平成29年1月4日 大規模な荒らしが発生しているため、現在非登録利用者によるアカウント作成及び編集を一時的に禁止しています。編集をご希望の方は、各利用者または管理者(buraku[at]sigaint.org)までお問い合わせください。

広島県

提供: 同和地区(被差別部落)Wiki
移動先: 案内検索

概況

県内には414ヶ所の同和地区があったが[1]、中でも最大の被差別部落は広島市西区の福島地区(福島町、南三篠町、都町)であり、規模の大きさは全国で五指に入る[2]。広島県社会課による1925年の調査によると福島地区の戸数は894戸を数えたが、1945年8月6日の原爆投下で多大の被害を受け、福島町の人口の6割以上が被爆した[3]。福島町に特徴的な苗字は「槌井」「菊崎」である。

解放新聞社編『被差別部落 西日本編』151頁によると、県内の部落は472ヶ所、人口は約4万3000人。このうち解同県連が組織しているのは119支部である。

なお広島抗争の主要人物として知られる暴力団員の山上光治(千代田町=現・北広島町出身)は父親が下駄屋の経営者であり、被差別部落出身といわれる。山上の所属した岡組は、岡敏夫が被差別部落民を中心に結成した組であった。

呉市山手の通称「山手の谷」はもともと被差別部落ではなかったが、1889年の軍港開設と共に海軍に納める牛豚肉のための屠場が設けられ、続いて火葬場や海軍の監獄、野犬処理場等が作られ、この付近に住む人々が賤視されて被差別部落になったとされる[4][5][6]。山手の入口にある上山手橋には地獄橋の異名があった[7][8]

瀬戸内海沿岸に散在する部落について、「瀬戸内海ですと、村上水軍ですとか、塩飽水軍などの名前を聞くはずですが、村上水軍の一番の支配者の人は部落ではないのですが、水軍のかなりの部分は、現在でも被差別部落民です」(『江戸の非人 部落史研究の課題』本田豊、三一書房、1992)、「海岸や沖合警備の名目で瀬戸内の島々に政策的に配備された部落は、豊臣秀吉によって壊滅させられた村上水軍の系統を引くものではないか―そのように私は考えるのだ」(『日本民衆文化の原郷』沖浦和光、解放出版社、1984)との考察がある。

  • 「山陰筋・中国筋では、尼子落武者伝説は、いろんなところで被差別民衆の歴史と深く関わっています。たいていの部落で、その伝承が語られています。しかし荒唐無稽な口碑としてばっさり切り捨てるわけにはいかないんですね。広島藩の革田頭も、自分たちの先祖は尼子の落武者であるという由来書を残しています」。沖浦和光の発言。『日本の聖と賎 近代篇』(野間宏、沖浦和光、人文書院、1992)より。
  • 「後藤陽一氏の紹介された史料によりますと、毛利元就は、かわた頭の天野了伝を三百石で、伍家孫左衛門を百石で召し抱えたようですネ。御用職人としては手厚い待遇で、いかに皮革の調達に苦心していたか分かります」。野間宏の発言。『日本の聖と賤 近世篇』(野間宏、沖浦和光、人文書院、1987)より。
  • 天野了伝は、毛利氏が萩に移る際に本来の家臣でないことから残り、福島正則に仕えるのは不本意として屠者頭を志願したと伝える。この際に知行は100石に減らされ、1619年(元和5年)に浅野長晟が入国した際に広島市東区温品町では不便なことから広島市東区の尾長地区に移った。伍家孫左衛門は、四国の出で後に河野姓を名乗った。『轍 広島市尾長町協和会誌』(広島市尾長町協和会誌編集委員会編、広島市尾長町協和会、1986)より。
  • 廿日市のエタ頭は、河野団左衛門と名乗っており、弾左衛門家の十一代冨三郎は同家からの養子だった。『部落の歴史像』(藤沢靖介、解放出版社、2001)より。
  • 河野家は厳島神社の雑色だったと伝える。1220年(承久2年)に藤原親実が厳島に下向した際の従者の千早源左衛門忠義が先祖で、河野彦太郎の娘と結婚して河野姓となったとする。『河原巻物の世界』(脇田修、東京大学出版会、1991)より。
  • 1619年(元和5年)に浅野長晟に従って紀伊から来た御かハヤ六左衛門は、現在の広島市中区大手町に住んでおり、後に西村姓を名乗った。『部落の歴史 西日本篇』(部落問題研究所編、部落問題研究所出版部、1983)より。19世紀初頭の広島藩と福山藩における賤民の分布図を掲載。
  • 「もともとは山窩だったといわれている被差別部落は各地にあります。私が直接見聞したのでも、熊本、広島、三重にありました」。沖浦和光の発言。『日本の聖と賎 中世篇』(野間宏、沖浦和光、人文書院、1985)より。

広島県における部落解放年表

  • 1870年10月23日 福山藩が平民に苗字を許可[9]
  • 1870年12月下旬 広島藩が平民を含めて非人に苗字を許可[9]
  • 1871年10月 広島県が平民以下に対して再び苗字許可を通達[9]
  • 1922年7月25日 江田島市(旧:安芸郡江田島村)の住民が複姓願を県に提出[9]
  • 1924年3月24日 呉市(旧:安芸郡倉橋島村)の共鳴会が複姓を要求する運動を起こす[9]
  • 1924年4月17日 尾道市(旧:豊田郡西生口村)の複姓運動での改姓について、県が認可の意思表示[9]
  • 1924年5月13日 尾道市(旧:豊田郡東生口村)の複姓運動での改姓について、県が認可の意思表示[9]

部落解放同盟広島県連の高西支部にいた高森姓の者が明治新姓について発言している[10]

私たちのところでは、『藤原』というのにしようということで届けたところ、『藤原』というのは、西本願寺と同じなので、『藤の原』と言えというのです。
そこで、そんなムチャなことないといって、私たちの親たちはずっと『藤原』を使って来ましたが、戸籍の上では、ずっと『藤の原』だったのです。
そこで、昭和七年に第一回の交渉を県知事ともち、昭和十四年に第二回の交渉をもって初めて戸籍の上でも『藤原』と改姓されたわけです。

広島県福山市高西町には19件の藤原姓があるが、高西町の地名は『全國部落調査』に記載がない。

文献

全國部落調査(1933年)

廣島縣 昭和八年五月現在

204頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
廣島市 尾長町 中組 二二三 一一六四 工業 商業 広島市 東区 尾長東 土岡喜代一(旧姓は天本)の出身地区。東地域交流センター(あいあいプラザ)があり、掲示板に人KENまもるくんとあゆみちゃんのポスターがある。奥田民生の出身地は尾長のどこに当たるのか不詳。尾長東に天本姓4件。2000年電話帳。尾長地区に以下の姓の者がいた[11]。秋月、厚山(あつやま。広島市と宮崎県児湯郡川南町が最多の稀姓)、天野、天本(3人)、植木(5人)、金川、川野、菊本、木下、高田、高橋、田辺、富樫、中野(2人)、萩(3人)、浜井(2人)、浜田、原田、福田、藤田(2人)、山本、和佐田(2人)。他に以下の姓の者がいた[12]。下井、土岡、長谷川。
〃 福島町 九八二 五六九三 商業 被傭 広島市 西区 福島町 菊崎姓11件、高曲姓4件、槌井姓7件、菊畠姓1件[9]、新長姓4件[9]。2000年電話帳。全国水平社に以下の姓の者がいた[9]。菊畠(きくはた。広島市のみの稀姓)、新長(しんちょう。広島県が最多の稀姓。呉市出身)、六岡(むつおか。他に読みあり。鹿児島県鹿児島市が最多の稀姓)。福島町の住民で被爆体験を記した以下の姓の者がいた。大崎、金崎、古賀、高田、滝川、滝本、田中、中島、中西、平田、広田、藤井、藤川、宝神(ほうじん。広島市のみの稀姓)、堀川、前畑、丸岡、森本、山中[13]。同地に以下の姓の者がいた[14]。照山(2人)、中野、桝井、丸林(2人)。同地に永田姓の者がいた[15]。同地では、1918年8月11日の米騒動で地区内にあった以下の姓の米屋が襲撃されている。原、増田、吉田[16]
〃 廣瀬町 上水入、下水入 七〇 二八四 広島市 中区 広島市中区には広瀬町と広瀬北町がある。

205頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
広島市 江波町 三〇 一六〇 漁業 広島市 中区 江波を冠称する町名は複数あり、どれが当該地区かは要調査。
〃 牛田町 一二 五四 農業 広島市 東区 牛田を冠称する町名は複数あり、どれが当該地区かは要調査。
〃 古田町 樽谷 一四 八二 工業 広島市 西区 古田は古江と山田の合成地名。要調査。
〃 三篠町 四〇一 二九七一 商業 被傭 広島市 西区 小河内町 1丁目、2丁目 1962年、1969年に南三篠町から小河内町1丁目、2丁目に改称。
呉市 阿賀町 東浜 三八 一七七 工業 農業 呉市 阿賀中央 阿賀中央3-12‐16付近に市営東浜アパートがある。「口碑によれば平家が一谷に敗れて其殘黨が此地に潜入蟄伏せしものゝ後裔なりと云ふ、現在部落民の宮田家の祖先即ちそれなり」[17]。呉市阿賀中央の東浜地区に関する記述。宮田姓3件。2000年電話帳。
〃 寺迫町 四八 一九六 商業 工業 呉市 和庄 和庄1-11-1付近に県営寺迫住宅アパートがある。
〃 吉浦町 箱崎 七七 三七二 職工 水産 呉市 吉浦潭鼓町
〃 山手町 七〇 三一五 工業 被傭 呉市 山手 通称「山手の谷」。呉市山手の地区に西尾姓の者がいた[18]。西尾姓10件。2000年電話帳。1986年に名高達男との婚約が破棄され部落差別が噂された西尾かおるの出身地区か否かは要調査。
〃 川原石町 二六 一四六 商業 呉市 西川原石町と東川原石町がある。
〃 吉浦町 落走 三三 二二八 漁業 呉市 長谷町 長谷町22-4に落走集会所あり。
尾道市 尾崎町 堂崎 五五 二四〇 工業 被傭 尾道市 尾崎町
〃 久保町 五反田 四五 二四二 水産 尾道市 久保町 尾道市の北久保地区では以下の姓があった[19]。石井、石山、植田、尾原、楠田、酒井、作田、瀬崎、花岡、山本、割石。
〃 土堂町 塚西 一三 四七 商業 尾道市 土堂 土堂1丁目2-10の(株)山崎清春商店の南西一帯を塚西という。
美之郷町 内郷 尾道市 美ノ郷町三成 原典では薄く書いてある。219ページの最後に再び記載。
福山市 三吉町 四八 二六〇 農業 工業 福山市 三吉町 三吉町2-8-5に福山市三吉コミュニティセンターあり。三吉町の地区では、2人の穢多頭がおり、後に神辺の浪人だった藤井姓の者が3人、備後の浪人だった景山姓の者が2人来住したと伝える[20]
〃 東保津町 大西 五〇 一六九 工業 商業 福山市 東深津町
〃 奈良津町 池田 一八 九六 農業 福山市 奈良津町
〃 北吉津町 長年田 一四 五一 福山市 北吉津町 部落解放同盟吉津支部長に宮本姓の者がいた[21]。宮本姓4件。2000年電話帳。

206頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
福山市 本庄町 汐入 四八 二七〇 農業 商業 福山市 南本庄 「本庄村樋の口と云所に穢多あり、本は海賊なり、長を杉原五右衛門、同若松と云。もと杉原盛重に扶持せられ、皓玄神辺の城を襲ひし時、粉骨をつくして防ぐ。杉原帰陣して彼等が働きをきゝて、扶持を増し、名字を与う」[22]。福山市南本庄の地区に関する記述。姓は杉之原という異形が多い。杉之原(すぎのはら)は福山市が最多の稀姓。杉之原姓23件。2000年電話帳。隣保館の福山市本庄コミュニティセンターあり。
〃 〃 大谷 三九 福山市 大谷の位置は要調査。
安藝郡 府中村 経面 一五 水産 安芸郡 府中町 経面は経免の誤記の可能性がある。[23]
〃 船越町 荷場 三六 商業 農業 広島市 安芸区 船越 船越を含む地名には船越、船越南がある。船越に木下姓14件。2000年電話帳。今昔マップ(1967~1969年)には船越3丁目7近辺に「荷場片山」の地名あり。
〃 奥梅田村 上畝 一三 六〇 安芸郡 海田町 畝
〃 瀬野村 下瀬野 庄ノ坪 二三 一四九 農業 商工 広島市 安芸区 瀬野南 正の坪集会所が瀬野南1丁目15-7にある。
〃 熊野町 萩原 下ヶ原 一〇 四四 工業 安芸郡 熊野町 萩原 部落解放同盟熊野支部長に加藤姓の者がいた[21]
〃 〃 出來区 石風呂 二三 安芸郡 熊野町 出来庭
〃 昭和村 焼山東 下條 一三 呉市 焼山東
〃 矢野町 立田 下立田 二七 一一六 工業 広島市 安芸区 矢野町
〃 坂村 豊田 丸林 四一 一九三 水産 安芸郡 坂町 丸林
〃 〃 尾崎 宮ノ上 一一 五二 安芸郡 坂町 宮上
〃 〃 浜田 浜田 三七 一七四 安芸郡 坂町 坂東 2丁目 坂東 2丁目に浜田公園がある。[24]
〃 大屋村 東浜 六八 三二〇 商業 呉市 今昔マップ(1925~1932年)では現在の天応大浜2丁目に西浜の表記あり。そこから推すと東浜は現在の天応大浜1丁目か天応南町の可能性が高い。
〃 江田島 津久茂 浜ノ谷 四八 江田島市 江田島町 津久茂 浜ノ谷 [25]
〃 〃 飛渡漱 塚迫 三三 江田島市 大柿町飛渡瀬
〃 〃 宮原 卋上 九七 五三二 商業 江田島市 江田島町宮ノ原 バス停「世上」あり。

207頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
安藝郡 江田島村 切串 切串 一九 一三〇 水産 江田島市 江田島町切串 切串の地区が1927年8月27日に襲撃されており、岡本姓の者が家族と脱出している[26]。岡本姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 小用 三〇 一九六 漁業被傭 江田島市 江田島町小用
〃 音江町 渡子 早瀬 三二 二五七 交通 呉市 音戸町早瀬
〃 〃 〃 田原 五三 三五七 呉市 音戸町田原 部落解放同盟音頭支部長に重川姓の者がいた[21]。重川姓21件、重河姓13件、塚迫姓4件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 渡子 二二 一一四 呉市 音戸町渡子
〃 〃 〃 松田 五五 二九六 職工 呉市 音戸町 松田の位置は要調査。
〃 倉𣘺島村 須川 津野田 三九 二三〇 交通 呉市 倉橋町 須川
〃 〃 本浦 宮ノ浜 三〇 一七五 商業 呉市 倉橋町 本浦
〃 〃 〃 石原 四五 二八一 呉市 倉橋町 石原
〃 下蒲刈村 向浦 刈浜 三九 二〇五 呉市 蒲刈町向 刈浜
〃 〃 宮盛 小浜 三〇 一七七 呉市 蒲刈町宮盛 バス停に「小浜」あり。部落解放同盟蒲刈町宮盛支部長に沖本姓の者がいた[21]。沖本姓6件。2000年電話帳。
〃 中野村 石田 一九 八五 農業 被傭 広島市 安芸区 中野
佐伯郡 五日市町 五日市 幸崎 二三 交通 農業 広島市 佐伯区 五日市
〃 〃 海老塩浜 美濃里 一一 五六 工業 商業 広島市 佐伯区 美の里
〃 観音町 佐方 岩戸 三七 一八六 商業 農業 廿日市市 佐方 岩戸山
〃 宮内村 河本 越峠 三八 廿日市市 峠 越峠

208頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
佐伯郡 大野村 八田越、高畠 上浜、下浜 二三 農業 商業 廿日市市 上の浜、下の浜
〃 玖波町 下之町 一二 五一 大竹市 玖波町
〃 小方村 小方 新町 二七 大竹市 新町
〃 砂谷村 白砂 ユヅリハ 一六 八九 広島市 佐伯区 湯来町大字白砂
〃 水内村 和田 二七 水産 工、商 広島市 佐伯区 湯来町大字和田
〃 玖島村 当善寺 当善寺 一八 農業 廿日市市 玖島 当善寺は正善寺の誤記。玖島4958に浄土真宗の正善寺がある。当善寺は広島県内に見当たらない。
〃 反和村 河津原 向垣内 一五 七一 商業 廿日市市 河津原
〃 〃 水原 小原、下中組、大久保 六〇 工業 廿日市市 永原 下中組、大久保
〃 浅原村 下ヶ原 二七 運搬 商業 廿日市市 浅原
〃 津田町 津田 鍛冶屋河内 二六 農業 廿日市市 津田
〃 吉和村 上吉和 上花原 一五 七二 廿日市市 吉和 バス停「上花原」あり。
〃 高田村 瀬能 堀越 三一 一〇七 水産 商業 江田島市 能美町高田 相場師の加藤あきら(加藤暠)の出身地区。ただし加藤の出自が被差別部落民かどうかは要検証。
〃 鹿川村 鎌木 東浜 八三 五二一 江田島市 能美町鹿川 鎌木 鹿川東浜に以下の姓の者がいた[27]。島津、内藤(2人)、名島(2人)、西浦、浜崎。能美町鹿川に名島姓15件。2000年電話帳。
〃 大柿町 柿浦 東常道 一七六 九〇三 漁業、被傭 江田島市 大柿町柿浦 山本政夫の出身地区。山本姓42件、小道姓10件、塚迫姓8件、浜先姓29件。2000年電話帳。
〃 〃 大原 西浜 四八 三三六 江田島市 大柿町大原
〃 八幡村 上中地 六七 三三四 農業 工業 広島市 佐伯区 五日市
〃 三高村 石風呂 一五 一一七 漁業 江田島市 江田島町 バス停「石風呂」あり。

209頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
佐伯郡 三高村 三吉 小原 五〇 二七五 漁業 江田島市 沖美町三吉
〃 飛渡瀬村 飛渡瀬 外海 四三 江田島市 大柿町飛渡瀬
安佐郡 長束村 山手 谷組 一二 五四 農業 広島市 安佐南区 長束
〃 祇園村 南下安 松尾山 二三 商業 農業 広島市 安佐南区 祇園 南下安 祇園2丁目43に南下安第一公園あり。祇園4丁目51付近にバス停「南下安」あり。相原勇(本名は小原靖子)は祇園の出身だが部落か一般かは不明。
〃 原村 西原 上八日市 一〇 五九 農業 被傭 広島市 安佐南区 西原
〃 三川村 中筋古市 古市 一一 五〇 商業 広島市 安佐南区 古市 数村姓5件。2000年電話帳。
〃 川内村 中調子 西 一二 六〇 工業 広島市 安佐南区 川内 中調子
〃 安村 高取 高取 一〇 四五 商業 農業 広島市 安佐南区 高取南、高取北、高取南町があり、どれに該当するかは要調査。
〃 〃 相田 相田 三二 二〇一 農業 商業 広島市 安佐南区 相田
〃 伴村 大塚 梶屋谷 二九 工業 広島市 安佐南区 沼田町大字大塚 梶屋谷
〃 〃 〃 中講上 三八 商業 農業 広島市 安佐南区 沼田町大字大塚
〃 〃 伴 下向 三三 農業 広島市 安佐南区 沼田町大字伴 バス停「下向」がある。
〃 〃 〃 三城田 二〇 商業 広島市 安佐南区 沼田町大字伴 中央 伴中央2-11-12に三城田集会所がある。
〃 〃 〃 細坂 三三 広島市 安佐南区 沼田町大字伴 東 伴東4-32-50に細坂集会所がある。
〃 戸山村 阿戸 若杦谷 一四 五八 商業 広島市 安佐南区 沼田町大字阿戸 沼田町大字阿戸1120に若杉谷稲荷神社がある。
〃 鈴張村 塩俵 三五 広島市 安佐北区 安佐町大字鈴張
〃 亀山村 西綾ケ谷 大畠[28] 一〇 三七 交通 農業 広島市 安佐北区 可部町大字綾ケ谷

210頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
安佐郡 三入村 桐原、上町屋 山倉、下桐原 三四 一八七 農業 商業 広島市 安佐北区 可部町大字桐原、可部町大字上町屋
〃 可部町 三三 商業 農業 広島市 安佐北区 可部町
〃 中原村 中野 藤ノ森 一五 四五 工業 水産 広島市 安佐北区 可部町大字中野
〃 深川村 中深川 西塚 一一 四〇 農業 商業 広島市 安佐北区 深川 深川5丁目24-14にJR西日本芸備線の中深川駅があり、中深川―下深川間に西塚踏切もある。
〃 狩小川村 小河原 氏ノ森、麻下 二一 一一〇 広島市 安佐北区 小河原町
〃 落合村 諸木 末先 二〇 広島市 安佐北区 落合南の一部 末先は末光の誤記。今昔マップ(1925~1932年)によると落合南7丁目17から8丁目16近辺。
〃 〃 岩上 襟面 一三 広島市 安佐北区 落合南の一部 今昔マップ(1925~1932年)によると落合南7丁目30近辺。
〃 飯室村 川手 二七 広島市 安佐北区 安佐町大字飯室
山縣郡 加計町 津波 百田 五三 商業 山県郡 安芸太田町 津浪
〃 上殿村 箕田 二八 工業 山県郡 安芸太田町 上殿
〃 戸河内村 土居 上土居 一二 五四 山県郡 安芸太田町 土居 上土居
〃 大朝町 大朝 宮市 三二 農業 山県郡 北広島町 大朝 バス停「大朝宮市」あり。山県郡北広島町の部落解放同盟大朝支部長に梅田姓の者がいた[21]。梅田姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 大塚 二八 工業 山県郡 北広島町 大塚 登
〃 新庄村 新庄 宮ノ庄 一二 六五 商業 山県郡 北広島町 新庄 宮ノ庄
〃 川迫村 川戸 ■井 一五 山県郡 北広島町 川戸 判読不能部分は「籔井」と読める。要検証。[29]
〃 壬生町 川東 川東 一四 八四 商業 山県郡 北広島町 川東
〃 南方村 南方 本郷 三一 山県郡 北広島町 南方

211頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
山形郡 本地村 古川 古川 三三 農業 商業 山県郡 北広島町 本地 古川 山形郡は山県郡の誤記。
〃 吉坂村 今吉田 井行原 二七 山県郡 北広島町 今吉田 同上。
〃 原村 上石 和波 一四 六三 商工業 山県郡 北広島町 上石 同上。
〃 安野村 穴 澄谷 二〇 山県郡 安芸太田町 穴 同上。
高田郡 吉田町 内外堀 内外堀 四二 二四一 商業 安芸高田市 吉田町吉田 外堀 吉田に植崎姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 會下 會下 二〇 九一 商業 農業 安芸高田市 吉田町国司 会下
〃 〃 国司 国司 一〇 七六 農業 商業 安芸高田市 吉田町国司
〃 〃 太郎丸 太郎丸 一九 八三 安芸高田市 吉田町吉田 太郎丸
〃 丹比村 多治比 川原 六六 安芸高田市 吉田町多治比 川原
〃 〃 〃 宗沢 二二 安芸高田市 吉田町多治比 宗沢ではなく宗次に見える。要検証。
〃 可愛村 川本 飯田原 四三 商業 安芸高田市 吉田町川本
〃 〃 常反 青迫 二六 一一七 安芸高田市 吉田町常友 青迫 青迫の「青」の字を使用した姓あり。青木姓1件、青崎姓4件、青杉姓2件、青中姓3件、青野姓2件、青藤姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 山手 山手沖 三一 一〇四 安芸高田市 吉田町山手
〃 根野村 下根 山崎 四二 安芸高田市 八千代町下根 清角姓5件。2000年電話帳。
〃 郷野村 下入江 中塚 一三 五二 安芸高田市 吉田町下入江
〃 〃 長屋 八組 一九 七九 商業 安芸高田市 吉田町長屋
〃 〃 上入江 横谷 一八 安芸高田市 吉田町上入江

212頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
高田郡 刈田村 佐々井 三二 農業 安芸高田市 八千代町佐々井
〃 〃 土師 一六 七一 水産 安芸高田市 八千代町土師
〃 刈田村 勝田 一三 五〇 商業 安芸高田市 八千代町勝田
〃 本村 市河内 市河内 一一 三三 安芸高田市 美土里町 市河内の位置は要調査。部落解放同盟美土里支部長に河野姓の者がいた[21]
〃 北村 中北 日南、市円、陰地 一二 四八 安芸高田市 美土里町北 中北蔭地 日南を含む字名には安芸高田市美土里町横田上日南、安芸高田市美土里町横田日南、安芸高田市美土里町横田重信日南、安芸高田市 美土里町桑田日南などがある。要検証。
〃 生桑村 生田 石丸 二四 安芸高田市 美土里町生田 石丸
〃 川根村 下川根 竹貞 二四 一三九 商業 安芸高田市 高宮町川根 高宮町川根3958に竹貞集会所あり。辻駒姓2件。2000年電話帳。
〃 來原村 來女木 宮迫 四〇 被傭 安芸高田市 高宮町来女木 来女木のフリガナはクルメギ。
〃 〃 原田 東城 一八 商業 安芸高田市 高宮町原田 東城
〃 船佐村 船木 福田 四九 工業 安芸高田市 高宮町船木 字に上福田と下福田がある。高宮町船木に蕪迫姓3件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 用地 五三 安芸高田市 高宮町船木 字に上用地と下用地がある。
〃 〃 〃 島ノ尾 三一 商業 安芸高田市 高宮町船木 島之尾
〃 甲立村 秋町 一四 七六 被傭 三次市 秋町
〃 小田村 下小原 沖原 三一 安芸高田市 甲田町下小原
〃 〃 〃 谷上 一二 六〇 安芸高田市 甲田町下小原 谷上姓3件。2000年電話帳。
〃 〃 上小原 古井出 一一 四九 安芸高田市 甲田町上小原 甲田町上小原1716-1に古井出集会所がある。
〃 〃 〃 伊才田 三二 安芸高田市 甲田町上小原 井才田 伊才田は井才田の誤記。

213頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
高田郡 小田村 下小原 篠原 二六 一四七 農業 工業 安芸高田市 甲田町下小原 篠原
〃 〃 髙田原 元木 一九 一〇五 交通 安芸高田市 甲田町高田原
〃 〃 〃 瀬戸 五四 商業 安芸高田市 甲田町高田原 瀬戸
〃 井原村 甲田 上戸石 一五 六六 広島市 安佐北区 白木町大字井原 上戸石
〃 井原村 小田 一五 七八 広島市 安佐北区 白木町大字井原 白木町大字井原4602-1に小田集会所あり。
〃 志屋村 志路 持開地 一六 八五 工業 農業 広島市 安佐北区 白木町大字志路 白木町大字志路6454-1に持開地集会所、白木町志路別所田6505に持開地共同作業場がある。[30]

[31]

〃 〃 古屋 正地 二八 農業 広島市 安佐北区 白木町大字古屋 バス停「正地」あり。
〃 市川村 市川 本郷 二八 一四〇 交通 広島市 安佐北区 白木町市川 部落解放同盟白木支部長に見崎姓の者がいた[21]。見崎姓10件。2000年電話帳。
〃 三田村 海戸 上、中、下、三田 三五 商業 広島市 安佐北区 白木町大字三田
〃 秋越村 秋山 川角 二五 一二五 工業 広島市 安佐北区 白木町大字秋山 白木町大字秋山2096に川角集会所あり。
〃 〃 小越 小越 三八 商業 広島市 安佐北区 白木町大字小越
〃 粟屋村 本瀬 一二 五六 漁業 三次市 粟屋町
〃 〃 雨引 二〇 一〇九 三次市 雨引の位置は要調査。
〃 〃 落石 三八 二〇九 三次市 粟屋町 落石は落岩の誤記。集会所、交差点の名前として存在。落岩地区のすぐ前には兜岩という岩があり、尼子の落武者が岩の上で血に染まった兜を脱いだという伝承がある[32]。また、その末裔が鵜飼をするようになったとしており、鵜飼は被差別民の生業とする[32]。「現地で聞いた話でも、落岩の住民の姓名は、三次に多い姓名とあまり関係がないようだ」[32]。同地に関する記述[32]。同地に以下の姓の者がいた[32]。沖田、上岡、前角(まえずみ。他に読みあり。長野県長野市が最多の稀姓)。沖田姓3件、上岡姓4件、前角姓4件。2000年電話帳。
〃 向原村 城平 一六 被傭 安芸高田市 向原町戸島 城平
〃 〃 二〇 九四 安芸高田市 向原町 原の位置は要調査。
〃 〃 平沖 三一 安芸高田市 向原町坂 平沖

214頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
高田郡 向原村 向原 二一 農業 被傭 安芸高田市 向原町
〃 〃 明神 一二 五六 安芸高田市 向原町
賀茂郡 吉土實村 助實 五組 三四 一五九 東広島市 西条町助実 角本姓13件、高磨姓4件、寄兼姓4件。2000年電話帳。柳田國男は「茶筅及びサヽラ(毛坊主考の七)」の中で「近年此県から内務省へ報告した特殊部落調にも、例へば賀茂郡吉土実村の南方、会下山と云ふ丘陵の麓に住む部落は、之を茶筅とも又穢多とも呼んだと云ひ」と述べているが、この地区のことかどうかは不明。
〃 御薗宇村 才迫 二七 東広島市 西条町御薗宇 才迫姓6件。2000年電話帳。
〃 川上村 米満 三八 工業 東広島市 八本松町米満
〃 〃 飯田 中畝 一八 七八 東広島市 黒瀬町市飯田 中畝
〃 原村 馬場台山内 一二 七一 工業 東広島市 八本松町原 串山姓6件。2000年電話帳。
〃 吉川村 下ノ鼻 三五 農業 東広島市 八本松町吉川
〃 枝城村 小多田 梶迫 一九 商業 農業 東広島市 黒瀬町小多田 黒瀬町小多田1187-3に梶屋迫老人集会所がある。
〃 上黒瀬村 南方 下組 一〇 三六 農業 工業 東広島市 黒瀬町南方 黒瀬町南方2450-1に南方下組老人集会所がある。部落解放同盟黒瀬支部長に岩土姓の者がいた[21]。岩土(いわつち)は、東広島市が最多の稀姓。岩土姓6件。2000年電話帳。
〃 及美尾村 十区 山崎 二九 一〇八 東広島市 黒瀬町乃美尾 及美尾村は乃美尾村の誤記。
〃 廣村 福浦 西福浦 七五 三五二 工業 農業 呉市 天応福浦町
〃 〃 浦久茂 上浦久茂 一五 七一 水産 被傭 呉市 広津久茂町 浦久茂は津久茂の誤記。
〃 仁方町 龍王 五二 二五〇 呉市 仁方皆実町 仁方皆実町1-11に呉市皆実会館あり。得田姓27件。2000年電話帳。
〃 川尻町 浜久俊 四一 二三一 農業 呉市 川尻町東 金平姓17件。2000年電話帳。
〃 竹原町 堀越 一一 四八 農業 竹原市 竹原町
〃 〃 向島 一五 六七 工業 商業 竹原市 田ノ浦 田ノ浦1-8-11-1に向島改良住宅がある。

215頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
賀茂郡 東野村 上大福地 一八 九一 農業 被傭 竹原市 東野町 バス停「大福地」が竹原市東野町にある。
〃 〃 金久郎 一〇 五〇 商業 竹原市 東野町 金久郎は金九郎の誤記。東野町2037に金九郎集会所がある。
〃 荘野村 西野 湯坂 一二 六六 竹原市 西野町 西野町331-1に湯坂集会所あり。
〃 下三永村 加計 三六 東広島市 西条町下三永
〃 東高屋村 白市小 丁石 一〇 五五 東広島市 高屋町白市 高屋支部長に川崎姓の者がいた[21]。川崎姓2件。2000年電話帳。
〃 東志和村 志和東 長松 一〇 四二 被傭 東広島市 志和町志和東 長松
〃 〃 内 日詰 一〇 四〇 東広島市 日詰の位置は要調査。
〃 西志和村 草田 三四 商業 東広島市 志和町別府 草田 松本清張の実母のタニ(旧姓は岡田)は志和町別府の出身だが、部落ではなく一般民の貧農の出[33]
〃 西志和村 冠 猪俣 二一 一一六 商工業 東広島市 志和町冠 部落解放同盟の志和支部長に和田姓の者がいた[21]。和田姓5件。2000年電話帳。
〃 〃 七條椛坂 丸岡 一二 六〇 商業 東広島市 志和町七条椛坂
〃 中黒瀬村 丸山 前浪 二四 一五一 被傭 東広島市 黒瀬町丸山
〃 内海町 歳ノ本 三一 一三五 呉市 倉橋町 才ノ木 歳ノ本は才ノ木の誤記。
〃 三津町 西町 西町 二二 八八 東広島市 安芸津町三津 三ツ地区とも表記[34]。解同への参加を拒んでいる同和対策事業未実施地区[35]
〃 志和堀村 免山 二二 一一七 工業 東広島市 志和町志和堀 志和町志和堀に市営免山住宅あり。
豊田郡 河内村 中河内 一七 七一 商業 農業 東広島市 河内町中河内
〃 〃 〃 正尺 五六 農業 商業 東広島市 河内町中河内 正尺
〃 〃 河戸 陰地 一三 五八 東広島市 河内町入野 河内町入野363-80に陰地墓園がある。

216頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
豊田郡 戸野村 戸野 解風呂 一〇 三六 農業 東広島市 河内町戸野
〃 〃 〃 幸平 四六 東広島市 河内町戸野
〃 〃 〃 仏ヶ丸 二九 東広島市 河内町戸野
〃 〃 〃 森原 三六 商業 東広島市 河内町戸野
〃 〃 宇山 大西 一〇 三八 工業 農業 東広島市 河内町宇山
〃 竹仁村 下竹仁 岩崎 一八 一〇一 農業 商業 東広島市 福富町下竹仁
〃 久芳村 丁田 丁田 三〇 工業 東広島市 福富町久芳 バス停「丁田」あり。部落解放同盟福富支部長に中安姓の者がいた[21]。福富町久芳に中安姓8件。2000年電話帳。
〃 〃 末政 岡屋原 二八 東広島市 福富町久芳 バス停「久芳末政」あり。
〃 乃美村 乃美 有原 二五七 東広島市 豊栄町乃美 有原姓6件。2000年電話帳。
〃 川源村 安宿 矢ノ上 三四 東広島市 豊栄町安宿
〃 〃 鍛冶屋 ■鍛冶屋 三四 東広島市 豊栄町鍛冶屋 判読不能部分は「後鍛冶屋」と読める。要検証。
〃 〃 清武 迫田 一一 五六 工業 東広島市 豊栄町清武 部落解放同盟豊栄支部長に山下姓の者がいた[21]。山下姓1件。2000年電話帳。
〃 椹梨村 椋梨 二〇 一〇七 商業 三原市 大和町椋梨 椋梨で生まれ[36]娼婦として売られた善道姓の女性が、1973年5月23日に部落解放同盟の支援で56年ぶりにマレーシアから帰国している[37]。善道(ぜんどう)は三重県鈴鹿市が最多の稀姓。
〃 豊田村 小田 上隠地中郷 二三 工業 東広島市 河内町小田 上隠地中郷の位置は要調査。
〃 〃 和木 王子原 二七 三原市 大和町和木 王子原
〃 大草村 大草 下中、石田 一〇 三二 被傭 三原市 大和町大草 下中、石田迫
〃 船木村 二四 三原市 本郷町船木 本郷町船木に遠茂谷姓6件。2000年電話帳。

217頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
豊田郡 船木村 一二 五一 農業 三原市 本郷町船木
〃 〃 一一 四五 三原市 本郷町船木
〃 高坂村 眞良[38] 刈山 二三 三原市 高坂町真良 高坂町真良に福野姓6件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 江良 二一 三原市 高坂町真良
〃 〃 〃 甲山 一八 三原市 高坂町真良 甲山姓4件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 石丸 三八 一九〇 工業 三原市 高坂町真良
〃 長谷村 小坂 吉ヶ迫 一四 七六 三原市 小坂町
〃 〃 〃 宮ノ根 一七 七五 三原市 小坂町
〃 〃 萩路 城山 一六 八四 三原市 本郷北 本郷北4-17付近に城山集会所あり。
〃 〃 沼田下 天畠 一二 五四 三原市 沼田 沼田1-2-3に天畠集会所あり。
〃 本郷町 下岡 一四 五八 三原市 本郷北 本郷北4-3-15に西下岡集会所あり。本郷北3-20-7に東下岡集会所あり。
〃 〃 上岡 三五 一五六 三原市 上岡の位置は要調査。明治43年帝国陸軍測量の1/50000地形図では現在の山陽本線本郷駅の北側一帯が岡と記されている。
〃 下北方村 原市 芽ヶ谷 三七 三原市 本郷町下北方
〃 上北方村 有谷 道遊 三四 三原市 本郷町上北方 道遊
〃 南方村 南方 三田 二四 三原市 本郷町南方 本郷町南方5065に上三田集会所あり。
〃 南方村 尾原 下組 二二 商業 三原市 本郷町南方 バス停「尾原」あり。また「本郷町南方」とは別の三原市南方三丁目に下組がある。要調査。
〃 沼田西村 松江 久保田 二三 九八 三原市 沼田西町松江

218頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
豊田郡 沼田西村 小原 西組 二一 農業 三原市 沼田西町小原
〃 〃 惣定 有馬越 三七 三原市 沼田西町惣定
〃 小泉村 小泉 小迫組 一六 六一 三原市 小泉町 小迫
〃 沼田東村 納所 平佐 一一 三九 三原市 沼田東町納所 沼田東町納所507に平佐公民館あり。
〃 〃 両名 清水谷 二二 九九 三原市 沼田東町両名
〃 〃 釜山 生田 一五 六三 被傭 三原市 沼田東町釜山
〃 田野浦村 宗郷 宗郷尻 一六 三原市 宗郷
〃 須波村 筒井 一〇 五九 交通 三原市 須波を含む町名は複数あり、筒井の位置は要調査。政平智春の自宅がある須波町1948付近の可能性あり。
〃 幸崎町 五六 交通 農業 三原市 幸崎を含む町名は複数あり、要調査。
〃 忠海町 流田 四二 工業 水産 竹原市 忠海東町 忠海東町4-4-17-1に桜町改良住宅あり。忠海東町に入川姓7件。2000年電話帳。
〃 〃 三七 商業 工業 竹原市 忠海東町
〃 吉名村 小島谷 五一 農業 水産 竹原市 吉名町 1921年9月12日に竹原市吉名町の住民が、村尾庄三郎を代表として県に復姓願を提出しており、12個の姓に分けることで県と合意している[9]。村尾姓なし。2000年電話帳。
〃 〃 宗津 三二 一四九 商業 竹原市 吉名町 宗津
〃 木谷村 飛妻 二八 一五八 交通 農業 東広島市 安芸津町木谷 東広島市安芸津町木谷に中本姓の者がいた[39]。中本姓なし。2000年電話帳。
〃 豊浜村 豊島 金崎 一二 六五 水産 商業 呉市 豊浜町豊島 バス停「金崎」あり。
〃 〃 〃 丸山 三八 二二六 呉市 豊浜町豊島
〃 久友村 久北 一七 一〇五 農業 交通 呉市 豊町久比 久北は久比の誤記。この地区の部落民は「茶筅」「勧進(かんじ)」「原野かんじ」「原野もん」と呼ばれる[40]。部落解放同盟豊支部長に原野姓の者がいた[21]。原野姓13件。2000年電話帳。

219頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
豊田郡 大長村 馬明 一六 九四 農業 工業 呉市 豊町大長 馬明姓3件。2000年電話帳。部落解放運動を拒否している地区[41]
〃 大崎南村 沖浦 刈浜 一八 一〇四 船乗 豊田郡 大崎上島町 沖浦 孤児と思われ6歳の時に軽業師にさらわれてフランスのマルセイユに渡った者の父が、豊田郡大崎上島町(旧:豊田郡大崎南村)の毛保姓の者と判明したとする大阪朝日新聞の記事を紹介する[42]。毛保(けほ)は、和歌山県が最多で、広島県では廿日市市にある稀姓。毛保姓なし。2000年電話帳。
〃 西野村 原田 江良 三四 工業 豊田郡 大崎上島町 原田
〃 中野村 六軒 六軒 一六 六六 水産 豊田郡 大崎上島町 中野 バス停「六軒口」が豊田郡大崎上島町中野にある。
〃 中野村 五十軒、向山 三二 一七五 農業 豊田郡 大崎上島町 中野 中野4991-7に町営五十軒住宅、中野5873-5、5873-8に町営向山団地がある。
〃 〃 原下 二八 一七二 交通 豊田郡 大崎上島町 中野 中野1424-1、1425-1に町営原下住宅がある。
〃 東野村 太田 太田 一七 一三五 農業 水産 豊田郡 大崎上島町 東野 東野にバス停「太田」がある。
〃 〃 盛谷 曽根鼻 一一 六五 被傭 豊田郡 大崎上島町 東野 盛谷
〃 高根島村 内ノ浦、切江 二〇 一二〇 交通 尾道市 瀬戸田町高根 瀬戸田町高根に内之浦隧道とバス停「切江」がある。高根島の部落民の姓が時本であることを『解放新聞』が暴露している[43]。時本姓なし。2000年電話帳。
〃 西生口村 垂水 大里 一三 九三 尾道市 瀬戸田町垂水 大里
〃 〃 福田 熱田 二九 一二五 船乗 尾道市 瀬戸田町福田 熱田
〃 〃 〃 大久保 一一 五三 尾道市 瀬戸田町福田 大久保姓4件。2000年電話帳。
〃 南生口村 御寺 片平 一二 七二 商業 尾道市 瀬戸田町御寺 片平姓9件。2000年電話帳。
〃 東生口村 洲ノ江 鞘本 二三 一〇九 船乗 尾道市 因島洲江町
〃 名荷村 横山 一一 五七 交通 尾道市 瀬戸田町名荷
〃 北生口村 中野 大脇 一三 四〇 尾道市 瀬戸田町中野
御調郡 美ノ郷村 三成 内郷 四五 尾道市 美ノ郷町三成 美ノ郷町三成372-1に尾道市役所内郷人権文化会館がある。

220頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
御調郡 美ノ郷村 本郷 阿吹 一二 六〇 農業 商業 尾道市 美ノ郷町本郷 花田姓12件。2000年電話帳。
〃 〃 三成 瀬波戸 三一 尾道市 美ノ郷町三成
〃 上川辺村 本 下組 二一 一二五 商業 尾道市 御調町本 後河原姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 岩根 下組 一三 九〇 尾道市 御調町岩根
〃 〃 三郎丸 天神山 三七 商業 尾道市 御調町三郎丸
〃 河内村 丸門田 横山 一〇 五九 尾道市 御調町丸門田
〃 〃 太田 へ組 一九 九九 尾道市 御調町大田
〃 宇津戸村 二一 工業 世羅郡 世羅町 宇津戸
〃 久井村 下津 灰崎谷 三八 三原市 久井町下津 番出姓2件。2000年電話帳。
〃 羽和泉村 和草 中山 三五 工業 農業 三原市 久井町和草
〃 〃 〃 黒郷 三九 三原市 久井町和草
〃 坂井原村 中組 野山組 二七 農業 三原市 久井町坂井原
〃 西野村 船出 一四 六二 土工 三原市 西野
〃 〃 梅ヶ鼻 二九 商業 工業 三原市 西野
〃 三原町 三原 堀川町 一九 水産 三原市 本町 本町2丁目7-15に堀川集会所がある。
〃 〃 〃 泰雲寺 一二 六三 土工 三原市 泰雲寺の位置は要調査。「館町泰雲寺町内会」が現存する。
〃 吉和村 宿ヶ鼻 カンボ 四四 農業 尾道市 吉和町

221頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
御調郡 向島西村 宇根 宇根、山本 二八 一三三 工業 農業 尾道市 向島町 中宇根
〃 重井村 川口 一四 五八 交通 尾道市 因島重井町 川口
〃 中庄村 下釜田 一七 九一 農業 商業 尾道市 因島中庄町 西浦区 解放新聞社編『被差別部落 西日本編』176頁に因島最大の部落として「島のほぼ中央部にある西浦」との記載がある。尾道市因島中庄町の二地区では、江戸時代に大坂から来た武士が祖と伝える者がいるとして以下の姓を記す[44]。T=時本か。奥付に部落解放同盟の者として2人出ている。達右衛門という名前の者が名乗ったとする。O=同地に多い姓の岡野か。与五郎という名前の者が名乗ったとする。時本姓10件。岡野姓6件。2000年電話帳。
〃 三ノ庄村 浜 宝崎 二二 一四一 被傭 尾道市 因島三庄町 宝崎
〃 土生町 三五 工業 商業 尾道市 因島土生町 小字は小丸。小丸姓9件。2000年電話帳。
〃 田熊村 名駒 二六 農業 工業 尾道市 因島田熊町 鴉姓2件。2000年電話帳。
〃 木ノ庄村 木門田 箱田 六八 被傭 尾道市 木ノ庄町木門田
卋羅郡 甲山町 上原 天神鼻 一五 六一 商業 世羅郡 世羅町 西上原 天神鼻
〃 〃 小卋良 一九 九二 世羅郡 世羅町 小世良
〃 三川村 伊尾 大原 四八 世羅郡 世羅町 伊尾 大原姓3件。2000年電話帳。
〃 大見村 徳市 和ヶ平 三三 工業 農業 世羅郡 世羅町 徳市
〃 〃 戸張 一〇 四六 農業 商業 世羅郡 世羅町 戸張
〃 〃 徳市 椋目 二三 工業 世羅郡 世羅町 徳市 世羅町に椋目姓2件。2000年電話帳。
〃 津久志村 津口 江ノ河内 三五 世羅郡 世羅町 津口 七ツ河姓1件。2000年電話帳。
〃 小國村 千字谷 一八 工業 世羅郡 世羅町 小国
〃 津名村 下津田 立石 三九 世羅郡 世羅町 下津田 立石姓3件。2000年電話帳。
〃 〃 數名 大平 三八 世羅郡 世羅町 数名の位置は要調査。

222頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
卋羅郡 上山村 上壱 槁本原 一〇 六三 農業 商業 三次市 三和町上壱
〃 〃 〃 相田山王 六四 被傭 三次市 三和町上壱
〃 吉川村 吉原 一五 七三 東広島市 豊栄町吉原 吉川村吉原は東広島市豊栄町吉原と世羅郡世羅町吉原に分割。
〃 〃 〃 行信 三八 被傭 東広島市 豊栄町吉原 行信姓1件。2000年電話帳。
〃 神田村 萩原 稲田谷 三八 被傭 三原市 大和町萩原 稲田姓7件。2000年電話帳。
〃 〃 下徳良 阿賀里 三〇 三原市 大和町下徳良
〃 〃 上徳良 秋広 三四 工業 農業 三原市 大和町上徳良 大和町上徳良613-3外に秋広共同墓地がある。秋広姓1件。2000年電話帳。
〃 西大田村 田打 井ノ藤谷 二六 農業 水産 世羅郡 世羅町 田打
〃 〃 〃 一〇 三七 商業 世羅郡 世羅町 田打
〃 東大田村 青山 市ヶ坪 三三 工業 世羅郡 世羅町 青山 市ヶ坪姓1件。2000年電話帳。2007年電話帳では「市ケ坪」の表記。
沼隈郡 山手村 又外 又外 二六 二七四 福山市 山手町 部落解放同盟山手支部長に川崎姓の者がいた[21]。川崎姓49件。2000年電話帳。
〃 〃 須賀 中須賀 四三 福山市 山手町
〃 瀬戸村 地頭分 元折 一七 一〇一 商業 福山市 瀬戸町大字地頭分 地頭分に奥江姓6件。2000年電話帳。福山市瀬戸上・下支部長に奥江姓の者がいた[21]。奥江(おくえ)は、福山市が最多の稀姓。プロ野球選手の奥江英幸(岡山市出身)のルーツの可能性あり。
〃 〃 〃 枝足 二四 一二九 福山市 瀬戸町大字地頭分 枝足 地頭分に奥江姓6件。2000年電話帳。
〃 神村 一二区 大坪 五三 福山市 神村町 大坪 部落解放同盟神村十二区支部長に平木姓の者がいた[21]。神村町に平木姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 二区 四二 二四八 商業 福山市 神村町 二区峠
〃 本郷村 御領 山ノ端 一九 九九 福山市 本郷町 中御領

223頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
沼隈郡 東村 戸田 戸田山 一一 五一 農業 福山市 東村町 戸田
〃 西村 割石 割石 一三 九六 尾道市 西藤町 西藤町1373-3に尾道市役所割石人権文化会館がある。割石姓1件。2007年電話帳。
〃 西村 槇ノ下 一一 八四 尾道市 西藤町
〃 髙須村 奈良原 奈良原 一四 九六 尾道市 高須町 奈良原 高須町に赤迫姓8件、垣本姓9件。2000年電話帳。1948年8月の高須事件で以下の姓の者が襲撃されている[45]。服部、藤原、藤本(2人)。
〃 〃 弓細工 四五 尾道市 高須町
〃 〃 川下 三一 一七九 尾道市 高須町
〃 今津町 山下 二一 一〇〇 交通 福山市 今津町
〃 金江村 藁江 平田 四九 福山市 金江町藁江 平田 小森龍邦が宮澤喜一を揶揄して言った「……ここにいたって、宮沢と同じ、被差別者の立場にありながら、 自らと同じ運命にあるものをもけちらさねばならぬ状況に落ち込んだというべきでしょうね……宮沢のことを知る人は少ないのですが、かれの出自は、いまも親の代の住居が、福山市の松永というところの金江という山奥に、ひっそりと残っていますが、まあ、被差別民もしくはそれと同然の立場と言うべきだったでしょうね……」(『芸備人権新報』1999年9月10日号)は、この地区を念頭に置いた発言と思われる。なお宮澤喜一の父の宮澤裕は現・福山市金江町金見の小農の生まれである。金見は藁江の南隣に位置する。
〃 田島村 町 一三 三六 漁業、被傭 水産 福山市 内海町 福山市の部落解放同盟内海支部長に浜姓の者がいた[21]
〃 熊野村 上山田 城木 五六 農業 工業 福山市 熊野町 上山田
〃 水呑村 洗谷 一七 工業 被傭 福山市 水呑町
〃 鞆町 後地 一一 四三 水産 農業 福山市 鞆町後地 部落解放同盟鞆支部長に塩村姓の者がいた[21]。塩村姓3件、2000年電話帳。塩村文夏のルーツの可能性あり。
〃 〃 〃 御幸町北 一一 五九 仲仕 福山市 鞆町後地 御幸町 「北」の位置は要調査。
〃 〃 〃 御幸町三区 四一 二一二 交通 福山市 鞆町後地 御幸町 「三区」の位置は要調査。
〃 〃 〃 御幸町 五二 被傭 商業 福山市 鞆町後地 御幸町
〃 浦崎村 三四 農業 被傭 尾道市 浦崎町
深安郡 引野村 日和 二九 工業 農業 福山市 引野町 日和

224頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
深安郡 坪生村 別所 別所 一三 六五 農業 工業 福山市 坪生町 別所
〃 千田村 千田 唐九 一二 六二 福山市 千田町 唐九は唐丸の誤記。明治新姓の際に藤井姓の住民と区別するため藤居姓に改姓して1951年に復姓。2000年電話帳での藤井姓の137件は混住した数字。
〃 御野村 下御嶺 八幡原 二一 一二〇 福山市 神辺町下御領
〃 〃 平野 井迫 二一 一二四 福山市 神辺町平野 井迫
〃 中條村 西中條 梶久 一三 一〇一 工業 交通 福山市 神辺町西中条 梶久 西中条に九鬼姓5件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 藤森 四八 二七四 農業 工業 福山市 神辺町西中条 藤森
〃 下加茂村 大町 大町 四四 二三一 商業 福山市 加茂町下加茂
〃 法城寺村 新林 三九 被傭 福山市 駅家町大字法成寺 新林姓6件。2000年電話帳。
蘆品郡 府中町 府中 榮町 二〇 一〇六 工業 商業 府中市 府中町
〃 〃 出口 三三 農業 魚釣業 府中市 出口町
〃 〃 土生 正門組 一〇 五九 被傭 府中市 土生町 部落解放同盟土庄支部長に正門姓の者がいた[21]。正門(まさかど)は、広島県府中市が最多の稀姓。正門姓7件。2000年電話帳。
〃 〃 府中 下辻町 二二 一一三 水産 府中市 府中町 府中町347-4に下辻集会所あり。
〃 岩谷村 目崎 開地 一〇 六〇 農業 府中市 目崎町 原典の農業の文字がかすれて消えている。部落解放同盟目崎支部長に原田姓の者がいた[21]。目崎町に小坂家姓4件、小森姓6件、原田姓4件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 沖組 三〇 一八〇 被傭 農業 府中市 目崎町
〃 常金丸村 常 眞宮 一一 六六 農業 商業 福山市 新市町大字常 新市町大字常1087に眞宮神社あり。
〃 広谷村 広谷 仁河田 三二 被傭 府中市 広谷町 部落解放同盟広谷支部長に高森姓の者がいた[21]。高森姓2件。2000年電話帳。
〃 阿字村 落合 中組 一九 一三二 府中市 阿字町 曽根姓5件。2000年電話帳。

225頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
蘆品郡 国府村 中須 向山 一〇 五九 被傭 交通 府中市 中須町 向山 中須町に芝内姓8件。2000年電話帳。
〃 〃 髙木 五九 農業 府中市 高木町 沖 部落解放同盟高木支部長に藤原姓の者がいた[21]。高木町に藤原姓12件。児森姓2件。2000年電話帳。
〃 有磨村 上有磨 本郷 一〇 七五 福山市 芦田町大字上有地 芦田町大字上有地123-3に福山市有磨公民館がある。部落解放同盟芦田支部長に小早川姓の者がいた[21]。芦田町福田に小早川姓7件。2000年電話帳。
〃 福相村 相方 稗田 四二 工業 福山市 新市町大字相方
〃 駅家村 倉光 川西 一三 七八 福山市 駅家町大字倉光
〃 近田村 水ノ口 二四 一二三 商業 福山市 駅家町大字近田 1954年9月26日、近田村の昭和部落の和田利明(当時25歳)ならびに同部落の友人の高田久夫(当時31歳)・清子夫妻が一般民女性を結婚目的で誘拐・監禁した容疑で起訴された[46]。起訴状には「被告人方が同郡近田村字昭和にあるため、俗に昭和部落と、世人よりひそかに蔑称され」とあるが、大字近田に字昭和は現存せず、昭和部落が水ノ口か四條かは要調査。駅家町近田に和田姓32件。高田姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 四條 一六 八七 福山市 駅家町大字近田
〃 新市町 本免 八〇 三八三 商業 福山市 新市町 本免の位置は要調査。新市町大字新市1022に福山市新市コミュニティセンターあり。
〃 服部村 服部永谷 四坂 三一 一七〇 被傭 福山市 駅家町大字服部永谷 七川姓3件。2000年電話帳。
神石郡 油木町 油木 市場尻 一八 八九 工業 神石郡 神石高原町 油木
〃 來見村 時安 飯山 一七 九三 神石郡 神石高原町 時安 時安に飯山姓2件、仏峠姓2件、佛峠姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 一五 六〇 神石郡 神石高原町 時安 轟姓3件。2000年電話帳。
〃 上村 陰地 野呂 一二 七一 商業 神石郡 神石高原町 上
〃 豊松村 上豊松 内山谷 一一 六〇 工業 神石郡 神石高原町 上豊松 部落解放同盟豊松支部長に桑田姓の者がいた[21]
〃 福永村 宇賀 宇賀谷 二三 九六 神石郡 神石高原町 福永 字宇賀 平将門の残党の末裔で処刑される所を空也上人に助けられて竹細工を生業とするようになったと伝える[47]。多元姓2件。2000年電話帳。
甲奴郡 上下町 野村 森ノ木 一三 六五 府中市 上下町上下 野村の位置は要調査。当該部落の風俗について『広島県慈善団体事績概況』は、「十数年前にありては部民(ママ)一般怠惰にして一定の職業を有する者少なく概して飲酒を好み喧嘩口論を事とし往々賭博に耽り又は食を乞うて近隣の村落を徘徊する者あり」と報告している。[48][49]
〃 天野村 深江 横山 四一 府中市 上下町深江 横山 部落解放同盟上下支部長に折口姓の者がいた[50]。折口姓1件。2000年電話帳。

226頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
甲奴郡 吉野村 有福 一三 五七 農業 工業 府中市 上下町有福
〃 甲奴村 本郷 大谷 一九 一〇一 三次市 甲奴町本郷 大谷 甲奴町本郷に於子姓1件。2000年電話帳。
〃 田總村 稲草 郷原 二五 九九 被傭 庄原市 総領町稲草 部落解放同盟総領支部長に牧姓の者がいた[21]。牧姓なし。2000年電話帳。
雙三郡 坂木村 羽出庭 光惣 一九 九三 三次市 三和町羽出庭 坂木村は板木村の誤記。部落解放同盟双三郡三和支部長に橋本姓の者がいた[21]。橋本姓なし。2000年電話帳。
〃 川地村 上川立 敷町 一六 七九 三次市 上川立町 敷町集会所がある。
〃 〃 上志和地 中折 一七 九六 被傭 三次市 上志和地町
〃 十日市町 胡子町 胡子町、下原 二五 一三〇 商業 農業 三次市 胡子町、十日市西 胡子町1593-1に三次胡子町郵便局、十日市西2-1955-1に下原団地がある。
〃 十日市町 西町 八二 四〇二 交通 三次市 十日市中 バス停「西町」がある。
〃 八次村 畠敷 鳥居ヶ瀬 一五 五三 農業 三次市 畠敷町
〃 三次町 稲荷町 一二〇 四八八 商業 被傭 三次市 三次町 バス停「稲荷町」がある。三次市の部落解放同盟三次支部長に赤丸姓の者がいた[21]。赤丸(あかまる)は、石川県金沢市が最多の稀姓。同地の三次市協に以下の姓の者がいた[21]。大森、竹中。同地には福藤姓の太鼓屋がある[51]。福藤(ふくふじ。他に読みあり)は三次市が最多の稀姓。
〃 〃 寺戸 才ヶ瀬 二一 一二四 農業 三次市 三次町 三次町367-2に三次市定住促進住宅寺戸宿舎がある。
〃 河内村 山家 髙津原 二八 工業 三次市 山家町 高津原
〃 〃 〃 神ノ瀬 一四 四六 三次市 山家町 山家町に神ノ瀬集会所がある。
〃 〃 河内 折原 二六 三次市 穴笠町 穴笠町に折原集会所がある。
〃 君田村 櫃田 二五 商業 三次市 君田町櫃田
〃 〃 西入君 鋳原 一〇 四六 交通 三次市 君田町西入君
〃 〃 藤兼 川東上 一四 七一 商業 三次市 君田町藤兼

227頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
雙三郡 布野村 下布野 大隅 三三 農業 三次市 布野町下布野
〃 〃 上布野 山崎 三一 三次市 布野町上布野 布野支部長に山崎姓の者がいた[21]。山崎姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 中村野谷 一一 四六 工業 三次市 布野町上布野
〃 作木村 大津 市ヶ原 四四 二二八 商業 三次市 作木町大津
〃 〃 下作木 上組 四五 一八八 交通 工業 三次市 作木町下作木
〃 〃 香淀 川ヶ 二二 一〇二 農業 三次市 作木町香淀 川ヶ 旧・作木村には部落が6地区(98戸、294人)散在しており、内訳は柳原・大津・港・高丸・川毛・その他点在[52]。川ヶが川毛の可能性。作木町香淀1−33に高丸集会所あり。高丸は港地区の13軒の部落民が開拓した地区で、全国でも珍しい部落民の開拓村[53]。高丸の解同支部書記長の姓が荒木であることを『解放新聞』が暴露している[54]。高丸地区の他の部落民の姓は末広や原田である[55]。また部落解放同盟作木支部長に以下の姓の者がいた[21]。竹内、本田。作木町香淀に荒木姓1件、原田姓2件、本田姓2件。末広姓なし。2000年電話帳。
〃 〃 柳原 𫞉原、和志 一〇 四九 運搬 農業 三次市 作木町伊賀和志 「𫞉」は「柳」の異体字。[56]。訓みはヤナバラ[57]
〃 吉舎町 海田原 温井 二九 一五二 工業 三次市 吉舎町海田原
〃 和田村 和知 紙屋 二一 一〇五 農業 商業 三次市 和知町
〃 田幸村 小田幸 柳原 四〇 三次市 小田幸町
〃 〃 大田幸 大迫 二五 三次市 大田幸町
〃 三良坂町 三良坂 小川 三四 一三八 工業 三次市 三良坂町三良坂 三良坂町三良坂3138-1に小川集会所がある。三次市三良坂町では、戦前は十数戸が竹細工をしており、今の2戸のうち1戸は石田姓の者とする[58]。同地出身の河野姓の者がいた[59]。部落解放同盟の三良坂支部長に山本姓の者がいた[21]。三良坂に巳之口姓9件、己之口姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 〃 迫田 二三 一二七 三次市 三良坂町三良坂 三良坂町三良坂2986-1に迫田集会所がある。
〃 〃 岡田 井出ノ上 三二 一六七 漁業 三次市 三良坂町岡田
比婆郡 庄原町 助藤 一四 七〇 商業 庄原市 本町字助藤 バス停「助藤」あり。
〃 〃 川手 三一 庄原市 川手町
〃 〃 上ノ町 一〇 三五 商業 庄原市 東城町 東城上之町

228頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
比婆郡 庄原町 大久保 中ノ段 三六 一七三 農業 工業 庄原市 大久保町 部落解放同盟庄原支部長に池口姓の者がいた[21]。池口姓3件。2000年電話帳。
〃 髙村 髙 具六 三六 一七〇 商業 庄原市 高町 揚口姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 小用 小屋ノ段 三一 工業 庄原市 小用町
〃 西城町 栗 東沖 三三 一七八 庄原市 西城町栗 部落解放同盟の西城支部長に奈良木姓の者がいた[21]。奈良木(ならき。他に読みあり)は、鹿児島県霧島市が最多の稀姓。奈良木姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 平子 大ノ木 一三 六九 庄原市 西城町平子 部落名は才ノ木とも読める。要検証。「庄原市西城町平子栃の木谷山」という住所がかつてあった。関連不明。[60]
〃 小奴可村 小奴可 弓場 一九 八三 被傭 庄原市 東城町小奴可 弓場
〃 田森村 粟田 米政 二七 庄原市 東城町粟田 部落解放同盟東城支部長に黒田姓の者がいた[21]。黒田姓3件。2000年電話帳。
〃 東城町 川西 比奈 三六 被傭 庄原市 東城町川西 字比奈
〃 〃 川東 坂本 三五 一六七 工業 庄原市 東城町川東
〃 〃 川西 河原 二九 水産 農業 庄原市 東城町川西
〃 久代村 波止田 三〇 農業 庄原市 東城町久代 庄原市(旧:比婆郡東城町)の住民で、三次高校の生徒だった弓場姓の者が映画『橋のない川』の第二部を見て自殺したと解同は言い張っている[61]。弓場姓1件。2000年電話帳。
〃 帝釋村 末渡 三六 商業 庄原市 東城町帝釈未渡 末渡は未渡の誤記。
〃 〃 宇山 西宇山 三六 庄原市 東城町帝釈宇山
〃 峯田村 峯 野田 四九 二五七 商業 庄原市 峰田町 池口姓2件。2000年電話帳。
〃 山ノ内東村 上原 三一 被傭 庄原市 上原町 池口姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 三日市 三日市 一八 九三 交通 庄原市 三日市町
〃 〃 市 掛田 一〇 六五 工業 商業 庄原市 掛田町

229頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
比婆郡 口南村 湯本 徳樂 二六 農業 庄原市 口和町湯木 湯本は湯木の誤記。庄原市の部落解放同盟口和支部長に岡田姓の者がいた[21]。岡田姓2件。2000年電話帳。
〃 〃 永田 大久保 三三 庄原市 口和町永田 バス停「大久保集会所」あり。岡田姓3件。2000年電話帳。
〃 口北村 向東 三七 一八二 商業 庄原市 口和町向泉 白根姓4件。2000年電話帳。
〃 下髙野山村 中門田 別当 一五 八一 庄原市 高野町中門田 高野町中門田333-2に別当集会所あり。高野支部長に大田姓の者がいた[21]。大田姓3件。2000年電話帳。
〃 上髙野山村 新市 土手 三六 工業 農業 庄原市 高野町新市 高野町新市623に土手公営住宅がある。
〃 〃 〃 川角 二三 農業 被傭 庄原市 高野町新市 高野町新市1261に川角公営住宅がある。
〃 比和町 比和 細越 一四 八二 庄原市 比和町比和
〃 〃 森脇 追峠 四〇 庄原市 比和町森脇
〃 〃 三河内 小風呂 四二 商業 庄原市 比和町三河内 比和町三河内520-2に小風呂集会所がある。
〃 山ノ内西村 尾引 二二 一一三 庄原市 尾引町
〃 〃 髙茂 舟船 一三 八六 工業 庄原市 高茂町 宇江田姓3件。2000年電話帳。
〃 山ノ内北村 川北 茶屋 四一 二〇八 被傭 庄原市 川北町 川北町524-1に茶屋集会所がある。
〃 〃 〃 市場 二三 庄原市 川北町 バス停「市場局前」がある。
〃 〃 門田 笹淵 三一八 庄原市 門田町 門田町749-4に笹渕(笹淵)集会所がある。なお「七戸、三一八人」は誤記の可能性が高い。誤記でないとすると1戸あたり平均45人。池口姓1件。2000年電話帳。
〃 〃 濁川 具ノ平 三五 庄原市 濁川町
計二四九 四二六 九〇二二 四七六八五

