平成29年1月4日 大規模な荒らしが発生しているため、現在非登録利用者によるアカウント作成及び編集を一時的に禁止しています。編集をご希望の方は、各利用者または管理者(buraku[at]protonmail.ch)までお問い合わせください。

和歌山県

提供: 同和地区(被差別部落)Wiki
移動先: 案内検索
和歌山県.jpg

概況

本県の同和地区は文献(調査その一)からその多くが明らかになっている。

紀伊続風土記に記載された皮田部落は以下の通り[1]

  • 名草郡

岡島皮田(現・和歌山市雄松町)、善明寺村皮田(現・和歌山市善明寺)、平井村皮田(現・和歌山市平井)、弘西村皮田(現・和歌山市弘西)、上野村皮田(現・和歌山市上野)、岩橋村皮田(現・和歌山市岩橋)、鳴神村皮田(現・和歌山市鳴神)、杭瀬村岡島皮田出作(現・和歌山市杭ノ瀬)、新出島村穢多(現・和歌山市桑山)、口須佐村皮田(現・和歌山市口須佐)、本渡村皮田(現・和歌山市本渡)

  • 海部郡

木本村皮田(現・和歌山市木ノ本)、方村皮田(現・海南市下津町方)、椒里村皮田(現・有田市初島町里大字椒里)、横浜村皮田(現在地不明)

  • 那賀郡

東国分村皮田(現・紀の川市東国分)、古和田村皮田(現・紀の川市古和田)、下井坂村皮田(現・紀の川市西井阪)、西之芝村(現・紀の川市王子)、狩宿村(現・紀の川市名手市場)、大垣内村皮田(現・和歌山市大垣内)、沖野々村皮田(現・海南市沖野々)、七山村皮田(現・海南市七山)、調月村皮田(現・紀の川市桃山町調月)

  • 伊都郡

移村皮田(現・伊都郡かつらぎ町移)、東村皮田(現・伊都郡かつらぎ町笠田東)、佐野村皮田(現・伊都郡かつらぎ町佐野)、丁野町村穢多(現・伊都郡かつらぎ町丁ノ町)、中飯降村皮田(現・伊都郡かつらぎ町中飯降)、北名古曾村皮田(現・橋本市高野口町北名古曽)、端場村(現・橋本市高野口町伏原)、岸上村(現・橋本市岸上)、原田村(現・橋本市原田)、平沼田村皮田(現・伊都郡かつらぎ町平沼田)

  • 在田郡

須谷村皮田(現・有田市宮原町須谷)、湯浅村皮田(現・有田郡湯浅町湯浅)、広村皮田(現・有田郡広川町広)、長田村皮田(現・有田郡有田川町長田)、荘村皮田(現・有田郡有田川町庄)

  • 日高郡

下冨安村皮田(現・御坊市湯川町富安)、下志賀村皮田(現・日高郡日高町志賀下志賀)、財部村皮田(現・御坊市湯川町財部)、島村皮田(現・御坊市島)、薗浦皮田(現・御坊市薗)、吉田村皮田(現・御坊市藤田町吉田)、下野口村皮田(現・御坊市野口)、南谷村皮田(現・日高郡印南町大字南谷)、西野地村皮田(現・日高郡印南町西ノ地)

  • 牟婁郡

芋村皮田(現・田辺市芳養町)、西谷村皮田(現・田辺市中辺路町西谷)、十九淵村皮田(現・西牟婁郡白浜町十九渕)、朝来村皮田(現・西牟婁郡上富田町朝来)、周参見浦皮田(現・西牟婁郡すさみ町周参見)、和深浦皮田(現・東牟婁郡串本町和深)、天満村皮田(現・東牟婁郡那智勝浦町天満)、上熊野地皮田(現・新宮市字上熊野)、本宮村皮田(現・田辺市本宮町本宮)、栗須村皮田(現・三重県南牟婁郡御浜町栗須)、口有馬村皮田(現・三重県熊野市有馬町)、前山村皮田(現在地不明)

紀伊続風土記に脱落していると渡辺広が指摘した皮田部落は以下の通り。

  • 在田郡

北湊村皮田(現・有田市箕島)、徳田村皮田(現・有田郡有田川町徳田)

  • 日高郡

萩原村皮田(現・日高郡日高町萩原)、芝村皮田(現・日高郡みなべ町芝)、熊野川村皮田(現・日高郡日高川町熊野川)、東村皮田(現・田辺市龍神村東)、高家村皮田(現・日高郡日高町高家)

  • 牟婁郡

大川村皮田(現・東牟婁郡古座川町大川)、安宅村皮田(現・西牟婁郡白浜町安宅)、田野井村皮田(現・西牟婁郡白浜町田野井)、西向村皮田(現・東牟婁郡串本町西向)、林浦皮田(現・三重県尾鷲市林町)、古本村皮田(現・三重県北牟婁郡紀北町)、船津村皮田(現・三重県北牟婁郡紀北町船津)、河内村皮田(現・三重県北牟婁郡紀北町河内)、馬瀬村皮田(現・三重県北牟婁郡紀北町馬瀬)、二郷村皮田(現・三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島)

その他の『全國部落調査』記載の部落はほとんどが幕末以後の成立であろうと渡辺は推測している[2]

