市 下林 愛媛県初の水平社の支部は東温市(旧:温泉郡拝志村)に1923年4月18日に設立されており、水平社設立の中心人物に以下の姓の者がいた[21]。温泉郡水平社に植杉姓の水平運動家がいた[22]。上田(2人)、谷松(たにまつ。東温市が最多の稀姓)、松浪。下林、下林甲に谷松姓8件。下林甲に植杉姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 五反地 一六 一〇一 東温市 下林 字五反地
〃 南吉井村 北野田 前組 一〇 六一 東温市 北野田

262頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
温泉郡 拝志村 森ノ木 四七 農業 東温市 下林 字森ノ木
〃 〃 開發 一〇 七四 東温市 下林 字開発 東温市下林2465-4に開発集会所あり。
〃 川上村 北方 西古市 二八 一五五 日傭、労働 東温市 北方 北方3040に西古市集会所がある。
〃 〃 猪之窪 一〇 四六 東温市 北方 猪之窪集会所がある。
〃 〃 小川 二八 東温市 北方
〃 〃 南方 北八幡 一五 八五 東温市 南方 北八幡
〃 〃 高木 一四 七八 東温市 南方 字高木 南方に高木姓6件。2000年電話帳。
〃 〃 松瀬川 南組 三〇 東温市 松瀬川
越智郡 立花村 鳥生 大浜 七〇 三六五 藁細工 今治市 大浜町
〃 〃 浜ノ窪 一五 八二 今治市 東鳥生町の一部 明治43年帝国陸軍測量の1/50000地形図では現在の東鳥生町2丁目付近に浜ノ窪の表記がある。
〃 〃 八丁 一丁地 三九 一八五 今治市 朝倉下 一丁地
〃 〃 川原 四五 今治市 八町西 八町西2-655-1に八町川原公園がある。川原姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 郷 川原 一二 六〇 今治市 郷本町 川原姓1件。2000年電話帳。
〃 富田村 喜田村 新開 二五 一三九 日稼、藁細工 今治市 喜田村
〃 〃 上徳 長丁 一三 七九 藁細工 今治市 上徳 上徳1-4-56に長丁集会所あり。
〃 〃 高市 ナガレ 一〇 五四 養蚕 今治市 高市
〃 〃 町谷 伊谷ヶ窪 三〇 商業 養鶏 今治市 町谷

263頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
越智郡 富田村 町谷 オドロ 一八 農業 竹籠製造 今治市 町谷
〃 〃 高市 小黒 一六 藁細工 今治市 高市 字小黒
〃 〃 東村 小山 今治市 東村
〃 櫻井町 櫻井 沖浦 二四 一三二 土工 今治市 桜井 沖浦
〃 〃 向山 一七 九〇 養蚕 今治市 桜井
〃 〃 長澤 三ノ谷 二一 今治市 長沢 三ノ谷 三ノ谷のフリガナはサンノタニ。同地にある三谷姓はミタニ。長沢甲に10件、長沢に1件。2000年電話帳。
〃 〃 且 挟田 一六 今治市 旦 且は旦の誤記。
〃 〃 登畑 二三 養蚕 今治市 登畑
〃 〃 宮ヶ崎 地南 一〇 五一 今治市 宮ケ崎
〃 〃 国分 岸井 一七 九三 土工、石工 今治市 国分
〃 〃 古國分 法院ノ奥 今治市 古国分
〃 上朝倉村 朝倉上 清水 一八 一二三 今治市 朝倉上 朝倉上2465に清水・椎ノ木集会所あり。「越智郡朝倉村の竹田氏の伝聞として竹田系図をみた庄屋某が、『竹田一族は大変な家柄だ。若し系図が公けになったら俺達の方が頭を下げねばならない。』といってこの系図を持ち去ってしまったという」[5]。今治市(旧:越智郡朝倉村)の地区に関する記述。朝倉上甲に竹田姓16件。
〃 下朝倉村 朝倉下 下沖 一一 七〇 今治市 朝倉下 沖
〃 〃 古谷 尾ノ端 一五 今治市 古谷 古谷尾ノ端遺跡あり。今治市の部落解放同盟朝倉支部に後山(「うしろやま」か)姓の者がいた[23]。古谷甲に後山姓3件。2000年電話帳。
〃 〃 山口 三一 今治市 山口
〃 〃 北 白先 三〇 今治市 白先の位置は要調査。
〃 清水村 四村 人丸堂 四三 今治市 四村

264頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
越智郡 清水村 徳重 前沖 二一 一六四 農業 今治市 徳重
〃 〃 中寺 揚砂 二〇 一二一 今治市 中寺 バス停「揚砂」あり。
〃 〃 新谷 永山 三九 一九四 今治市 新谷
〃 〃 原崎 一〇 今治市 新谷
〃 鴨部村 八幡 新田  四一 製縄 今治市 玉川町八幡
〃 〃 高野 原添 二二 今治市 玉川町高野
〃 〃 小鴨部 矢野 一六 今治市 玉川町小鴨部 矢野姓4件。2000年電話帳。
〃 〃 別所 池尻 一五 今治市 玉川町別所 池尻姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 畑寺 ヒラキ 今治市 玉川町畑寺
〃 九和村 長谷 大下 二〇 一二四 今治市 玉川町長谷
〃 〃 鍋地 鍋地口 一〇 七三 今治市 玉川町鍋地
〃 〃 法界寺 丸山 二一 果物行商 今治市 玉川町法界寺
〃 〃 三反地 一〇 一〇 今治市 玉川町三反地
〃 日高村 高橋 多々羅 二六 一五三 今治市 高橋 多々羅
〃 〃 別名 實入 四二 今治市 別名 字実入
〃 〃 小泉 實入 二一 今治市 小泉
〃 〃 馬越 美津波志 三五 今治市 馬越町

265頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
越智郡 波止浜町 高部 砂田 一〇 五九 農業 塩田稼 今治市 高部 砂田
〃 〃 波土浜 一〇 今治市 波止浜
〃 波方村 樋口 平石 二六 八六 今治市 波方町樋口 甲 樋口甲1994-1に市営波方平石団地がある。
〃 〃 波方 西浦 五〇 今治市 波方町西浦
〃 乃万村 矢田 久瀬ヶ谷 一〇 六八 藁細工 今治市 矢田
〃 〃 神宮 下田 一四 八二 今治市 神宮 字下田
〃 〃 山路 高谷 二六 一〇 植木職 今治市 山路町
〃 〃 宅間 白石 二〇 今治市 宅間 白石姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 阿方 池佐古 二三 今治市 阿方
〃 〃 畑井田 日傭 今治市 阿方 字畑井田
〃 〃 山ノ間 農業 今治市 阿方 字山之間
〃 大井村 九王 九王 三二 一八七 今治市 大西町九王 今治市にあった全国水平社越智郡大井村九王支部に鴨崎姓の者がいた[13]。鴨崎姓21件。2000年電話帳。
〃 〃 新町 新町 三九 今治市 大西町新町
〃 小西村 陽 上打 四五 製縄、苗木商 今治市 大西町 陽、上打の位置は要調査。
〃 亀岡村 種 塩面 二三 一六三 漁撈 今治市 菊間町種 1937年、海岸沿いに太陽石油の製油所が作られ、1959年と1964年に火災事故が発生したため、1965年、今治市菊間町浜の同和住宅に集団移転[24]
〃 菊間町 濱 北浜 五二 二九四 仲仕、園藝 今治市 菊間町浜 北浜 今治市(旧:野田郡菊間町)で、町村議に当選した以下の姓の者がいた[23]。池田、貝崎(かいざき。今治市が最多の稀姓)、柏木、橋田(2人)、東本、藤原、松田、松本(2人)。菊間町浜に池田姓19件、東本姓9件、井手口姓5件、貝崎姓9件。2000年電話帳。
〃 〃 池原 業山 一〇 五五 今治市 菊間町池原 葉山

266頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
越智郡 渦浦村 椋名 丸山 一九 一一五 農業 今治市 吉海町椋名 同地で村議に当選した丸山姓の者が3人いた[23]。丸山姓15件。2000年電話帳。
〃 亀山村 大黒 三二 二二三 日傭 今治市 吉海町名 吉海町名にバス停「大黒」がある。池田姓30件。2000年電話帳。
〃 〃 六呂志 四二 今治市 吉海町本庄 六呂志
〃 〃 宇津呂 一五 一〇六 今治市 吉海町名
〃 〃 江越風毎 一〇 五〇 今治市 吉海町名 バス停「江越峠」あり。
〃 津倉村 仁江 養老 三九 一九二 今治市 吉海町仁江 今治市波方町に養老あり。要検証。
〃 〃 本庄 一〇 四九 今治市 吉海町本庄 吉海町本庄にバス停「扇」がある。
〃 〃 田沖 三〇 今治市 吉海町本庄
〃 大山村 福田 馬木 一九 一〇二 今治市 吉海町福田 同地で村議に当選した馬木姓の者がいた[23]。馬木姓7件。2000年電話帳。
〃 〃 早川 脇越 四一 今治市 宮窪町早川
〃 〃 余所国 長浜 一七 今治市 宮窪町余所国 宮窪町余所国にバス停「長浜」がある。
〃 〃 田浦 石材運搬 今治市 吉海町田浦
〃 宮窪村 宮窪 瀬元 三二 一六七 農業 船乗 今治市 宮窪町宮窪
〃 〃 太浦 甘崎 一四 一一〇 漁業、労働 今治市 上浦町甘崎
〃 西伯方村 北浦 竹田 四六 一九 塩田稼 今治市 伯方町北浦 竹田 今治市の伯方島には、屋島で敗れた平家の残党と伝える地区があった[23]。同地の別の地区には、安芸の守護大名だった武田氏の家臣だったとする伝承と1585年(天正13年)に豊臣秀吉の軍に敗れた周桑郡の武田氏の一族が逃れたとする伝承がある[23]。同地には武本姓の者がおり、武田の「武」を使用した姓か。伯方町北浦に武本姓6件。2000年電話帳。
〃 〃 小田小坂 三二 一四四 船乗 今治市 伯方町北浦
〃 〃 叫浦 尾鼻 二七 一〇八 船乗、日傭 今治市 伯方町叶浦

267頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
越智郡 西伯方村 伊方 伊方 一三 五四 農業 船乗、日傭 今治市 伯方町伊方
〃 東伯方村 木浦 尾詰 三四 一六二 日稼 今治市 伯方町木浦
〃 〃 尾浦 二二 一三二 今治市 伯方町木浦 甲 木浦甲4652に市営伯方尾浦団地がある。
〃 〃 大古江 二五 一一四 今治市 伯方町木浦 甲 木浦甲3944-1に市営伯方古江団地がある。
〃 〃 金崎 三五 今治市 伯方町木浦 金ヶ崎 伯方町木浦に金崎城(別名:金ヶ崎城)がある。
〃 〃 有津 道下 一六 一二一 今治市 伯方町有津 伯方町有津にバス停「道下」がある。
〃 〃 大作 六八 今治市 伯方町有津
〃 魚島村 取間 取間 四七 漁撈 農業 越智郡 上島町 魚島 取間
〃 〃 以羅以田 以羅以田 五九 越智郡 上島町 魚島 以羅以田
〃 弓削村 下弓削 二〇 九二 日稼 越智郡 上島町 弓削下弓削
〃 〃 上弓削 今出 一九 一〇三 農業 日稼 越智郡 上島町 弓削上弓削 弓削上弓削1859-4に今出集会所がある。
〃 〃 下弓削 引野 一八 七九 日稼 農業 越智郡 上島町 弓削引野
〃 〃 上弓削 田林 一七 八五 漁撈 農業、舟乗 越智郡 上島町 弓削久司浦 弓削久司浦549に田林集会所がある。
〃 〃 佐島 杵頭 一五 九四 農業 漁撈 越智郡 上島町 弓削佐島
〃 岩城村 三七 一九八 日稼 越智郡 上島町 岩城 谷
〃 〃 小漕 一六 八一 越智郡 上島町 岩城 小漕
〃 〃 長江 三四 越智郡 上島町 岩城 長江

268頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
越智郡 瀬戸崎村 瀬戸 出走 二一 一二七 農業 今治市 上浦町瀬戸 上浦町瀬戸にバス停「出走」がある。藤友姓8件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 八服 六七 今治市 上浦町瀬戸 八服の位置は要調査。
〃 〃 甘崎 鶴差 二九 今治市 上浦町甘崎
〃 盛口村 井口 胡ヶ浜 二八 一六五 藁細工 今治市 上浦町井口 井ノ口ともいう[25]。「浜辺に住故、浜側或は浜の者杯と言。依て此度苗字を浜田、浜脇と言。三十郎は河野と言。外弐軒岡田と云」[26]。今治市の大三島と付近の島嶼での明治新姓に関する宮大工の『藤井此蔵一生記』での記述。浜田姓6件、浜脇姓11件。2000年電話帳。
〃 〃 盛 宮ノ下 二九 一二二 今治市 上浦町盛
〃 鏡村 肥海 一四 八八 今治市 大三島町肥海
〃 宮浦村 宮浦 一〇 七三 船乗 農業 今治市 大三島町宮浦
〃 〃 台 四三 今治市 大三島町台
〃 岡山村 野々江 笠松 二五 一六四 農業 船乗 今治市 大三島町野々江
〃 〃 七ノ坂 一七 一一二 今治市 大三島町野々江
〃 〃 口總 下ノ總 一五 八三 今治市 大三島町口総
〃 〃 宗方 藤ノ木 一五 六五 今治市 大三島町宗方
〃 〃 水谷 一〇 三五 今治市 大三島町宗方
周桑郡 丹原町 池田 明田 一〇 七六 農業 西条市 丹原町池田 明田姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 今井 一〇 五三 竹細工 西条市 丹原町今井
〃 〃 願連寺 久保 三〇 西条市 丹原町願連寺
〃 田野村 田野上方 松原 四二 農業 養蚕 西条市 丹原町田野上方 松原姓9件。2000年電話帳。

269頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
周桑郡 田野村 田野上方 福原 一〇 五九 農業 養蚕 西条市 丹原町田野上方 福原姓4件。2000年電話帳。
〃 〃 北田野 八反地 一五 六一 藁細工、行商 西条市 丹原町北田野 八反地
〃 〃 高松 三谷 一一 六二 西条市 丹原町高松 三谷
〃 〃 川根 川根 荷馬車 西条市 丹原町川根
〃 石根村 大頭 森ノ木 一三 西条市 小松町大頭
〃 周布村 吉田 本松寺 三三 藁細工 西条市 吉田
〃 吉井村 玉之江 前川 一八 九七 日稼、農業 西条市 玉之江
〃 〃 今在家 海田 二五 農業 西条市 今在家
〃 〃 廣江 北塚 二四 漁業  農業 西条市 広江
〃 多賀村 北條 本松寺 一四 九〇 農業 叭製造 西条市 北条 本松寺
〃 〃 〃 新田 一〇 五五 漁業 西条市 北条 北条新田
〃 〃 三津屋 松ヶ鼻 四九 叭製造 西条市 三津屋
〃 壬生川町 壬生川 漁業 西条市 壬生川 浜 全水の矢野一義は壬生川から出た(ただし小字は不明)。壬生川全体で矢野姓49件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 通庵 西条市 壬生川 通庵 同上。
〃 國安村 國安 国安 二一 一二九 日稼、農業 日稼 西条市 国安
〃 〃 新市 新市 一〇 七四 農業 西条市 新市
〃 〃 高田 高田 五六 西条市 高田

270頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
周桑郡 三芳村 周キ 一〇 六四 農業 養蚕、叭織 西条市 三芳
〃 〃 藤原 二一 日稼 西条市 三芳 藤原姓14件。2000年電話帳。
〃 〃 新開 一七 西条市 三芳
〃 〃 苅屋 一二 西条市 三芳
〃 〃 桑ヶ内 肉販賣 西条市 三芳
〃 楠河村 楠 窪屋敷 一一 七〇 農業 日傭 西条市 楠 窪屋敷の位置は要調査。
〃 〃 〃 眞箸 一六 西条市 楠
〃 〃 〃 南新開 三〇 西条市 楠
〃 〃 〃 池ノ谷 西条市 楠
〃 〃 河原津 前飛 西条市 河原津 河原津甲251-1に河原津集会所がある。前飛の位置は要調査。
〃 〃 〃 新開浜 三〇 西条市 河原津
〃 〃 〃 鶴ヶ巣 西条市 河原津
〃 〃 〃 表犬山 一〇 西条市 河原津
〃 〃 〃 蔵ノ上 西条市 河原津
〃 庄内村 且之上 山田 一三 六〇 商工業 西条市 旦之上 上山田 且之上は旦之上の誤記。
〃 〃 〃 院内 三〇 西条市 旦之上 同上。
〃 〃 〃 宮之内 商業 西条市 旦之上 同上。

271頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
周桑郡 吉岡村 上市 的場 一〇 農業 養蚕 西条市 上市 甲 上市甲222-1ほかに的場遺跡がある。
〃 〃 廣岡 花野 二二 西条市 広岡 甲 広岡甲133ほかに花野遺跡がある。
〃 〃 安用出作 中下 一七 西条市 安用出作
〃 徳田村 石田 石田 四三 藁細工 西条市 石田
〃 〃 徳能 徳能 二七 僧侶、農業 西条市 丹原町徳能
新居郡 西條町 大川 下小川 三二 一九七 屑物商 小作 西条市 大町 西条市(旧:新居郡西条町)に笹井姓の者がいた[13]。大町に川口姓12件。笹井姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 上小川 二二 一四〇 農、商 西条市 大町
〃 〃 玉津 米原 四〇 屑物商 西条市 玉津
〃 〃 翔日市 秋吉 三二 西条市 朔日市 秋吉
〃 大島村 宮ノ谷 三四 二二九 漁業 農業 新居浜市 大島 宮ノ谷 新居浜市(旧:新居郡大島村)に中山姓の者がいた[13]。中山姓29件。2000年電話帳。
〃 泉川村 高須 四〇〇 二〇〇〇 農業 呉服雑貨、行商 新居浜市 瀬戸町 瀬戸町12-34に泉川公民館がある。新居浜市(旧:新居郡泉川村)に大原姓の者がいた[13]。同地に以下の姓の者がいた[27]。沢田、西本。部落の規模の大きさや姓の分布からして高須地区は現在の新居浜市寿町を含む可能性あり。
〃 飯岡村 山元 山元 二六 一五五 西条市 飯岡 山本 松山市水平社に以下の姓の者がいた[28]。川添、山台(やまだい。他に読みあり。西条市が最多の稀姓。山臺という新聞記事での旧字表記では、岡山県1戸、神奈川県1戸のみ)。山台姓1件。2000年電話帳。
〃 神戸村 中野 山ノ下 一八 一二一 行商 農業 西条市 中野甲 山の下 「其の部落民は皆N姓である。若しN姓でない者があれば、それは土着の部落民でなくて、必ず他の地から流れて來たものである。そして同じ部落内でも、N姓でない者はN姓の者とは一段低く見られて居た。此のN姓の者の素姓は如何、又何時から此所に住む樣になったかの等の事は、今問ふ所ではない。私は是が研究を發表して居るのではない」[29]。隣りはO村、国道が貫通している、通称は山の下と明記していることから、O村は新居郡大保木村で、西条市(旧:新居郡神戸村)の地区のこととわかる。N姓は中須姓のこと[30]。中野甲に中須姓4件。2000年電話帳。
〃 氷見町 西ノ原 四一 一九六 日稼 藁細工 西条市 氷見乙 西の原 氷見乙に亀井姓6件、松田姓11件。2000年電話帳。全水の活動家に亀井清一[31]、松田清次郎あり[32]
宇摩郡 川之江町 大江 大江 四七 漁、商 農業 四国中央市 川之江町 大江
〃 〃 長城 東町 四九 二一三 農業 漁業 四国中央市 川之江町 字長磯
〃 上分町 西川原 六五 二七七 藁細工 四国中央市 上分町 西川原

272頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
宇摩郡 川滝村 下山 谷川 三八 薪伐採 藁細工 四国中央市 川滝町下山
〃 上山村 内野 内野 一〇 農業 四国中央市 新宮町上山 内野
〃 〃 嵯峨野 嵯峨野 三六 四国中央市 新宮町上山 嵯峨野
〃 新立村 馬立 長瀬 三五 行商 四国中央市 新宮町馬立 長瀬
〃 〃 新瀬川 千原 二七 四国中央市 新宮町新瀬川
〃 〃 新宮 新宮 一五 籠細工 四国中央市 新宮町新宮
〃 〃 馬立 川渕 行商 四国中央市 新宮町馬立 川渕
〃 妻鳥村 中ノ町 三四 一五四 行商 藁細工 四国中央市 妻鳥町 中之町 妻鳥町に芦辺姓6件。2000年電話帳。
〃 〃 浜田 八七 漁業 農業 四国中央市 妻鳥町 浜田
〃 松柏村 村松 大曽 三一 一八一 農業 行商 四国中央市 村松町
〃 三島町 立石 立石 六八 三三五 藁細工、行商 四国中央市 三島朝日
〃 〃 八幡 八幡 六五 三二〇 四国中央市 三島朝日 八幡姓4件、西川姓12件。2000年電話帳。全水の西川松吉の出身地区。
〃 豊岡村 長田 遠長 二一 藁細工 日傭 四国中央市 豊岡町長田
〃 野田村 東宮 三六 二〇〇 漁業 農業 四国中央市 土居町野田 東宮
〃 津根村 樋ノ口 五四 二二一 漁業、商業 藁細工 四国中央市 土居町津根 樋の口
〃 小富士村 中村 梅ヶ町 三一 一八三 日稼 四国中央市 土居町中村 梅ケ町
〃 天満村 東天満 八五 四一一 農業 四国中央市 土居町天満 東天満 「宇摩郡天満村字○○○と称する特殊部落は戸数九十余戸ありお定りの細民揃にして常に藁仕事をなし、僅かに糊口を凌ぎ居れるものなるが、其苗字を聞けば中々振るつたものにて小西(行長)織田(信長)大岡(越前守)中村(豊臣秀吉の生地を付く)山田(長政)橋本(左内)原(郷右衛門)岩崎(弥之助)等昔の英雄豪傑と同様の姓を用ひしもの多し、当時苗字を許されし折、時の庄屋組頭内寄りて我子に名を付ける如く、古来の武勇者、若くは近世名士の苗字を勝手気儘に冠せしに創ると云ふ」[5]。『海南新聞 1912年2月25日号』の「特殊民の苗字 英雄豪傑大金持ちと同姓」と題した記事。

273頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
上浮穴郡 明神村 天明神 天丸川 一二 五九 農業 日稼 上浮穴郡 久万高原町 西明神
〃 〃 入野 天丸川 二八 一三七 上浮穴郡 久万高原町 入野
〃 〃 塩塚 一九 九四 上浮穴郡 久万高原町 入野
〃 中津村 黒藤川 長崎 一四 七三 上浮穴郡 久万高原町 黒藤川
〃 〃 リヤウシ谷 二八 一一 上浮穴郡 久万高原町 中津 久万高原町にはリョウシ谷という地名が現存する[33]
〃 〃 久主 イカナズ 二八 藁細工 上浮穴郡 久万高原町 中津 字久主
〃 父二峯村 露峰 中組 一六 五六 上浮穴郡 久万高原町 露峰
〃 参川村 本川 下舟戸 一七 七〇 喜多郡 内子町 本川 船戸 喜多郡内子町の部落解放同盟小田支部に以下の姓の者がいた[23]。上山、高岡、竹内(3人)、林、福森、藤田、松本、桃山(ももやま。熊本県熊本市が最多の稀姓)、米澤。本川に福森姓8件、桃山姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 中舟戸 一七 七八 喜多郡 内子町 本川 船戸
〃 〃 上川 畦ノ鼻 一九 七九 喜多郡 内子町 上川
〃 〃 中川 落ノ元 一五 七一 喜多郡 内子町 中川
〃 浮穴村 小屋 松久保 一七 九〇 西予市 野村町小松 1975年1月1日に小屋から小松に改称。松久保姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 北平 名場連 四〇 大洲市 河辺町河都 河辺町河都に名場連集会所がある。
〃 〃 川上 川上 二八 大洲市 田処 田処1516に川上集会所がある。
伊豫郡 原町村 川井 頭ノ向 二六 一三五 果樹栽培 伊予郡 砥部町 川井 頭ノ向 運動団体の統一の際に県が人選した伊予郡砥部町の泉本姓の者がいた[23]。川井に泉本姓3件。2000年電話帳。
〃 〃 麻生 上ノ段 一五 七七 伊予郡 砥部町 麻生
〃 〃 重光 一一 六〇 伊予郡 砥部町 重光

274頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
伊豫郡 砥部町 大南 射場 二九 二一一 農、日稼 伊予郡 砥部町 北川毛 北川毛543に射場集会所がある。射場姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 梅ノ峠 一〇 五三 日稼 伊予郡 砥部町 大南
〃 廣田村 總津 神ノ杜 四一 農、商 皮ハギ、馬車挽 伊予郡 砥部町 総津
〃 〃 谷ノ奥 四七 〃 〃 伊予郡 砥部町 総津
〃 〃 河口 二〇 〃 〃 伊予郡 砥部町 総津
〃 〃 高市 鴨滝 一六 農業 牛馬商 伊予郡 砥部町 高市
〃 〃 本村 二四 伊予郡 砥部町 高市 本村
〃 中山町 出渕 門前 四〇 〃、日傭 伊予市 中山町出渕 門前
〃 〃 豫谷 一〇 伊予市 中山町出渕 橡谷 豫谷は橡谷の誤記。
〃 〃 福岡 一〇 伊予市 中山町出渕 福岡
〃 〃 豊岡 二〇 日傭 伊予市 中山町出渕 豊岡一
〃 〃 中山 福住 三四 伊予市 中山町中山 福住
〃 〃 重藤 三〇 牛馬商、日傭 伊予市 中山町中山 重藤
〃 〃 福元 伊予市 中山町中山 福元
〃 下灘村 大久保 石窪 日稼 伊予市 双海町大久保 石の久保
〃 〃 日喰 伊予市 双海町大久保 日喰
〃 〃 串 上浜 二二 伊予市 双海町串 上浜

275頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
伊豫郡 下灘村 串 本村 四二 農業 漁撈 伊予市 双海町串 本村
〃 〃 〃 富貴 一三 七八 伊予市 双海町串 富貴
〃 上灘村 上灘 城之下 六五 三八四 日傭 伊予市 双海町上灘 城ノ下
〃 〃 高岸 塩屋 一五 八二 〃、船乗業 伊予市 双海町高岸 塩屋
〃 〃 高野川 原組 四七 日傭 伊予市 双海町高野川 原
〃 佐禮谷村 障子ヶ谷 一一 五三 日稼 農業 伊予市 中山町佐礼谷 障子ケ谷
〃 南山崎村 大平 下片山 一八 一三〇 農業 竹箒 伊予市 大平 下片山 運動団体の統一の際に県が人選した伊予市の弓岡姓の者がいた[23]。弓岡(ゆみおか)は兵庫県姫路市が最多の稀姓。大平に弓岡姓4件。2000年電話帳。
〃 北山崎村 市場 大道寺 五四 日傭 伊予市 市場 大道寺 弓岡姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 三秋 針木 四二 伊予市 三秋
〃 〃 中村 明音寺 一二 伊予市 中村 字明音寺
〃 〃 森 上山 四三 二四七 日稼 農、漁業 伊予市 森 上山 山先姓13件。2000年電話帳。
〃 〃 本郡 濱組 二九 一二八 農業 日傭、漁業 伊予市 本郡
〃 〃 尾崎 横手 二二 一二七 伊予市 尾崎
〃 郡中村 下吾川 北西原 一八 九三 伊予市 下吾川 字北西原
〃 〃 〃 南西原 一三 六五 伊予市 下吾川 南西原
〃 〃 米港 大下 二二 八九 日稼 伊予市 米湊 字大下
〃 〃 上吾川 八反地 二八 伊予市 上吾川

276頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
伊豫郡 南伊豫村 八倉 五三 農業 伊予市 八倉
〃 〃 宮下 音地 四二 伊予市 宮下 音地
〃 〃 〃 二六 伊予市 宮下
〃 〃 〃 権現山 三六 伊予市 宮下
〃 〃 〃 米岡 伊予市 宮下
〃 〃 上野 川裾 一三 伊予市 上野 川裾姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 畠中 一二 伊予市 上野 畠中姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 東原 日傭 伊予市 上野
〃 〃 上三谷 平松北組 一〇 五八 農業 伊予市 上三谷
〃 〃 下三谷 保田 四〇 伊予市 下三谷
〃 〃 〃 北口田 三四 伊予市 下三谷
〃 〃 〃 田中 伊予市 下三谷
〃 北伊豫村 徳丸 下組 一四 七一 伊予郡 松前町 徳丸
〃 〃 出作 南台組 伊予郡 松前町 出作
〃 〃 〃 北台組 三五 伊予郡 松前町 出作
〃 〃 神崎 横町組 二〇 一三四 伊予郡 松前町 神崎
〃 〃 鶴吉 加佐組 伊予郡 松前町 鶴吉

277頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
伊豫郡 北伊豫村 横田 土手南西組 農業 伊予郡 松前町 横田
〃 〃 大溝 土手下組 三五 伊予郡 松前町 大溝
〃 〃 永田 西組 四〇 伊予郡 松前町 永田
〃 岡田村 大間 永田 四三 藁細工、日傭稼 伊予郡 松前町 大間
〃 〃 〃 四〇 伊予郡 松前町 大間
〃 〃 上高柳 新田 四七 伊予郡 松前町 上高柳
〃 〃 昌農内 東林寺 一四 八四 伊予郡 松前町 昌農内 東林寺
〃 〃 西高柳 土手元 一〇 五九 伊予郡 松前町 西高柳
〃 〃 西古泉 早崎 伊予郡 松前町 西古泉
〃 〃 北川原 下組 一四 七二 伊予郡 松前町 北川原
〃 〃 塩屋 北屋敷 一三 七五 伊予郡 松前町 北川原 塩屋
〃 松前町 筒井 殿町 一四 一〇一 藁細工 伊予郡 松前町 筒井 殿町
〃 〃 〃 義農 三四 伊予郡 松前町 筒井 義農通り 筒井に義農姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 早崎 一二 六七 伊予郡 松前町 筒井 早崎姓4件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 原組 一二 七一 伊予郡 松前町 筒井
〃 〃 北黒田 西組 伊予郡 松前町 北黒田
〃 〃 〃 原組 一四 八九 伊予郡 松前町 北黒田

278頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
喜多郡 大洲町 田口 石田口 五四 二七〇 農業 大洲市 田口
〃 〃 高山 奥深井 三一 一五五 大洲市 高山
〃 〃 西大洲 山辺 三三 一六五 農、商 大洲市 西大洲
〃 〃 五郎 田渕 二九 一五四 農業 大洲市 五郎
〃 〃 中村 本誓寺 二六 一三〇 大洲市 中村
〃 〃 徳森 野久保 二二 一一〇 大洲市 徳森 字野久保 徳森に野久保姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 阿蔵 深井 三五 農、商 大洲市 阿蔵 深井姓3件。2000年電話帳。
〃 〃 市木 平坂 二〇 一〇〇 農業 大洲市 市木
〃 〃 柚木 亀山 三〇 大洲市 柚木 亀山姓1件。2000年電話帳。
〃 平野村 平地 富栄 七六 日稼 大洲市 平野町平地
〃 〃 〃 廣岡 一〇 五四 大洲市 平野町平地
〃 〃 野田 東大下 一四 七九 大洲市 平野町野田
〃 南久米村 北只 花瀬 一四 六〇 藁細工 大洲市 北只
〃 〃 松尾 下松尾 六六 三一八 大洲市 松尾
〃 〃 梅川 谷内 一四 五五 大洲市 梅川
〃 菅田村 菅田 上東 一五 九九 日稼 大洲市 菅田町菅田
〃 〃 〃 上町 一一 五八 大洲市 菅田町菅田

279頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
喜田郡 菅田村 菅田 中東 五六 農業 日傭 大洲市 菅田町菅田
〃 〃 宇津 池田 二五 一一〇 大洲市 菅田町宇津
〃 大川村 蔵川 引地 一八 大洲市 蔵川
〃 〃 森山 八河 一四 大洲市 森山
〃 〃 〃 小倉川 三三 大洲市 森山
〃 〃 〃 峠野 大洲市 森山
〃 〃 成能 大地原 大洲市 成能 字大地原
〃 大谷村 谷内 一一 四八 木炭製造 大洲市 肱川町大谷
〃 宇和川村 名荷台 山首 五五 大洲市 肱川町名荷谷
〃 〃 宇和川 アセブ 六六 四〇 大洲市 肱川町宇和川
〃 河辺村 山鳥坂 小屋畦 一六 九〇 土工、牛馬商 大洲市 肱川町山鳥坂
〃 〃 大成 牛馬商 大洲市 肱川町山鳥坂
〃 御祓村 北表 一六 六三 喜多郡 内子町 北表 谷
〃 〃 只海 成内 三二 喜多郡 内子町 只海 成内
〃 天神村 平岡 柿原 四〇 喜多郡 内子町 平岡 柿原
〃 五十崎町 古田 宝寺 二〇 八九 日稼 農業 喜多郡 内子町 五十崎 古田
〃 〃 〃 一五 六〇 喜多郡 内子町 五十崎 古田

280頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
喜田郡 五十崎町 古田 鳥越 二九 日稼 農業 喜多郡 内子町 五十崎 鳥越
〃 〃 〃 古田 一三 喜多郡 内子町 五十崎 古田
〃 〃 〃 下町 喜多郡 内子町 五十崎 下町
〃 〃 大久喜 山王 一三 五一 喜多郡 内子町 大久喜
〃 〃 〃 大久喜 農業 喜多郡 内子町 大久喜
〃 内子町 内子 鳥越 四二 藁細工 喜多郡 内子町 五十崎 鳥越
〃 〃 〃 三五 喜多郡 内子町
〃 五城村 城廻 四六 二二八 日稼 喜多郡 内子町 城廻 運動団体の統一の際に県が人選した喜多郡内子町の飾姓の者がいた[23]。飾(かざり)は富山県が最多の稀姓。飾姓2件。2000年電話帳。
〃 大瀬村 丙成 一八 一一〇 林業 喜多郡 内子町 大瀬を冠する町名は複数あり。要検証。大瀬中央に乙成という小字はある。
〃 〃 喜田村 一〇 五五 喜多郡 内子町 大瀬南 喜田村
〃 満穂村 石畳 大久保 一四 五二 日傭 喜多郡 内子町 石畳
〃 新谷村 新谷 伏折 六二 二八五 大洲市 新谷 松本零士は両親が大洲市出身で、みずからも大洲市新谷に疎開していた。松本家が部落か一般かは不明。
〃 〃 〃 堂成 六二 二四 大洲市 新谷
〃 〃 喜田山 長谷 一〇 五三 大洲市 長谷
〃 三善村 東宇山 稗田 一〇 四七 商業 大洲市 東宇山
〃 〃 〃 北ヶ谷 一〇 四八 大洲市 春賀 春賀に大洲市北ヶ谷集会所がある。
〃 〃 〃 深部 一一 大洲市 春賀 『角川日本地名大辞典』の小字一覧に春賀の小字として深部が記載。深部姓2件。2000年電話帳。

281頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
喜多郡 三善村 春賀 和田 四六 農業 商業 大洲市 春賀 春賀甲1616-5に大洲市和田集会所がある。和田姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 多田 川末 二〇 大洲市 多田
〃 粟津村 八多喜 清水 三四 日稼 大洲市 八多喜町 清水
〃 〃 〃 八多浪 竹賣買 大洲市 八多喜町 八多喜町2986-2に八多浪集会所がある。
〃 〃 〃 伊州子 一四 漁業 大洲市 八多喜町 八多喜町3171-3に伊州子集会所がある。
〃 〃 〃 湯之子 日稼 大洲市 米津 米津にバス停「湯の子」がある。
〃 〃 米津 池ノ下 一六 八七 大洲市 米津
〃 〃 〃 大田石 二九 大洲市 米津
〃 〃 平成 本村 大洲市 豊茂 豊茂に本村集会所がある。
〃 上須戒村 日野 一二 五一 大洲市 上須戒
〃 白瀧村 柴 小谷 三〇 一二〇 日稼 大洲市 柴
〃 〃 戒川 本郷 一五 農業 大洲市 戒川
〃 大和村 上老松 除ヶ谷 一〇 四七 藁細工 大洲市 長浜町上老松
〃 〃 下須戒 新造替地 二五 一三〇 大洲市 長浜町下須戒 長浜町下須戒に新造替地集会所がある。
〃 〃 豊茂 駄場 一一 五八 大洲市 豊茂
〃 出海村 四三 一八二 漁業 大洲市 長浜町出海
〃 櫛生村 櫛生 高峰 六七 四〇二 農業 大洲市 長浜町櫛生 角坂姓2件。2000年電話帳。

282頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
喜多郡 櫛生村 須澤 一五 一〇〇 農業 漁業 大洲市 長浜町須沢
〃 〃 〃 萩之窪 一二 大洲市 長浜町須沢
〃 長浜町 長浜 水場 四五 二一六 漁業 農業、日稼 大洲市 長浜
〃 〃 〃 中ノ浜 二三 一二八 行商、日稼 大洲市 長浜
〃 〃 〃 港町 八九 四三六 商業、日稼 大洲市 長浜
〃 〃 仁久 磯崎 二四 一二九 仲仕 大洲市 長浜町仁久 字磯崎
〃 喜多灘村 今坊 大谷 一五 七六 漁業 大洲市 長浜町今坊
〃 〃 〃 洲尾 一六 一三〇 大洲市 長浜町今坊 字洲尾 今坊に洲尾姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 黒田 大屋 一九 一〇一 大洲市 長浜町黒田
〃 〃 〃 水場 一八 大洲市 長浜町黒田
西宇和郡 三瓶町 津布理 脇ノ前 二一 一〇二 日傭 草履造 西予市 三瓶町津布理
〃 三島村 藏貫林 アズカタニ 二六 一六二 農業 日傭 西予市 三瓶町蔵貫
〃 〃 皆江 コオラ 八九 四二 漁業 西予市 三瓶町皆江
〃 二木生村 垣生 四四 行商 農業 西予市 三瓶町垣生 戸数が四四で人口が八は誤記の可能性。垣生、垣生甲に玉好姓4件。2000年電話帳。
〃 喜須来村 喜木 表町 一一 農業 竹細工 八幡浜市 保内町喜木
〃 〃 須川 新川 日稼 八幡浜市 保内町須川
〃 日土村 四番耕地 下川原 三二 一六〇 行商 八幡浜市 日土町 4番耕地

283頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
西宇和郡 川之石町 西町 西町 七三 三六五 漁業 農業 八幡浜市 保内町川之石 泉口姓6件。2000年電話帳。
〃 〃 雨井町 雨井崎 八幡浜市 保内町川之石 保内町川之石にバス停「雨井」がある。雨崎姓3件。2000年電話帳。
〃 宮内村 大竹 八八 三九一 農業 日稼 八幡浜市 保内町宮内 宮内1-437などに大竹市営住宅がある。大竹姓2件、金個姓7件。2000年電話帳。
〃 磯津村 磯崎 小道 三一 一四三 漁業 農業 八幡浜市 保内町磯崎
〃 伊方村 湊浦 込山 三六 一三八 西宇和郡 伊方町 湊浦 込山 湊浦に込山姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 川永田 白子谷 七四 三四一 西宇和郡 伊方町 川永田
〃 町見村 九町 下向 一〇〇 四二〇 農業 日稼 西宇和郡 伊方町 九町 「鷹神氏の直系の子孫と称するは今、浪下氏を称して他の部落の人は向居に移って居るが、たゞ一戸須賀の『スガザキ』に住して墓標を守ってゐる」「なほ鷹神氏が之れに漂着したことについて部落の人は、天皇陛下の御命により賊を討つ為西海に降られたのであるといひ伝ヘ、県から調べに来られて身分の高い方であるとしたともいふてゐる」[5]。同地に関する記述。浪下(なみした)は西宇和郡伊方町が最多の稀姓。下向姓10件、浪下姓11件。2000年電話帳。
〃 三机村 三机 上倉 八三 三五六 農、日傭 漁、草履造 西宇和郡 伊方町 三机 上倉
〃 〃 〃 佐市 四四 二〇一 漁、農 西宇和郡 伊方町 三机 佐市
〃 〃 〃 松ノ濱 三五 一五八 漁業 農業 西宇和郡 伊方町 三机 松之浜
〃 〃 〃 高浦 一三 五四 西宇和郡 伊方町 三机 高浦
〃 〃 〃 小振 二七 西宇和郡 伊方町 三机 小振
〃 四ッ浜村 田部 田部 二六 一三七 農業 漁業 西宇和郡 伊方町 田部
〃 神松名村 二名津 二三 一二二 漁、農 日傭、草履造 西宇和郡 伊方町 二名津
〃 〃 〃 砂田 一二 七八 西宇和郡 伊方町 二名津 二名津443に町営砂田団地がある。
〃 三崎村 三崎 中尾 五二 二五〇 農業 藁細工 西宇和郡 伊方町 三崎 中尾
〃 〃 〃 川之元 二八 一三二 西宇和郡 伊方町 三崎 川之元

284頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
西宇和郡 三崎村 三崎 蠑螺碆 一七 七六 農業 藁細工 西宇和郡 伊方町 三崎
〃 〃 〃 影ノ平 三五 三〇 西宇和郡 伊方町 三崎
東宇和郡 多田村 東多田 虻尻 二二 一三一 日傭 西予市 宇和町東多田
〃 〃 〃 六二 西予市 宇和町東多田
〃 〃 岡山 三九 西予市 宇和町岡山
〃 〃 伊延 遅ノ川 三三 西予市 宇和町伊延
〃 中川村 坂戸 牛石 一二 六八 西予市 宇和町坂戸
〃 〃 大江 二三 西予市 宇和町大江
〃 〃 加茂 カンナル 一五 西予市 宇和町加茂
〃 石城村 小原 澤津 三九 土工 農業 西予市 宇和町小原
〃 〃 岩木 山崎 二七 農業 藁細工 西予市 宇和町岩木
〃 〃 山田 和田 二二 九六 西予市 宇和町山田
〃 〃 〃 仁土 二九 木炭製造 西予市 宇和町山田 宇和町山田5044に仁土集会所がある。
〃 宇和町 野田 野田 一五 日稼 日傭 西予市 宇和町野田
〃 〃 卯之町 向山 西予市 宇和町卯之町
〃 下宇和村 稲生 稲生 一三 九六 農業 藁細工 西予市 宇和町稲生
〃 田之筋村 白髭 一一 西予市 野村町白髭

285頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
東宇和郡 田之筋村 松渓 農業 西予市 野村町松渓
〃 〃 四郎吉 西予市 野村町四郎谷 四郎吉は四郎谷の誤記。
〃 中筋村 高瀬 迫谷 二九 日傭 西予市 野村町高瀬
〃 〃 富野川 藤ノ原 四二 西予市 野村町富野川
〃 〃 平野 柳ヶ峠 西予市 野村町平野
〃 横林村 坂石 長谷 五二 二六五 日傭 農業 西予市 野村町長谷
〃 惣川村 奈良野 奈良野 一二 六九 農業 日傭 西予市 野村町予子林 野村町予子林に奈良野集会所がある。
〃 〃 知野 三一 西予市 野村町舟戸 野村町舟戸にバス停「知野」がある。
〃 〃 一四 西予市 野村町舟戸 野村町舟戸にバス停「台組」がある。
〃 遊子川村 遊谷 平岩 二五 藁細工 日傭 西予市 城川町遊子谷
〃 〃 野井川 重谷 西予市 城川町野井川
〃 土居村 窪野 滝花 二三 竹細工 農業 西予市 城川町窪野
〃 〃 嘉喜尾 ジャボリ 三四 西予市 城川町嘉喜尾
〃 〃 古市 伏越 日傭 西予市 城川町古市
〃 高川村 高野子 山ノ奥 一四 農業 日傭、草履作 西予市 城川町高野子
〃 魚成村 魚成 関ヶ平 四〇 西予市 城川町魚成 弾左衛門の別名の藤原頼兼から明治新姓で頼兼姓として1922年に井本姓、川添姓、山本姓に改姓。
〃 〃 〃 一一 西予市 城川町魚成

286頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
東宇和郡 野村町 野村 三二 一三二 農業 日傭、草履造 西予市 野村町野村 野村町野村に西予市峯集会所がある。同地に以下の姓の者がいた[34]。池田、岩本(2人)、宇都宮、大久保、岡田、近藤、清水、田中(5人)、田渕、中村、峰岡(みねおか。愛媛県が最多の稀姓)、峰山(みねやま。岡山県小田郡矢掛町が最多の稀姓)、山崎、山下、山脇。
〃 玉津村 法花津 與村井 四六 日傭 宇和島市 吉田町法花津
〃 高山村 宮野浦 中浦 一六 九九 農業 宇和島市 吉田町奥浦 吉田町奥浦甲210-5に中浦集会所がある。
〃 〃 本浦 小浦 五一 宇和島市 戸島 戸島2065-1に本浦集会所がある。
北宇和郡 立間尻村 立間尻 君ヶ浦 五六 三三六 農業 日傭 宇和島市 吉田町立間尻 小君ヶ浦 宇和島市(旧:北宇和郡立間尻村)の頭は、渡辺姓を名乗っており、16、17代前に来住したと伝える[35]
〃 成妙村 黒井地 源蔵 一二 八八 宇和島市 三間町黒井地
〃 〃 大藤 大藤 三六 宇和島市 三間町大藤
〃 三間村 務田 栗ヶ谷 二五 一七〇 宇和島市 三間町務田 栗ケ谷
〃 〃 迫目 迫目 四五 宇和島市 三間町迫目
〃 二名村 浪岡 久保 一八 一〇八 日傭 農業 宇和島市 三間町波岡
〃 好藤村 内深田 小坂 二一 二〇一 北宇和郡 鬼北町 内深田 内深田845に小坂集会所がある。北宇和郡鬼北町(旧:北宇和郡好藤村)の深田地区では元禄、宝永の頃に大洲から以下の者が来住し、それぞれ下記の姓を名乗ったとする[36]。六之丞→坂本、四郎兵衛→出淵(いずぶち。他に読みあり。出淵・出渕ともに稀姓。出渕は香川県坂出市が最多)。
〃 愛治村 大宿 大峰 二三 農業 履物製造 北宇和郡 鬼北町 大宿 大峰姓3件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 作道 三二 二一 北宇和郡 鬼北町 大宿 作道姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 清水 三瀬谷 一七〇 馬車挽、鶏肉 北宇和郡 鬼北町 清水
〃 〃 西野々 柚ノ木川 一三二 農業 北宇和郡 鬼北町 西野々
〃 三島村 廣見 二一 一二五 日傭 北宇和郡 鬼北町 広見 広見900に畦集会所がある。
〃 〃 〃 三八 北宇和郡 鬼北町 広見 広見454に轟集会所がある。

287頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
北宇和郡 日吉村 上大野 堀切 一五 一〇二 農業 藁細工 北宇和郡 鬼北町 上大野
〃 〃 上鍵山 黒川 四三 北宇和郡 鬼北町 上鍵山
〃 明治村 豊岡 毛田ノ川 七三 三七二 運搬業 北宇和郡 松野町 豊岡
〃 〃 松丸 向松丸 三五 一七五 北宇和郡 松野町 松丸
〃 旭村 近永 下駄馬 五〇 三一〇 北宇和郡 鬼北町 近永
〃 来村 川内 裡田 一六二 七〇九 〃、日傭 草履製造 宇和島市 川内 甲 川内甲670に本川内集会所、川内甲1444-1に川内集会所あり。[37]川口姓11件。2000年電話帳。
〃 〃 祝森 鷹ノ子 三五 一四二 宇和島市 祝森
〃 岩松町 米津 米津 八〇 二八一 日傭 藁細工 宇和島市 津島町岩松
〃 畑地村 上畑地 北組 一三 六七 農業 日傭 宇和島市 津島町上畑地
南宇和郡 城辺町 下長野 四六 一八六 日傭 草履作 南宇和郡 愛南町 城辺甲 下長野 南宇和郡愛南町(旧:宇和郡城辺村)の改善青年団の役員に以下の姓の者がいた[38]。河内、岸本、寺本(3人)、西本、山内(2人)、山本(2人)。城辺町甲に西本姓11件。2000年電話帳。
松山市 湯渡町 三二 農業 松山市 湯渡町
持田町 三二 松山市 持田町
祇園町 七三 四三 松山市 祇園町
中村町 一二 松山市 中村
北藤原町 一五 七五 松山市 北藤原町
小栗町 二二 松山市 小栗町
土居田町 一九 九八 植木職 松山市 土居田町

288頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
松山市 竹原町 一七 七七 農業 松山市 竹原町、竹原
生石町 四〇 松山市 生石町
南江戸町 二〇 一一六 松山市 南江戸 1975年の住居表示により南江戸町が南江戸に改称。南江戸町に民家は一軒もなくNTT西日本のビルがあるのみ。
朝美町 八〇 四三三 松山市 朝美
菅町九丁目 三七 二二三 日傭 松山市 萱町 9丁目 菅町は萱町の誤記。
本町七丁目 一七 八〇 松山市 本町 7丁目
山越町 三三 一七〇 松山市 山越町
今治市 石井 鴨河 二六 一九八 古物商 今治市 石井町
〃 〃 ヒバコ 一五 一〇三 農業 今治市
〃 日吉 夏目 二一 一三三 今治市 宮下町 北日吉町、中日吉町、南日吉町があるが、明治43年帝国陸軍測量の1/50000地形図によると高地町の南隣で線路沿いが夏目にあたる。
〃 今治村 浅川 二五 一一四 今治市 石井町 石井町に浅川西公園がある。浅川姓6件。2000年電話帳。
〃 別宮 鴨河 二〇 九八 農、日傭 今治市 別宮町 今治市にあった全国水平社今治支部に明瀬姓の者がいた[13]。明瀬姓5件。2000年電話帳。
〃 今治村 慶應町 一九 一〇一 農、商業 今治市 本町 本町5丁目に慶応公園あり。
〃 蔵敷 天保山 一七 九〇 農、日傭 今治市 天保山町
〃 大浜 清水 一一 七九 農業 今治市 衣干町の一部 明治43年帝国陸軍測量の1/50000地形図によると現在の今治市衣干町3丁目あたりに清水の地名がある。
〃 今治村 日本丸 一〇 四九 商、日傭 今治市 かつて日本丸ポンプ場が今治村浜手にあった。現在、今治市浜手公園が今治市東鳥生町2-1755-5にある。
〃 〃 松原町 六九 農、日傭 今治市 大新田町 2丁目、3丁目付近 1978年まで通称地名として松原町と呼称。今治藩の刑場があった土地。

289頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
今治市 大新田 本村 商業 今治市 大新田町
〃 大浜 農業 日傭 今治市 大浜町
宇和島市 伊吹町 佐古 六四 三〇一 労働 牛肉行商 宇和島市 伊吹町 字左古 1948年10月16日に宇和島市伊吹町東1区の以下の住民が、暴力団員に襲撃される事件があった[39]。入口、木村、曽根、土井、中川。
八幡浜市 吉井 五九 二九〇 農業、日傭 八幡浜市 神宮通 「神宮通りの部落は、かつては吉井とよばれた。だから、ここの部落は、吉という字がはいった名字が多い」[40]。八幡浜市神宮通に関する記述。吉森姓の者が登場する。他の「吉」を冠した姓には以下の姓がある[41]。吉浪、吉川、吉岡。吉森姓6件。2000年電話帳。市内の最貧部落[42]。旧称、東矢野町裏通り[43]。一般地区である表通りとの間の泥田を1970年に市が買い上げ、宅地開発して一般民に切り売りしたため、部落と一般の境界線がわかりにくいとされる[44]
〃 栗之浦 鼻山 二八 一四〇 漁、農業 八幡浜市 栗野浦 登口姓11件。2000年電話帳。
〃 五反田 大峠 二二 一一〇 農、商業 八幡浜市 五反田 小字に上大峠と下大峠がある。
〃 五反田 一八 九〇 日傭、行商、農業 八幡浜市 五反田 鯨
計一八八 五九三 九七八三 五一九七〇

県内の同和地区(指定地区に限る)

以下、所在地などはすべて、各自治体の条例などを基にしたものである。 よって、未指定地区は記されていないことに注意

施設等

小集落改良住宅

西条市

  • 上小川東 - 西条市大町143番地3
  • 上小川西 - 西条市大町105番地1
  • 下小川東 - 西条市大町370番地2
  • 下小川中 - 西条市大町336番地5
  • 下小川西 - 西条市大町335番地1
  • 西の原 - 西条市氷見乙1723番地1
  • 新市第一 - 西条市新市658番地1
  • 新市第二 - 西条市新市644番地
  • 北星第一 - 西条市壬生川680番地1
  • 北星第二 - 西条市壬生川611番地
  • 北星第三 - 西条市壬生川643番地1
  • 北星第四 - 西条市壬生川605番地8

宇和島市

  • 川内小集落改良住宅団地 - 宇和島市川内字裡田甲1444番地の1
  • 祝森小集落改良住宅団地 - 宇和島市祝森字奈良屋敷甲782番地
  • 黒井地小集落改良住宅団地 - 宇和島市三間町黒井地2番地
  • 黒井地小集落改良住宅団地 - 宇和島市三間町黒井地23番地第1
  • 務田迫目小集落改良住宅団地 - 宇和島市三間町迫目1130番地
  • 大藤小集落改良住宅団地 - 宇和島市三間町大藤156番地
  • 波岡小集落改良住宅団地 - 宇和島市三間町波岡652番地
  • 寿町小集落改良住宅団地 - 宇和島市津島町岩松
  • 中央団地小集落改良住宅団地 - 宇和島市津島町上畑地

今治市

  • 菊間北浜2 - 今治市菊間町浜1310番地
  • 菊間北浜5 - 今治市菊間町浜1272番地
  • 菊間北浜6 - 今治市菊間町浜1272番地
  • 菊間北浜7 - 今治市菊間町浜1303番地
  • 菊間日之出3 - 今治市菊間町浜1245番地
  • 上浦古池 - 今治市上浦町盛2258番地
  • 上浦井田浜 - 今治市上浦町井口1931番地
  • 上浦神田 - 今治市上浦町盛1252番地

西予市

  • 伊延団地 - 西予市宇和町伊延462番地
  • 岡山団地 - 西予市宇和町岡山603番地
  • 瀬戸団地A - 西予市宇和町瀬戸543番地
  • 瀬戸団地B - 西予市宇和町瀬戸733番地
  • 長谷団地 - 西予市野村町坂石2800番地
  • 長谷団地 - 西予市野村町坂石2886番地
  • 長谷団地 - 西予市野村町坂石2930番地2
  • 長谷団地 - 西予市野村町坂石2907番地
  • 津布理日ノ本団地 - 西予市三瓶町津布理973番地1
  • 蔵貫川原団地 - 西予市三瓶町蔵貫1222番地
  • 垣生向新田団地 - 西予市三瓶町垣生甲1448番地9

松野町

  • 町営住宅松丸第1団地 - 松野町大字松丸930番地
  • 町営住宅松丸第2団地 - 松野町大字松丸963番地
  • 町営住宅豊岡団地 - 松野町大字豊岡1,707番地
  • 町営住宅窪田団地 - 松野町大字豊岡1,132番地