施設等

隣保館

  • 三原市人権文化センター - 広島県三原市長谷1丁目6番1号
  • 三原市本郷人権文化センター - 広島県三原市本郷北3丁目16番10号
  • 三原市大和人権文化センター - 広島県三原市大和町下徳良107番地1
  • 安芸高田市吉田人権会館 - 広島県安芸高田市吉田町常友1284番地1
  • 安芸高田市八千代人権福祉センター - 広島県安芸高田市八千代町佐々井1329番地
  • 安芸高田市たかみや人権会館 - 広島県安芸高田市高宮町佐々部983番地13
  • 安芸高田市甲田人権会館 - 広島県安芸高田市甲田町高田原1458番地
  • 東広島市人権センター - 広島県東広島市西条吉行東1丁目1番14号
  • 東広島市黒瀬文化会館 - 広島県東広島市黒瀬町乃美尾890番地1
  • 東広島市河内人権センター - 広島県東広島市河内町中河内1289番地1
  • 東広島市安芸津人権センター - 広島県東広島市安芸津町木谷3263番地1
  • 北広島町人権センター - 広島県山県郡北広島町有田495番地1
  • 呉市山の手会館 - 広島県呉市山手2丁目2番1-101号
  • 呉市皆実会館 - 広島県呉市仁方皆実町1番11号
  • 呉市広会館 - 広島県呉市広白岳3丁目6番34号
  • 呉市かわじり中央会館 - 広島県呉市川尻町東1丁目8番15号
  • 呉市音戸会館 - 広島県呉市音戸町田原3丁目5番1号
  • 呉市安浦会館 - 広島県呉市安浦町内海南4丁目6番21号
  • 呉市蒲刈会館 - 広島県呉市蒲刈町宮盛1336番地1
  • 呉市豊浜会館 - 広島県呉市豊浜町豊島3462番地の4
  • 竹原市人権センター - 広島県竹原市中央5丁目5番17号
  • 竹原市吉名隣保館 - 広島県竹原市吉名町2728番地
  • 江田島市三高会館 - 広島県江田島市沖美町三吉2633番地9
  • 江田島市大垣厚生文化センター - 広島県江田島市大柿町柿浦2579番地4
  • 江田島市宮ノ原隣保館 - 広島県江田島市江田島町宮ノ原1丁目14番12号
  • 江田島市鹿川文化センター - 広島県江田島市能美町鹿川3441番地9
  • 廿日市市佐方会館 - 広島県廿日市市佐方本町3番14号
  • 福山市山手コミュニティセンター - 広島県福山市山手町6丁目3番20号
  • 福山市新市コミュニティセンター - 広島県福山市新市町大字新市1022番地
  • 福山市本庄コミュニティセンター - 広島県福山市南本庄3丁目4番15号
  • 福山市三吉コミュニティセンター - 広島県福山市三吉町2丁目8番5号
  • 福山市深津コミュニティセンター - 広島県福山市西深津町1丁目5番17号
  • 福山市高西コミュニティセンター - 広島県福山市高西町3丁目3番10号
  • 福山市本郷コミュニティセンター - 広島県福山市本郷町2850番地
  • 福山市神村コミュニティセンター - 広島県福山市神村町4790番地1
  • 福山市瀬戸コミュニティセンター - 広島県福山市瀬戸町大字地頭分80番地1
  • 福山市駅家コミュニティセンター - 広島県福山市駅家町大字近田12番地1
  • 福山市加茂コミュニティセンター - 広島県福山市加茂町大字下加茂379番地2
  • 尾道市人権文化センター - 広島県尾道市防地町26番24号
  • 尾道市因島人権文化センター - 広島県尾道市因島中庄町2089番地1
  • 尾道市因島人権福祉センター - 広島県尾道市因島三庄町2195番地1
  • 大崎上島町役場 東野解放教育集会所 - 広島県豊田郡大崎上島町東野3960

関連団体

  • 部落解放同盟広島県連合会 - 広島県尾道市防地町24-27
  • 部落解放同盟竹原市協議会 - 広島県竹原市中央5丁目5-17
  • 部落解放同盟竹原市協議会・南部地区協議会 - 広島県竹原市竹原町1567-2
  • 部落解放同盟三原市協議会 - 広島県三原市長谷1丁目6-1(旧・長谷町2129)
  • 部落解放同盟福山市協議会、部落解放同盟東部地区協議会 - 広島県福山市佐波町262-3
  • 部落解放同盟東広島市協議会事務局 - 広島県東広島市西条吉行向1-43
  • 部落解放同盟広島県連合会安芸津支部 - 広島県豊田郡安芸津町木谷3263-1
  • 部落解放同盟広島県連合会木江町支部 - 広島県豊田郡木江町木江5178-9
  • 部落解放同盟広島県連合会大崎上島町協議会 - 広島県豊田郡大崎上島町中野5699-1
  • 部落解放同盟広島県連合会安浦支部 - 広島県豊田郡安浦町内海3110
  • 部落解放同盟広島県連合会豊浜支部 - 広島県豊田郡豊浜町豊島
  • 部落解放同盟広島県連合会久井支部 - 広島県御調郡久井町和草615-1
  • 部落解放同盟広島県連合会本郷支部 - 広島県豊田郡本郷町本郷1330-2
  • 部落解放同盟広島県連合会吉舎支都 - 広島県双三郡吉舎町海田原
  • 部落解放同盟広島県連合会吉田支部 - 広島県高田郡吉田町常友1284-1
  • 部落解放同盟安芸高田市協議会
  • 部落解放同盟北広島町協議会
  • 部落解放同盟広島県連合会因島支部
  • 部落解放同盟広島県連合会近田支部
  • 部落解放同盟広島県連合会八次支部
  • 部落解放同盟広島県連合会湯来支部
  • 部落解放同盟広島県連合会佐伯郡佐伯支部
  • 部落解放同盟広島県連合会音戸支部 - 広島県呉市音戸町
  • 部落解放同盟広島県連合会蒲刈町宮盛支部 - 広島県呉市蒲刈町宮盛
  • 部落解放同盟広島県連合会蒲刈支部 - 広島県呉市
  • 部落解放同盟広島県連合会豊支部 - 広島県呉市豊町久比
  • 部落解放同盟広島県連合会作木支部 - 広島県三次市作木町
  • 部落解放同盟広島県連合会双三郡三和支部 - 広島県三次市三和町羽出庭
  • 部落解放同盟広島県連合会広島支部
  • 部落解放同盟広島県連合会大朝支部 - 山県郡北広島町
  • 部落解放同盟広島県連合会白木支部 - 広島市安佐北区
  • 部落解放同盟広島県連合会熊野支部 - 安芸郡熊野町
  • 部落解放同盟広島県連合会美土里支部 - 安芸高田市
  • 部落解放同盟広島県連合会蒲刈支部 -呉市
  • 部落解放同盟広島県連合会呉支部 - 呉市
  • 部落解放同盟広島県連合会黒瀬支部 - 東広島市
  • 部落解放同盟広島県連合会高屋支部 - 東広島市
  • 部落解放同盟広島県連合会甲田支部 - 安芸高田市
  • 部落解放同盟広島県連合会高宮支部 - 安芸高田市
  • 部落解放同盟広島県連合会吉田支部 - 安芸高田市
  • 部落解放同盟広島県連合会志和支部 - 東広島市
  • 部落解放同盟広島県連合会福富支部 - 東広島市
  • 部落解放同盟広島県連合会豊栄支部 - 東広島市
  • 部落解放同盟広島県連合会河内支部 - 東広島市
  • 部落解放同盟広島県連合会木江支部 - 豊田郡大崎上島町
  • 部落解放同盟広島県連合会三原西支部 - 三原市
  • 部落解放同盟広島県連合会作木支部 - 三次市
  • 部落解放同盟広島県連合会布野支部 - 三次市
  • 部落解放同盟広島県連合会双三郡三和支部 - 三次市
  • 部落解放同盟広島県連合会三良坂支部 - 三次市
  • 部落解放同盟広島県連合会三次支部 - 三次市
  • 部落解放同盟広島県連合会口和支部 - 庄原市
  • 部落解放同盟広島県連合会高野支部 - 庄原市
  • 部落解放同盟広島県連合会比和支部 - 庄原市
  • 部落解放同盟広島県連合会庄原支部 - 庄原市
  • 部落解放同盟庄原市協 - 庄原市
  • 部落解放同盟広島県連合会西城支部 - 庄原市
  • 部落解放同盟広島県連合会東城支部 - 庄原市
  • 部落解放同盟広島県連合会総領支部 - 庄原市
  • 部落解放同盟広島県連合会瀬戸田支部 - 尾道市
  • 部落解放同盟広島県連合会向島支部 - 尾道市
  • 部落解放同盟広島県連合会北久保支部 - 尾道市
  • 部落解放同盟広島県連合会尾道支部 - 尾道市
  • 部落解放同盟広島県連合会共和支部 - 府中市
  • 部落解放同盟広島県連合会上下支部 - 府中市
  • 部落解放同盟広島県連合会目崎支部 - 府中市
  • 部落解放同盟広島県連合会府中支部 - 府中市
  • 部落解放同盟広島県連合会土庄支部 - 府中市
  • 部落解放同盟広島県連合会高木支部 - 府中市
  • 部落解放同盟広島県連合会広谷支部 - 府中市
  • 部落解放同盟広島県連合会神石郡三和支部 - 神石郡神石高原町
  • 部落解放同盟広島県連合会豊松支部 - 神石郡神石高原町
  • 部落解放同盟広島県連合会内海支部 - 福山市
  • 部落解放同盟広島県連合会芦田支部 - 福山市
  • 部落解放同盟広島県連合会福山市瀬戸上・下支部 - 福山市
  • 部落解放同盟広島県連合会駅家支部 - 福山市
  • 部落解放同盟広島県連合会山手支部 - 福山市
  • 部落解放同盟広島県連合会吉津支部 - 福山市
  • 部落解放同盟広島県連合会沼隈支部 - 福山市
  • 部落解放同盟広島県連合会鞆支部 - 福山市
  • 部落解放同盟広島県連合会神村十二区支部 - 福山市
  • 部落解放同盟広島県連合会大門支部 - 福山市
  • 部落解放同盟広島県連合会福山支部 - 福山市
  • 自由同和会広島県本部 - 広島県福山市浜松町3-4-21 1F
  • 全日本同和会広島県連合会 - 広島県広島市西区横川町3-6-10-201
  • 全日本同和会広島県連合会 - 広島県安芸郡坂町坂東1丁目7-2
  • 広島人権連 - 広島県広島市西区福島町1-19-19
  • 部落解放同盟全国連合会広島支部 - 広島市西区福島町一丁目24-1

「全国新同和連合会広島県連合会」が広島県広島市中区大手町5丁目2-15にあるが、行政対応していない泡沫団体。同じ住所と電話番号で不動産業「株式会社 マックス」の登録がある。