伊都郡端場村(現・橋本市)の伝承として、「岡本弥氏は『村の起源について確かな文献はないが、平安朝頃東北地方から本郡学文路村へ移住し、其後また今の所へ移転してきたものらしい。』と述べておられる。柳田国男氏がいわれたように、ハバの語が西日本には全く知られておらぬ語であるとすると、岡本弥氏の意見にも捨てがたい所もあるような気がする。岡本氏は俘囚説をとっておられる」[3]との記述もある。岡本弥は端場村の村長だった。村名のハバ(端場)は、東日本の地名用語で「崖」、「傾斜地」、「土手」を意味する(長野県の部落の小字名に「幅」「小瀬幅」「西幅」などがある。それらの地名に因む部落姓にも「長幅」「西幅」がある)。俘囚起源の部落の可能性あり。

新宮市の部落には、敗走した雑賀衆が祖という伝承がある[4]。どの部落を指すかは不明。

なお、文仁親王妃紀子の実家である川嶋家の祖先の松浦平吉(紀子の曾祖父である川嶋庄一郎の父)の家と墓地は被差別部落にあるとの風評もあるが、平吉の出身地は和歌山県有田郡山保田組板尾村(現・有田川町板尾)であり、『全国部落調査』に板尾の記載はない。

また竹中平蔵は実家が履物店であるため被差別部落民説があるが、竹中の実家があった和歌山市小松原通は『全国部落調査』に記載がない。ただし竹中の父(竹中邦蔵)や祖父の出身地は要調査。

森秀次に次ぐ部落出身代議士の第二号となった沼田嘉一郎の出身地は和歌山県とも大阪府ともいわれる。要調査。

御霊村水平社同人による集団暴行事件

和歌山県有田郡御霊村大字庄で同村の水平社同人が起こした公務執行妨害・傷害事件(吉田水平社員警官乱闘事件[5])の被告人の氏名は以下の通りである[6]

  • 森田幸吉
  • 岩上光治
  • 有本善四郎
  • 前岡清次
  • 小林美代樹[7]

文献

全國部落調査(1934年)

和歌山縣 昭和九年六月現在

239頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
和歌山市 芦原 岡町 一七九七 七九三三 工、商、労 和歌山市 雄松町、汐見町、三沢町 1944年に芦原を改称。釘貫姓5件。2000年電話帳。和歌山市の芦原地区の牢番頭は釘貫又五郎と名乗っていた[8]。「紀伊岡島皮田村の釘貫家は、『牢番頭』として和歌山藩下のほとんどの『えた』身分の人々を統轄していた」[9]
〃 鳴神 北鳴神 二三五 一〇五六 農、製縄 青物行商 和歌山市 鳴神
〃 杭ノ瀬 杭ノ瀬 二四〇 一一〇〇 農、日稼 養豚 和歌山市 杭ノ瀬
〃 加納 農業 和歌山市 加納
〃 今福 五七 和歌山市 今福
〃 秋月 石原 一三 七七 農、労働 和歌山市 秋月 石原
海草郡 加太町 加太 向町 二七 工業 和歌山市 加太 向町
〃 貴志村 栄谷 東出 二一 八一 農業 花卉栽培 和歌山市 栄谷 池尾姓12件、滝口姓5件。2000年電話帳。

240頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
海草郡 木本村 木本 一二〇 六二五 農業(手伝) 花卉栽培、行商 和歌山市 木ノ本
〃 西脇村 磯脇 三五 農業 和歌山市 磯の浦 1954年8月に磯脇が磯の浦に改称。
〃 西山東村 口須佐 六四 二八二 和歌山市 口須佐
〃 山口村 山口西 新屋 四四 和歌山市 山口西
〃 紀伊村 上野 五七 二九八 和歌山市 上野
〃 〃 弘西 四八 二二七 和歌山市 弘西
〃 西和佐村 岩橋 西垣内 一三〇 七〇八 農、日稼、皮革 和歌山市 岩橋 岩橋の読み方はイワセ。南垣内姓3件[10]。2000年電話帳。
〃 川永村 川辺 二一 農業 和歌山市 川辺
〃 楠見村 平井 三五〇 一四〇〇 農、日稼 花卉栽培、行商 和歌山市 平井 池尾姓9件。2000年電話帳。
〃 〃 善明寺 一一三 四六〇 農業 和歌山市 善明寺
〃 安原村 本渡 西本渡 一六八 九二四 農、古物商、日稼、土工 和歌山市 本渡
〃 有功村 薗部 西山 三四 農、日稼 和歌山市 園部 1998年7月25日の毒カレー事件は和歌山市園部で発生。
〃 安原村 桑山 新田 二三 農業 和歌山市 桑山 1883年に新出島から改称。「寺本右の者共新出島村へ出稼之者田北字寺田に付字の本に住致候付寺本と苗字致度儀に御座候」[11]。和歌山市本渡(本渡村)から和歌山市にあたる新出島村(旧:海草郡安原村)に出ていた12戸に寺本姓をつけている。明治新姓時の姓は地名からつけたもので、親戚関係は考慮されていなかったとする。寺本姓5件。2000年電話帳。
〃 塩津村 東山 一七 工業 海南市 下津町塩津 東山
〃 亀川村 且来 新出 一二 七五 農、日稼 海南市 且来 「『本渡村元皮田之者苗氏附帳』によれば、『小山右之者共旦来村出島ニ而出稼住致者ニ付北ニ小山有之候付小山苗氏致度儀ニ御座候。川端右之者共同断ニテ住致有候ヘ共新川端ト苗氏右同断。』とある。小山四家、川端三家は共に本渡村から旦来村に出作りしたのであった」[12]。和歌山市本渡(本渡村)から海南市且来(旦来)に出ていた者には、4戸に小山姓、3戸に川端姓をつけている。小山姓8件。川端姓11件。2000年電話帳。
〃 大崎村 方 南口 二三 一三〇 海南市 下津町方 南口姓9件。2000年電話帳。
〃 椒村 椒浜 砂浜 一八 一〇八 有田市 初島町浜

241頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
海草郡 三田村 田尻 北田尻 二七 一三五 農、労働 和歌山市 田尻
那賀郡 田中村 西井阪 西井阪 一七七 一〇八〇 農、商工 養蚕 紀の川市 西井阪 漢学者の穢多助四郎(中尾靖軒)の出身地区[13]。1941年12月8日から西光万吉(本名は清原一隆)が居住。その寓居跡に「不戦和栄の碑」あり。中尾姓5件。2000年電話帳。
〃 〃 赤尾 前田 一一 五八 紀の川市 赤尾
〃 〃 赤峯 一八 九七 紀の川市 黒土 赤峯は赤岸の誤記。『角川日本地名大辞典』に黒土の小字として赤岸が記載。
〃 〃 池尻 一六 一〇四 紀の川市 北大井 『角川日本地名大辞典』に北大井の小字として池尻が記載。
〃 田中村 黒土 三七 紀の川市 黒土
〃 池田村 古和田 古和田 一三七 六三一 紀の川市 古和田
〃 〃 東国分 東国分 一五〇 七三四 農、日稼 紀の川市 東国分 溝根姓4件。2000年電話帳。
〃 〃 登尾 一八 農業 紀の川市 登尾
〃 〃 西三谷 二〇 紀の川市 西三谷
〃 〃 豊田 四七 紀の川市 豊田
〃 調月村 添田 七五 三五〇 紀の川市 桃山町調月
〃 小倉村 田中 一五 七一 和歌山市 小倉
〃 〃 大垣内 大垣内 五〇 三〇七 和歌山市 大垣内
〃 根来村 西阪本 一四 五八 岩出市 根来
〃 〃 川尻 二九 岩出市 川尻
〃 岩出町 曽屋 二〇 岩出市 曽屋

242頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
那賀郡 岩出町 溝川 二九 農業 岩出市 溝川
〃 〃 岡田 二九 岩出市 岡田
〃 上岩出村 広芝 一七 岩出市 新田広芝
〃 〃 水栖 一一 五四 岩出市 水栖
〃 〃 西国分 二六 岩出市 西国分
〃 狩宿村 狩宿 三七三 一五八六 農、鉱山夫 藁細工 紀の川市 名手市場 狩宿は『日本差別史関係資料集成』72頁、『部落の歴史: 近畿篇』253頁によると町内に部落寺院の光明寺があるとのことなので名手市場とわかる。名手市場1397にある浄土真宗の光明寺。
〃 王子村 西ノ芝 西ノ芝 七八 三〇五 農業 製莚、製縄、苗行商 紀の川市 王子
〃 中野上村 野上中 新田 二四 一三九 農、日稼 海南市 野上中 田中織之進の出身地区。田中姓5件。2000年電話帳。
〃 〃 沖野々 沖野々 一七〇 八五〇 製縄 海南市 沖野々
〃 北野上村 七山 東垣内 三一 一五七 農業 海南市 七山
〃 名手町 名手市場 元町 四二 一九八 農、日稼(鉱山夫) 紀の川市 名手市場
伊都郡 妙寺町 中飯降 東垣内 六〇 三四八 農業 伊都郡 かつらぎ町 中飯降
〃 〃 丁ノ町 四二 二四五 農、工 伊都郡 かつらぎ町 丁ノ町
〃 見好村 平沼田 下平沼田 二一 一〇八 農業 伊都郡 かつらぎ町 平沼田
〃 笠田町 佐野 東垣内 二六二 一三〇八 農、商、日稼 棕梠晒業 伊都郡 かつらぎ町 佐野
〃 〃 東 前垣内 八五 四九八 農、日稼 伊都郡 かつらぎ町 笠田東 1955年に東を笠田東に改称。
〃 大谷村 大谷 西大谷 三九 二二三 農業 棕梠加工品 伊都郡 かつらぎ町 大谷

243頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
伊都郡 橋本町 原田 原田 一六五 七六八 農、日稼 ■■■■ 橋本市 原田
〃 岸上村 岸上 二八四 一五九三 農、商、日稼職工 養蚕、藁細工 橋本市 岸上 1918年米騒動で死刑になった中西岩四郎と堂浦岩松の出身地区。中西姓14件、堂浦姓6件、井生姓3件、永坂姓5件。2000年電話帳。
〃 應其村 名古曽 宮下 九三 四七六 橋本市 高野口町名古曽 藤範姓1件。2000年電話帳。
〃 端場村 端場 二〇三 八六二 養蚕 橋本市 高野口町伏原 融和運動家の岡本弥の出身地区。岡本姓5件、兼井姓3件、藤範姓1件。2000年電話帳。
〃 高野町 二一 七五 日稼 伊都郡 高野町
〃 山田村 神野々 二四 一二〇 農、日稼 橋本市 神野々
有田郡 湯浅町 湯浅 磯脇 一四〇 七二六 有田郡 湯浅町 湯浅 坂尻姓3件。2000年電話帳。
〃 箕島町 北湊 八五 四四二 有田市 箕島
〃 田殿村 長田 三四 一八七 有田郡 有田川町 長田
〃 廣村 廣 二五五 一二七五 農、商 有田郡 広川町 広 1963年に大阪府和泉市で起きた信太山陸上自衛隊差別事件の被害者とされるのは、有田郡広川町出身の畠中姓の者だった[14]。畠中姓29件。2000年電話帳。
〃 田栖川村 栖原 一八 一一五 農業 有田郡 湯浅町 栖原
〃 宮原村 須谷 二〇 一一二 有田市 宮原町須谷
〃 藤並村 小島 二八 農、日稼 有田郡 有田川町 小島
〃 〃 熊井 二七 農業 有田郡 有田川町 熊井
〃 〃 天満 一二 七二 有田郡 有田川町 天満
〃 御霊村 庄 一四五 六七三 農、日稼 有田郡 有田川町 庄 小林姓14件、岩上姓11件、森田姓5件、有本姓4件、前岡姓1件、2000年電話帳。
〃 〃 徳田 奥徳田 三〇 一五〇 農業 有田郡 有田川町 徳田

244頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
日高郡 御坊町 薗 東薗 四四八 三〇七一 農、日稼製莚 御坊市 薗 酒本姓11件、火和姓1件。2000年電話帳。力士の大輝煌正人(本名は林正人)の自宅は薗934にあった。プロサッカー選手の酒本憲幸の出身地区。
〃 〃 島 一一四 九二七 御坊市 島
〃 湯川村 財部 中財部 六七 三一〇 御坊市 湯川町財部 西川瀁県議により「エッタボウシ」と差別発言をされた(1952年2月27日)松本新一郎県議は湯川町財部の人だが、中財部か東財部かは要調査。松本姓13件。2000年電話帳。
〃 〃 東財部 四五 二二〇 御坊市 湯川町財部 同上。
〃 〃 富安 西富安 一五〇 六八〇 御坊市 湯川町富安
〃 〃 小松原 西小松原 一七 九〇 御坊市 湯川町小松原
〃 切目村 西ノ地 上道 九三 五七六 日高郡 印南町 西ノ地 久堀姓25件。2000年電話帳。
〃 東内原村 萩原 西組 三一 一六〇 農業 日高郡 日高町 萩原
〃 西内原村 高家 向井 二七 一七〇 日高郡 日高町 高家
〃 由良村 里 一二〇 五六〇 農、労働 日高郡 由良町 里
〃 〃 門前 一二 六五 農業 日高郡 由良町 門前
〃 志賀村 志賀 谷口 八四 五〇〇 農、日稼 日高郡 日高町 志賀
〃 野口村 北野口 四七 二八四 農業 御坊市 野口 西川瀁県議による「エッタボウシ」発言(1952年2月27日)に抗議した山本惣五郎[15]と八木峰吉は部落民で、当地区の出身[16]。山本姓8件。八木姓1件。2000年電話帳。
〃 藤田村 吉田 下吉田 五九 三〇五 農、日稼 棕梠加工品 御坊市 藤田町吉田 福居姓14件。2000年電話帳。
〃 稲原村 南谷 切山 五六 三〇〇 農業 日高郡 印南町 南谷 切山姓3件。2000年電話帳。
〃 川上村 熊野川 二九 日高郡 日高川町 熊野川
〃 南部町 芝 芝崎 一二〇 六三〇 農、日稼 日高郡 みなべ町 芝

245頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
日高郡 上山路村 東 栃谷 一二 六一 農、日稼 田辺市 龍神村東
西牟婁郡 下芳養村 崖 四一 四二一 田辺市 芳養町 天童よしみ(本名は吉田芳美)の出身地区。吉田姓7件。2000年電話帳。
〃 二川村 大川 皆ノ川 一八 一〇八 農兼山稼 田辺市 中辺路町大川
〃 朝来村 朝来 大谷 一三六 六〇八 農、日稼 養蚕、飼牛 西牟婁郡 上富田町 朝来 神武天皇東征の折、稲千束を献上し、千束との地名を賜ったとの伝承あり[17]。この地区から出た著名人に演歌歌手の坂本冬美がいる。教育学者の梅田修は「和歌山県西牟婁郡上富田町の朝来小学校と上富田中学校は、校区に同一の同和地区を有する同和校である。」と紹介している。[18]富田町朝来2750に朝来小学校が、上富田町岩田173に上富田中学校がある。坂本姓16件。栃崎姓2件。2000年電話帳。
〃 東富田村 十九渕 平間 五四 三二四 小間物、花行商 西牟婁郡 白浜町 十九渕
〃 田辺町 元町 天神原 九一 四五九 田辺市 天神崎
〃 〃 湊 末廣町 一〇一 五二〇 田辺市 末広町 藍畑姓2件。2012年電話帳。
〃 日置町 安宅 坂本 八三 四五六 西牟婁郡 白浜町 安宅 当地の部落民の宮山政吉と平阪寅一、清水秋次が1956年に港湾労働者から「エッタボシ」との差別発言を受け、部落解放同盟日置支部員による集団暴力事件に発展した[19]。このとき暴力行為等処罰ニ関スル法律違反で起訴された者たちは宮山、場谷(2名)、平坂(ママ)[20]、高畑、小野、伊森[21]の各姓だった[22]。平阪姓27件、平坂姓7件、清水姓なし、高畑姓9件、赤松姓8件、伊森姓13件、岩津姓2件、小野姓8件、場谷姓31件、宮山姓13件。2000年電話帳。
〃 周参見町 周参見 石橋 四二 二〇〇 西牟婁郡 すさみ町 周参見 石橋
〃 〃 神田 二一 九六 農業 飼牛 西牟婁郡 すさみ町 周参見 神田
〃 三舞村 田野井 丹橋 二四 一〇九 農、日稼 西牟婁郡 白浜町 田野井 丹橋姓3件。2000年電話帳。
〃 川添村 市鹿野 上谷 二五 日稼 西牟婁郡 白浜町 市鹿野
〃 和深村 和深 五二 三一八 東牟婁郡 串本町 和深 皮下姓1件、木皮姓5件。2000年電話帳。
東牟婁郡 西向村 西向 住吉區 一三七 八三六 農、木材仲仕 東牟婁郡 串本町 西向
〃 那智村 天満 須崎 七五 三七五 日稼、農 藁細工 東牟婁郡 那智勝浦町 天満 須崎
〃 本宮村 本宮 四二 二二〇 山稼 田辺市 本宮町本宮 全国水平社の栗須喜一郎(出生名は栗須喜市郎)や栗須七郎の出身地区。栗須姓2件、2000年電話帳。
新宮市 永山 永山 一二一 六八四 日稼、農商 新宮市 春日 中上健次の出身地区。中上姓3件。2000年電話帳。「部落解放同盟新宮支部結成50年史」の著者である若松司と水内俊雄[23]は新宮市の同和地区の変遷も調査している。[24]若松と水内は元からある春日地区、藺之沢地区、野田地区、浮島地区に加え、大浜地区、下田(南丸山)地区、砂羅(田鶴原)地区、南谷地区、鴻田地区、松山地区へと後に同和地区が拡大される経緯を明らかにした。