鬼北町

  • 畦小集落改良住宅団地 - 鬼北町大字広見901番地
  • 内深田小集落改良住宅団地 - 鬼北町大字内深田1298番地

教育集会所・同和対策集会所

  • 大島教育集会所 - 新居浜市大島甲1595番地
  • 西予市峯集会所 - 西予市野村町野村2号402番地
  • 西条市山本集会所 - 西条市飯岡3142番地2
  • 西条市新市会館 - 西条市新市639番地2
  • 西条市楠浜会館 - 西条市楠甲223番地44
  • 西条市北条新田会館 - 西条市北条1397番地13
  • 君ケ浦集会所 - 宇和島市吉田町立間尻甲100番地7
  • 黒井地教育集会所 - 宇和島市三間町黒井地94番地第1
  • 寿集会所 - 宇和島市津島町岩松1355番地1
  • 大洲市市木集会所 - 大洲市東大洲848番地の2
  • 大洲市久米集会所 - 大洲市阿蔵甲1258番地の2
  • 大洲市中東集会所 - 大洲市菅田町菅田甲811番地の1
  • 大洲市池田集会所 - 大洲市菅田町宇津甲1197番地の1
  • 大洲市平野集会所 - 大洲市平野町野田3200番地の8
  • 大洲市和田集会所 - 大洲市春賀甲1616番地5
  • 大洲市松尾集会所 - 大洲市柚木493番地の7
  • 大洲市河内集会所 - 大洲市米津甲460番地5
  • 大洲市今坊集会所 - 大洲市長浜町今坊甲341ノ2外地先
  • 尾崎浜集会所 - 伊予市尾崎649番地175
  • 門前集会所 - 伊予市中山町出渕2番耕地629番地3
  • 本村浜集会所 - 伊予市双海町串甲2373番地7
  • 富貴集会所 - 伊予市双海町串乙2473番地5
  • 双葉集会所 - 伊予市双海町高岸甲1557番地9
  • 城ノ下集会所 - 伊予市双海町上灘甲6052番地1
  • 東温市東中村教育集会所 - 東温市北方甲2349番地の1
  • 八幡浜市立下河原集会所 - 八幡浜市日土町2番耕地8番
  • 八幡浜市立徳雲坊集会所 - 八幡浜市矢野町字ウメノドウ323番地
  • 八幡浜市立さつきが丘集会所 - 八幡浜市保内町磯崎689番地1
  • 八幡浜市立須川里井集会所 - 八幡浜市保内町須川86番地1
  • 八幡浜市立大竹第1集会所 - 八幡浜市保内町宮内1番耕地357番地1
  • 八幡浜市立西町集会所 - 八幡浜市保内町川之石9番耕地9番地1
  • 袖野集会所 - 鬼北町大字上大野314番地
  • 下駄場集会所 - 鬼北町大字近永755番地の1
  • 小坂集会所 - 鬼北町大字内深田845・846番地
  • 宮川集会所 - 松野町大字豊岡1,536番地3
  • 天満集会所 - 松野町大字松丸390番地

関連団体

  • 部落解放同盟愛媛県連合会 - 愛媛県松山市大手町2-5-12
  • 部落解放同盟愛媛県連合会松山支部
  • 部落解放同盟愛媛県連合会松山協議会
  • 部落解放同盟愛媛県連合会菊間支部
  • 部落解放同盟愛媛県連合会井ノ口支部
  • 部落解放同盟愛媛県連合会朝倉支部 - 愛媛県今治市
  • 部落解放同盟愛媛県連合会宇和島支部 - 愛媛県宇和島市
  • 部落解放同盟愛媛県連合会八幡浜支部 - 愛媛県八幡浜市
  • 愛媛県地域人権運動連合会松山支部
  • 人権連愛媛県連 - 愛媛県松山市土居田町 701-1 西本敏方
  • 同和会松山支部 - 愛媛県松山市二番町4丁目7-2
  • 愛媛県同和会松山支部連合会
  • 島嶼部連合会愛媛県同和対策協議会 - 愛媛県今治市伯方町北浦甲324-4
  • 愛媛県同和対策協議会松山支部連合会 - 愛媛県松山市山越6-6-22
  • 愛媛県人権対策協議会北条支部 - 松山市中西外346-3 北条中央会館内
  • 愛媛県人権対策協議会中島支部 - 松山市中島町小浜甲1191 中島町隣保館内

出典

  1. 『部落問題・人権事典』(部落解放・人権研究所編、部落解放・人権研究所、2001)
  2. 『瀬戸内の被差別部落』(沖浦和光、解放出版社、2003)
  3. 『部落の源流(増補新版)』(高本力、三一書房、1997)
  4. 『同和問題の歴史的研究』(三好伊平次、同和奉公会、1943)
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 5.5 5.6 『愛媛部落史資料 近世~明治初年』(高市光男、近代史文庫大阪研究会、1976)、『愛媛部落史資料 近世~明治初年 続』(高市光男、近代史文庫大阪研究会、1983)
  6. 『同和問題の歴史的研究』(三好伊平次、同和奉公会、1943)
  7. 『部落問題事典』(部落解放研究所編、部落解放研究所、1986)
  8. 『江戸の非人 部落史研究の課題』(本田豊、三一書房、1992)
  9. 『日本民衆文化の原郷』(沖浦和光、解放出版社、1984)
  10. 愛媛県 - 部落問題・人権事典
  11. https://www.city.matsuyama.ehime.jp/smph/shisetsu/fureai/houjyoufure.html
  12. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  13. 13.0 13.1 13.2 13.3 13.4 13.5 13.6 13.7 『松山地方裁判所管下社会運動の概況』(松山地方裁判所検事局、1929『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)所収)
  14. 『解放新聞 1994年1月3日号』(解放新聞社)
  15. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  16. 『小説石田波郷』(土方鉄、解放出版社、2001)
  17. 『小説石田波郷』(土方鉄、解放出版社、2001)
  18. 『ゼンリン 住宅地図』
  19. 小林実『夜明けの証言』15頁
  20. 『部落問題・水平運動資料集成 第2巻』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1974)
  21. 『部落問題事典』(部落解放研究所編、部落解放研究所、1986)
  22. 『小説石田波郷』(土方鉄、解放出版社、2001)
  23. 23.0 23.1 23.2 23.3 23.4 23.5 23.6 23.7 23.8 23.9 『愛媛の部落解放史』(愛媛の部落解放史編纂委員会編、愛媛県同和対策協議会、1986)
  24. 『ルポルタージュ部落 四国・九州編』166-167頁
  25. 『ルポルタージュ部落 四国・九州編』168頁
  26. 『近世後期部落史の小考察』(原田伴彦『近世部落の史的研究 上巻』(部落解放研究所編、解放出版社、1979)所収)
  27. 『部落問題・水平運動資料集成 補巻1』(渡部徹、秋定嘉和編、三一書房、1978)
  28. 『水平新聞 1929年1月1日号』(部落問題資料文献叢書 第4巻』(世界文庫、1972)所収)
  29. 『東豫の或る部落の十年前の話』(松風村雨樓、1921『民族と歴史 第6巻第4号』)
  30. 『ゼンリン 住宅地図』
  31. 『史料で語る四国の部落史 近代篇』(四国部落史研究協議会編、明石書店、1994)
  32. 『池田町を中心とした部落史編年資料集(改定版)』(池田町教育委員会、池田町同和教育推進会議編、池田町、1973)
  33. http://www.kumakogen.jp/uploads/img/4061.pdf
  34. 『愛媛同和 昭和53年6月号~昭和63年10月号』(愛媛県同和対策協議会、1978~1988)
  35. 『近代部落史資料集成 第9巻』(秋定嘉和、大串夏身編、三一書房、1985)
  36. 『近代部落史資料集成 第5巻』(秋定嘉和、大串夏身編、三一書房、1986)
  37. 『資料愛媛労働運動史』(第2巻、愛媛県商工労働部労政課、1958)29頁に「北宇和郡来村大字川内字裡田の未解放部落」についての記述がある。
  38. 『近代部落史資料集成 第5巻』(秋定嘉和、大串夏身編、三一書房、1986)
  39. 『部落解放運動基礎資料集 第4巻 差別糾弾・行政闘争』(部落解放研究所編、部落解放同盟中央本部、1981)
  40. 『ルポルタージュ部落 四国・九州編』(解放新聞社編、解放出版社、1994)
  41. 『ゼンリン 住宅地図』
  42. 『ルポルタージュ部落 四国・九州編』126頁
  43. 『ルポルタージュ部落 四国・九州編』126頁
  44. 『ルポルタージュ部落 四国・九州編』126頁