改良住宅

広島市

  • 県営長寿園南高層住宅 - 広島市中区西白島町
  • 県営小河内住宅 - 広島市西区小河内町一丁目
  • 県営福島北住宅 - 広島市西区福島町一丁目
  • 県営福島西住宅 - 広島市西区福島町一丁目6-2付近

東広島市

  • 安芸津改良住宅 - 東広島市安芸津町木谷

尾道市

  • 沖側住宅 - 尾道市沖側
  • 神田住宅 - 尾道市神田町
  • 新高山住宅 - 尾道市新高山2丁目
  • 北久保南住宅 - 尾道市防地町

福山市

  • 西深津町改良住宅 - 福山市西深津町一丁目
  • 瀬戸町改良住宅 - 福山市瀬戸町
  • 三吉町改良住宅 - 福山市三吉町二丁目、北吉津町四丁目
  • 神村町改良住宅 - 福山市神村町
  • 奈良津町改良住宅 - 福山市奈良津町一丁目

竹原市

  • 向島改良住宅 - 竹原市田ノ浦一丁目8番11-1号
  • 桜町改良住宅 - 竹原市忠海東町四丁目4番17-1号

教育集会所・同和対策集会所

  • 広島市福島教育集会所小河内センター館 - 広島市西区小河内町1-8-5
  • 広島市福島教育集会所二丁目分館 - 広島市西区福島町2-9-5
  • 旧福島教育集会所都町分館 - 広島市西区都町30-2
  • みのり教育集会所 - 広島市佐伯区美の里二丁目1-26
  • 皆実教育集会所 - 呉市仁方皆実町1-11
  • 乃美尾教育集会所 - 東広島市黒瀬町乃美尾201
  • 総領町同和対策集会所(庄原市郷原集会所) - 庄原市総領町稲草1521番地
  • 竹原教育集会所 - 竹原市田ノ浦一丁目8番27号
  • 東多井教育集会所 - 竹原市竹原町3044番地の3
  • 佐方教育集会所 - 廿日市市佐方本町2番11号
  • 河津原教育集会所 - 廿日市市河津原749番地2
  • 海田原集会所 - 三次市吉舎町海田原490番地1
  • 融光会館 - 江田島市大柿町大原613番地1
  • 美土里町教育集会所 - 安芸高田市美土里町本郷1777−1
  • 花の木教育集会所 - 安芸高田市甲田町下小原1212番地4
  • 福山市本庄コミュニティセンター - 福山市南本庄三丁目4番15号
  • 福山市深津コミュニティセンター - 福山市西深津町一丁目5番17号
  • 福山市三吉コミュニティセンター - 福山市三吉町二丁目8番5号
  • 福山市奈良津コミュニティセンター - 福山市奈良津町一丁目9番15号
  • 福山市山手コミュニティセンター - 福山市山手町六丁目3番20号
  • 福山市瀬戸コミュニティセンター - 福山市瀬戸町大字地頭分80番地1
  • 福山市鞆コミュニティセンター - 福山市鞆町後地1208番地
  • 福山市春日コミュニティ館 - 福山市春日町五丁目5番22号
  • 福山市駅家コミュニティセンター - 福山市駅家町大字近田12番地1
  • 福山市駅家コミュニティセンター分館 - 福山市駅家町大字倉光579番地1
  • 福山市加茂コミュニティセンター - 福山市加茂町大字下加茂379番地2
  • 福山市新市コミュニティセンター - 福山市新市町大字新市1022番地
  • 福山市高西コミュニティセンター - 福山市高西町三丁目3番10号
  • 福山市本郷コミュニティセンター - 福山市本郷町2850番地
  • 福山市神村コミュニティセンター - 福山市神村町4790番地1
  • 福山市松永コミュニティセンター - 福山市松永町四丁目14番1号
  • 福山市神辺西コミュニティセンター - 福山市神辺町字西中条270番地1
  • 福山市神辺東コミュニティセンター - 福山市神辺町字上御領195番地5
  • 洲江教育集会所(現・因島洲江ふれあい館) - 尾道市因島洲江町1740
  • 北広島町大朝教育集会所 - 北広島町新庄2883番地
  • 北広島町千代田教育集会所 - 北広島町有田495番地1
  • 北広島町豊平教育集会所 - 北広島町都志見4857番地5
  • 東野解放教育集会所 - 豊田郡大崎上島町東野3960番地
  • 熊野町役場人権教育集会所 - 安芸郡熊野町川角1丁目5-55

人権啓発センター

  • 庄原市人権センター - 庄原市西本町4-5-26
  • たかみや人権会館 - 安芸高田市高宮町佐々部983-13
  • 吉田人権会館 - 安芸高田市吉田町常友1284-1
  • 甲田人権会館 - 安芸高田市甲田町高田原1458

出典

  1. 『部落解放教育資料集成』289頁
  2. 『部落』1964年、第16巻、第7~9号、71頁
  3. 伊藤信夫「ルポルタージュ ヒロシマ一九六八年の夏」
  4. archive.is/lnab9
  5. 藤里晃『部落史・部落問題学習のすすめかた』129頁
  6. 原田伴彦『被差別部落の歴史』387頁
  7. 久保井規夫『図説食肉・狩漁の文化史: 殺生禁断から命を生かす文化へ』148頁
  8. 『解放理論の創造』第7巻、第1部、231頁
  9. 9.00 9.01 9.02 9.03 9.04 9.05 9.06 9.07 9.08 9.09 9.10 『広島県部落問題年表』(広島県立図書館、1986)
  10. 『解放の火を燃やせ 第2集(第2回部落解放奨学生全国集会・報告書)』(部落解放同盟中央本部編、部落解放同盟中央出版局、1971)
  11. 『轍 広島市尾長町協和会誌』(広島市尾長町協和会誌編集委員会編、広島市尾長町協和会、1986)
  12. 『部落の実態 第1 広島県府中市』(部落問題研究所編、部落問題研究所出版部、1969)
  13. 『いのちあるかぎり』(福島地区被爆者の会編、兵庫部落問題研究所、1985)
  14. 『轍 広島市尾長町協和会誌』(広島市尾長町協和会誌編集委員会編、広島市尾長町協和会、1986)
  15. 『明治之光(複製版)』(兵庫部落問題研究所編、兵庫部落問題研究所、1977)
  16. 『部落の実態 第1 広島県府中市』(部落問題研究所編、部落問題研究所出版部、1969)
  17. 『社会改善公道(覆刻)』(西播地域皮多村文書研究会編、西播地域皮多村文書研究会、1984)
  18. 『差別のなかを生きぬいて』(部落解放同盟中央本部編、解放出版社、1978)
  19. 『めだか子ども会』(部落解放同盟北久保支部、明治図書出版、1970)
  20. 『未解放部落史の研究』(渡辺実、吉川弘文館、1965)
  21. 21.00 21.01 21.02 21.03 21.04 21.05 21.06 21.07 21.08 21.09 21.10 21.11 21.12 21.13 21.14 21.15 21.16 21.17 21.18 21.19 21.20 21.21 21.22 21.23 21.24 21.25 21.26 21.27 21.28 21.29 21.30 21.31 21.32 21.33 21.34 21.35 『部落解放同盟広島県連合会再建20年のあゆみ』(部落解放同盟広島県連合会出版局編、部落解放同盟広島県連合会出版局、1989)
  22. 『日本の特殊部落』(菊池山哉、東京史談会、1962)
  23. http://masuda901.web.fc2.com/page5cqx43.html
  24. [1]
  25. 農林弘済会「農林水産省年報」(1979年)184頁に津久茂地区の同和対策事業に関する記述がある。
  26. 『部落問題事典』(部落解放研究所編、部落解放研究所、1986)
  27. 『未解放部落研究』(上田一雄、潮文社、1956)
  28. 柳田國男「鉢叩きと其杖(毛坊主考の六)」には「今の広島県安佐郡亀山村には大畑(ママ)・青・丸山・大野などの特殊部落がある。此地の口碑に依れば、昔はエタに長利派(ちやうりは)八矢(はちや)中間(なかま)の三種族があつたが後に皮田と云ふ一種族新に起り専ら獣類の皮を取扱ふやうになつた云々(広島県特殊部落調)。此古伝は頗る鉢屋退歩の歴史を語るものゝやうに思ふ」とある。
  29. http://glyphwiki.org/wiki/u7c54
  30. http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1111133629802/index.html
  31. http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1296706101957/files/230207shiyuuzaisangaiyou.pdf
  32. 32.0 32.1 32.2 32.3 32.4 『日本民衆文化の原郷』(沖浦和光、解放出版社、1984)
  33. 『現代日本の差別』4頁、9頁
  34. 解放新聞社編『被差別部落 西日本編』160頁
  35. 解放新聞社編『被差別部落 西日本編』160頁
  36. 『解放新聞 1975年4月21日号』(解放新聞社)
  37. 『部落問題事典』(部落解放研究所編、部落解放研究所、1986)
  38. 柳田國男は「茶筅及びサヽラ(毛坊主考の七)」の中で「近年此県から内務省へ報告した特殊部落調にも(略)豊田郡高坂村大字真良の内、石丸・苅山谷・甲山谷・江良頭及び畝の五部落に居住する新平民は、総戸数六十六戸あつて、其一名を茶筅とも称すとある」と述べている。このうち畝だけが『全國部落調査』に載っていない。
  39. 『解放新聞 1978年3月28日号』(解放新聞社)
  40. 解放新聞社編『被差別部落 西日本編』171頁
  41. 解放新聞社編『被差別部落 西日本編』174頁
  42. 『特殊部落の解放』(岡本弥、警醒社書店、1921)
  43. 解放新聞社編『被差別部落 西日本編』175-184頁
  44. 『因島市の部落問題』(因島市同和地区実態調査団編、因島市同和地区調査編集委員会、1969)
  45. 『解放新聞 1948年10月1日号』(解放新聞社)
  46. 『部落の民』90-107頁
  47. 『社会改善公道(覆刻)』(西播地域皮多村文書研究会編、西播地域皮多村文書研究会、1984)
  48. 『広島県慈善団体事績概況』(広島県)
  49. http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/944892/10?tocOpened=1
  50. 『竹細工に生きる 文化・歴史・物語』(石田涇源、解放出版社、1990)
  51. 『NTT 電話帳』
  52. 解放新聞社編『被差別部落 西日本編』185頁
  53. 解放新聞社編『被差別部落 西日本編』185, 189頁
  54. 解放新聞社編『被差別部落 西日本編』186頁
  55. 解放新聞社編『被差別部落 西日本編』187, 194頁
  56. http://glyphwiki.org/wiki/u687a-ue0102
  57. 解放新聞社編『被差別部落 西日本編』185頁
  58. 『日本の聖と賎 近代篇』(野間宏、沖浦和光、人文書院、1992)
  59. 『近現代の部落問題と山本政夫』(大阪人権博物館編、解放出版社、2009)
  60. http://www.isekiwalker.com/iseki/142294/
  61. 『部落解放運動基礎資料集 第4巻 差別糾弾・行政闘争』(部落解放研究所編、部落解放同盟中央本部、1981)