246頁

部落所在地 部落名 戸数 人口 主業 副業 生活程度 現在地 備考
新宮市 藺沢 藺沢 九七 五五七 日稼、農商 新宮市 井の沢
計七五 一一一 九六八五 四八六二〇

調査その一(1954年)

地区別世帶数及び世帶人員の增減

世帶数 世帶員 現在地 備考
昭和9年調査 昭和27年綜合調査 昭和9年調査 昭和27年綜合調査
和歌山市 2,904 2,782 12,825 11,514
 芦原地区 1,797 1,449 7,933 5,528 和歌山市 雄松町、汐見町、三沢町
 鳴神〃 235 261 1,056 1,267 和歌山市 鳴神
 杭の瀬〃 267 338 1,235 1,525 和歌山市 杭ノ瀬
 秋月石原〃 13 31 77 156 和歌山市 秋月 石原
 平井〃 350 413 1,400 1,655 和歌山市 平井
 善明寺〃 120 157 494 750 和歌山市 善明寺
 木の本〃 120 133 625 633 和歌山市 木ノ本
 (加納〃) 2 5 和歌山市 加納
新宮市 218 239 1,238 1,032
 春日地区(永山) 121 91 684 402 新宮市 春日
 野田〃 60 276 新宮市 野田
 藺の沢〃 97 83 554 354 新宮市 井の沢
田辺市 233 328 1,115 1,484
 末広町地区 101 103 520 480 田辺市 末広町
 天神原〃 91 167 459 739 田辺市 天神崎
 芳養崖〃 41 56 136 265 田辺市 芳養町
海草郡 834 1,102 4,338 5,346
 加太町地区 4 7 27 44 和歌山市 加太 向町
 西脇村磯脇〃 7 3 35 13 和歌山市 磯の浦
 貴志村栄谷〃 21 42 81 158 和歌山市 栄谷
 西山東村口須佐〃 64 58 282 278 和歌山市 口須佐
 山口村山口西〃 9 27 44 145 和歌山市 山口西
 紀伊村上野〃 57 95 298 507 和歌山市 上野
  弘西〃 48 85 227 425 和歌山市 弘西
 西和佐村岩橋〃 130 149 708 822 和歌山市 岩橋
 川永村川辺〃 3 21 和歌山市 川辺
 安原村本渡〃 168 257 924 1,201 和歌山市 本渡
  桑山〃 4 25 和歌山市 桑山
 塩津村東山〃 3 5 17 17 海南市 下津町塩津 東山
 亀川村且来〃 12 14 75 77 海南市 且来
 大崎村方〃 23 27 130 144 海南市 下津町方
 椒村砂浜〃 18 104 108 431 有田市 初島町浜
  北原〃 38 190 有田市 初島町里
 中野上村沖野々〃 170 165 850 791 海南市 沖野々
  野上中〃 24 34 139 164 海南市 野上中
 北野上村七山〃 31 30 157 129 海南市 七山
那賀郡 1,219 1,360 5,905 6,200
 田中村西井阪地区 177 189 1,080 808 紀の川市 西井阪
  その他〃 52 48 296 252
 池田村古和田〃 137 113 631 537 紀の川市 古和田
  東国分〃 150 138 734 693 紀の川市 東国分
  その他〃 17 16 85 79
 調月村添田〃 75 63 350 315 紀の川市 桃山町調月
 安楽川村最上〃 25 135 紀の川市 桃山町最上
 小倉村南田中〃 15 23 71 94 和歌山市 小倉
  大垣内〃 50 52 307 267 和歌山市 大垣内
 根来村根来〃 19 32 87 161 岩出市 根来
 山崎村曽屋〃 16 90 岩出市 曽屋
 岩出町溝川〃 15 20 78 110 岩出市 溝川
 上岩出村水栖〃 19 41 97 207 岩出市 水栖
 狩宿村〃 373 426 1,586 1,789 紀の川市 名手市場
 王子村西の芝〃 78 96 305 449 紀の川市 王子
 名手町〃 42 62 198 214 紀の川市 名手市場
伊都郡 1,319 1,466 6,721 6,579
 妙寺町中飯降地区 60 59 348 283 伊都郡 かつらぎ町 中飯降
  東市原〃 42 44 245 212 伊都郡 かつらぎ町 丁ノ町
 見好村平沼田〃 21 32 108 134 伊都郡 かつらぎ町 平沼田
 笠田町佐野〃 262 136 1,308 658 伊都郡 かつらぎ町 佐野
  東〃 85 149 498 680 伊都郡 かつらぎ町 笠田東
 大谷村西大谷〃 39 40 223 233 伊都郡 かつらぎ町 大谷
 橋本町原田〃 165 185 768 837 橋本市 原田
 岸上村〃 284 338 1,593 1,497 橋本市 岸上
 応其村名古曽宮下〃 93 127 476 563 橋本市 高野口町名古曽
  伏原(端場)〃 203 274 862 1,086 橋本市 高野口町伏原
 高野口町地区 21 8 75 34 伊都郡 高野町
 山田村神野々〃 44 74 217 362 橋本市 神野々
有田郡 776 957 3,921 4,584
 湯浅町北栄地区 148 254 758 1270 有田郡 湯浅町 湯浅
 箕島町北湊〃 85 107 442 470 有田市 箕島
 田殿町長田〃 34 30 187 168 有田郡 有田川町 長田
 広町広東〃 255 271 1275 1312 有田郡 広川町 広
 田栖川村横田〃 18 28 115 134 有田郡 湯浅町 栖原
 宮原町須谷元河原〃 20 33 112 158 有田市 宮原町須谷 字元河原
 藤波村小島熊井天満〃 23 23 127 140 有田郡 有田川町 小島、熊井、天満
 御霊村庄〃 145 159 673 704 有田郡 有田川町 庄
  庶民住宅〃 18 82
  椎の木〃 30 52 150 228 有田郡 有田川町 大字徳田 字椎ノ木 奥徳田公民館(和歌山県有田郡有田川町大字徳田1482-3)の南方に該当。徳田1576-1付近。
日高郡 1,566 2,147 8,938 9,884
 御坊町薗地区 448 712 3,071 2,984 御坊市 薗
  島〃 174 199 927 976 御坊市 島
 湯川村財部〃 112 120 530 553 御坊市 湯川町財部
  西富安〃 150 249 680 1,183 御坊市 湯川町富安
  西小松原〃 17 21 90 107 御坊市 湯川町小松原
 切目村上道〃 93 143 576 685 日高郡 印南町 西ノ地
 内原村萩原〃 31 28 160 149 日高郡 日高町 萩原
  高家〃 27 27 170 140 日高郡 日高町 高家
 由良町里、門前〃 132 159 625 771 日高郡 由良町 里、門前
 志賀村谷口〃 84 104 500 520 日高郡 日高町 志賀
 野口村北野口〃 47 60 284 287 御坊市 野口
 藤田村下吉田〃 59 72 305 375 御坊市 藤田町吉田
 稲原村切山〃 56 72 300 350 日高郡 印南町 南谷
 川上村熊野川〃 4 29 日高郡 日高川町 熊野川
 南部町柴崎〃 120 172 630 754 日高郡 みなべ町 芝
 上山路村栃谷〃 12 9 61 50 田辺市 龍神村東
西牟婁郡 436 667 2,244 3,119
 二川村皆野川地区 18 17 108 72 田辺市 中辺路町大川
 朝来村大谷〃 136 224 608 1,036 西牟婁郡 上富田町 朝来
 東富田村平間〃 54 68 324 298 西牟婁郡 白浜町 十九渕
 日置町安宅、浜田〃 83 159 456 726 西牟婁郡 白浜町 安宅 和歌山県西牟婁郡白浜町日置266番地に「浜田教育集会所」あり。
 周参見町石橋〃 42 44 200 219 西牟婁郡 すさみ町 周参見 石橋
  神田〃 21 25 96 129 西牟婁郡 すさみ町 周参見 神田
 三舞村丹橋〃 24 35 109 185 西牟婁郡 白浜町 田野井
 川添村上谷〃 6 2 25 14 西牟婁郡 白浜町 市鹿野
 和深村前地〃 52 81 318 392 東牟婁郡 串本町 和深
 南白浜開拓団 12 48 旧南紀白浜空港付近。敗戦後に縮小した日本列島へ外地より帰国する国民の食物と仕事作りのため、国策として全国で入植が進められた開拓団の一つ。白浜町には3つの開拓団があった。
東牟婁郡 254 256 1,431 1,195
 西向町住吉地区 137 164 836 791 東牟婁郡 串本町 西向
 那智町天満須崎〃 75 62 375 270 東牟婁郡 那智勝浦町 天満 須崎
 本宮村苔〃 42 30 220 134 田辺市 本宮町本宮
総計 9,759 11,304 48,676 50,937

施設等

隣保館

  • 芦原文化会館 - 和歌山市雄松町1-61
  • 杭の瀬文化会館 - 和歌山市杭ノ瀬76-7
  • 善明寺文化会館 - 和歌山市善明寺361-3
  • 平井文化会館 - 和歌山市平井72-1
  • 本渡文化会館 - 和歌山市本渡393-5
  • 岩橋文化会館 - 和歌山市岩橋1330-8
  • 木ノ本文化会館 - 和歌山市木ノ本728-2
  • 鳴神文化会館 - 和歌山市鳴神967-3
  • 大垣内文化会館 - 和歌山市大垣内783-5
  • 弘西文化会館 - 和歌山市弘西858-4
  • 口須佐文化会館 - 和歌山市吉礼260-1
  • 栄谷文化会館 - 和歌山市栄谷487
  • 海南市沖野々隣保館 - 海南市沖野々443-5
  • 海南市野上中隣保館 - 海南市野上中167-5
  • 橋本市原田文化センター - 橋本市原田81-5
  • 橋本市神野々福祉館 - 橋本市神野々368-2
  • 橋本市野福祉館 - 橋本市野524-5
  • 橋本市岸上文化センター - 橋本市岸上203
  • 橋本市伏原文化センター - 橋本市高野口町伏原1075-3
  • 橋本市名古曽文化センター - 橋本市高野口町名古曽1171-3
  • 砂浜会館 - 有田市初島町浜1769-1
  • 北原会館 - 有田市初島町里1207-11
  • 須谷会館 - 有田市宮原町須谷296-1
  • 紀の川市古和田会館 - 紀の川市古和田626
  • 紀の川市井阪文化会館 - 紀の川市西井阪169
  • 王子福祉会館 - 紀の川市藤崎378-4
  • 那賀福祉会館 - 紀の川市名手市場1456
  • 桃山町隣保館 - 紀の川市桃山町調月384
  • 新宮市浮島隣保館 - 新宮市浮島1-10
  • 新宮市松山隣保館 - 新宮市新宮4643-136
  • 新宮市橋本隣保館 - 新宮市橋本1-8-28
  • 新宮市下田隣保館 - 新宮市新宮4514-5
  • 新宮市春日隣保館 - 新宮市春日6-5
  • 新宮市井の沢隣保館 - 新宮市井の沢5-24
  • 新宮市野田隣保館 - 新宮市野田5-33
  • 芳養児童センター - 田辺市芳養町1725-28
  • 田辺市本宮町民センター - 田辺市本宮町本宮1048-58
  • 田辺市立西部センター - 田辺市天神崎11-19
  • 田辺市立南部センター - 田辺市末広町11-3
  • 島会館 - 御坊市島486-1
  • 藤田会館 - 御坊市藤田町吉田288-1
  • 薗会館 - 御坊市島358-1
  • 財部会館 - 御坊市湯川町財部485
  • 野口会館 - 御坊市野口1339
  • 湯川文化会館 - 御坊市湯川町富安1913-7
  • 由良文化センター - 由良町里1126-2
  • 広文化会館 - 広川町広167
  • 日高町文化会館 - 日高町志賀564
  • 宮西文化会館 - 湯浅町湯浅1696-1
  • 野下・出水文化会館 - 湯浅町湯浅2123-7
  • 湯浅隣保館 - 湯浅町湯浅2718-1
  • 横田文化会館 - 湯浅町栖原6
  • 庄文化センター - 有田川町庄793
  • 長田文化センター - 有田川町長田245-1
  • 徳田文化センター - 有田川町徳田1466
  • 佐野住民会館 - かつらぎ町佐野550-1
  • 平沼田中央会館 - かつらぎ町東渋田667-1
  • 大谷会館 - かつらぎ町大谷868-1
  • 中飯降住民会館 - かつらぎ町中飯降1448-1
  • 丁ノ町会館 - かつらぎ町丁ノ町459-1
  • 笠田東町民会館 - かつらぎ町笠田東353-1
  • 切目社会教育センター - 印南町西ノ地1285
  • みずほ会館 - 印南町南谷102
  • 大谷総合センター - 上富田町朝来3992-3
  • 田野井会館 - 白浜町田野井544
  • 住民交流センター - 白浜町安宅464-1
  • しらとり総合会館 - 白浜町十九淵237
  • すさみ町住民福祉会館 - すさみ町周参見3871-3
  • すさみ町愛育文化センター - すさみ町周参見3502-6
  • 那智勝浦町町民センター - 那智勝浦町天満1497-3
  • 串本町立町民文化センター - 串本町西向450
  • 串本町立和深総合センター - 串本町和深689

関連団体

  • 部落解放同盟和歌山県連合会 - 和歌山県和歌山市中島234
  • 部落解放同盟和歌山県連合会 - 和歌山県和歌山市神前405-3
  • 部落解放同盟芦原支部 - 和歌山県和歌山市島崎町5-22
  • 部落解放同盟芦原支部 - 和歌山県和歌山市汐見町2丁目50−1
  • 部落解放同盟新宮支部 - 和歌山県新宮市新宮1126
  • 部落解放同盟湯浅支部 - 和歌山県有田郡湯浅町湯浅2713
  • 部落解放同盟広川支部 - 和歌山県有田郡広川町大字広157
  • 部落解放同盟日置支部
  • 部落解放同盟善明寺支部
  • 自由同和会和歌山県本部 - 和歌山県和歌山市六十谷86-3 和興ビル303号
  • 自由同和会和歌山県連合会 - 和歌山県和歌山市吉田91
  • 全日本同和会和歌山県連合会 - 和歌山県和歌山市美園町5丁目4-2
  • 全日本同和会和歌山県連合会紀北支部 - 和歌山県橋本市東家1-367
  • 全日本同和会田辺事務所 - 和歌山県田辺市神子浜1293
  • 和人連(和歌山) - 和歌山県西牟婁郡白浜町安宅238-1

小集落改良住宅

海南市

  • 沖野々改良住宅 - 海南市沖野々383番地1ほか
  • 木津改良住宅 - 海南市木津233番地10ほか
  • 野上中改良住宅 - 海南市野上中104番地1ほか
  • 溝ノ口改良住宅 - 海南市溝ノ口300番地2

橋本市

  • 原田住宅 - 橋本市原田183番地の2, 278番地の1, 279番地の3, 280番地の2, 281番地, 282番地の1, 283番地の2, 320番地, 412番地, 534番地の2, 妻154番地の1, 妻155番地の1
  • 名古曽住宅 - 橋本市高野口町名古曽1076番地の2、1076番地の5、1076番地の8、1076番地の9、1076番地の11、1080番地の7、1080番地の8、1080番地の9、1076番地の8、1163番地の1、1188番地、1207番地の1、1130番地、1195番地3、1158番地

白浜町

  • 浜田改良 - 白浜町日置257番地外
  • 安宅改良 - 白浜町安宅461番地の4外
  • 安宅改良 - 白浜町安宅409番地の11外
  • 安宅改良 - 白浜町安宅295番地の15外
  • 安宅改良 - 白浜町安宅496番地の2外
  • 安宅改良 - 白浜町安宅283番地の3外
  • 田野井改良 - 白浜町田野井1番地の16
  • 田野井改良 - 白浜町田野井1番地の11

湯浅町

  • 西の谷2団地 - 湯浅町大字湯浅
  • 宮西4団地 - 湯浅町大字湯浅
  • 横田(小集落)団地 - 湯浅町大字栖原
  • 野下1団地 - 湯浅町大字湯浅
  • 出水団地 - 湯浅町大字湯浅

教育集会所

  • 橋本市名古曽教育集会所 - 橋本市高野口町名古曽1212番地の1
  • 有田市立北原教育集会所 - 有田市初島町里1207番地の11
  • 有田市立須谷教育集会所 - 有田市宮原町須谷322番地の1
  • 港会館 - 有田市港町63番地の2
  • 小松原西会館 - 御坊市湯川町小松原589番地15
  • 財部東会館 - 御坊市湯川町財部1038番地10
  • 薗北会館 - 御坊市島356番地10
  • 田辺市南松原教育集会所 - 田辺市芳養松原2丁目3-12
  • 松山教育集会所 - 新宮市新宮4643番地の117
  • 春日教育集会所 - 新宮市春日6829番地の1
  • 古和田教育集会所 - 紀の川市古和田696番地
  • 東国分教育集会所 - 紀の川市東国分91番地1
  • 西井阪教育集会所 - 紀の川市西井阪169番地
  • 東大井教育集会所 - 紀の川市東大井393番地3
  • 西元町教育集会所 - 紀の川市名手市場22番地
  • 那賀教育集会所 - 紀の川市名手市場1456番地
  • 曽屋教育集会所 - 岩出市曽屋456番地の5
  • 熊井教育集会所 - 有田郡有田川町大字熊井240番地2
  • 小島教育集会所 - 有田郡有田川町大字小島423番地1
  • 長田教育集会所 - 有田郡有田川町大字長田174番地3
  • あたご教育集会所 - 有田郡有田川町大字庄116番地8
  • 湯浅町教育集会所 - 有田郡湯浅町大字湯浅1580(現存せず)
  • 宮西教育集会所 - 有田郡湯浅町大字湯浅1819番地の3
  • 方津戸教育集会所 - 有田郡湯浅町大字栖原109番地の41
  • 矢田教育集会所 - 有田郡湯浅町大字栖原286番地の10
  • 白浜町立浜田教育集会所 - 西牟婁郡白浜町日置267番地
  • はまゆう教育集会所 - 西牟婁郡上富田町朝来2305-10

人権啓発センター

  • 和歌山県人権啓発センター - 和歌山市手平2丁目1-2 和歌山ビッグ愛2F

出典

  1. 渡辺広『未解放部落の史的研究』214-215頁
  2. 渡辺広『未解放部落の史的研究』214-215頁
  3. 『未解放部落の史的研究 紀州を中心として』(渡辺広、吉川弘文館、1963)
  4. 『異界歴程』(前田速夫、晶文社、2003)
  5. 『水平運動の無名戦士』59頁
  6. 『部落問題・水平運動資料集成』第1巻、302-303頁
  7. 『部落問題・水平運動資料集成』第1巻、302頁には小森とあるが同書303頁には小林とあり、『水平運動の無名戦士』59頁でも小林となっている。
  8. 『未解放部落の史的研究 紀州を中心として』(渡辺広、吉川弘文館、1963)
  9. 『部落史用語辞典(新装版)』(小林茂、芳賀登、三浦圭一、森杉夫、脇田修編、柏書房、1990)
  10. 『解放新聞』1984年7月30日付4頁。
  11. 『未解放部落の史的研究 紀州を中心として』(渡辺広、吉川弘文館、1963)
  12. 『未解放部落の史的研究 紀州を中心として』(渡辺広、吉川弘文館、1963)
  13. 『和歌山県同和運動史 通史編』(和歌山県同和委員会編、和歌山県同和委員会、1998)
  14. 『部落問題事典』(部落解放研究所編、部落解放研究所、1986)
  15. 『戦後部落問題の研究 第4巻 資料戦後部落解放運動史』(部落問題研究所編・刊、1979)115-116頁
  16. 朝田善之助『新版 差別と闘いつづけて』201-202頁
  17. 『同和事業研究』第62輯(1941年10月)所収、杉本重利「部落に於ける口碑・伝説・記録の研究」
  18. http://ci.nii.ac.jp/naid/110004614993
  19. 中西義雄『部落の民』123-141頁
  20. 中西義雄『部落の民』129頁
  21. フルネームは伊森信男であることが中西義雄『部落の民』132頁に書かれている。
  22. 中西義雄『部落の民』129-130頁
  23. http://157.1.42.1/ncid/BA76784193
  24. http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/geo/mizuuchi/japanese/material/shingu_mizu&waka.pdf